効率よく回りたい方必見!ハウステンボスのおすすめの楽しみ方

画像出典:mizo / PIXTA

効率よく回りたい方必見!ハウステンボスのおすすめの楽しみ方

「ハウステンボス」と言えば、開業以来18年間続いた赤字から2011年に一気に黒字回復し、今では年間に288万人もの観光客が訪れる長崎の人気観光スポットに成長したとして話題になりました。ハウステンボスの敷地は広く、なんと東京ドーム33個分もの広さがあるんですよ。オランダの街並みを模したパーク内は、「光の王国」「花の王国」「音楽とショーの王国」「ゲームの王国」「健康と美の王国」の5つのゾーンに分かれていて、友達同士・カップル・ファミリーと幅広く楽しめるテーマパークとなっています。

目次

効率よく回りたい方必見!ハウステンボスのおすすめの楽しみ方

目次を閉じる

1. 豊富にあるアクセス方法!

出典: Skylight / PIXTA(ピクスタ)

ハウステンボスは長崎県佐世保市にあります。アクセス方法は船や電車、車やバスなど様々な交通手段で移動が可能です。長崎空港からは高速船やバスがおすすめ。ダイレクトにアクセスできて、約50分で到着します。また、ヘリコプターでのアクセスも可能です。料金は高めですが、ハウステンボスを上空で楽しむことができますよ。長崎空港から車で移動する場合は、約50分で到着します。

出典: りっこ / PIXTA(ピクスタ)

佐世保駅から電車を利用する場合は、佐世保線で約20分。最寄駅は「ハウステンボス駅」です。長崎市内から向かう場合は、JR長崎駅にて長崎本線・大村線の快速「シーサイドライナー」に乗車し、1時間半ほどでハウステンボス駅に到着します。他にも各交通手段と宿泊ホテルがセットになったお得なプランなどもあるので、出発前にチェックしてみてください。

2. チケットをお得にゲットしよう!

ハウステンボスにはチケットの種類が複数あります。多くの観光客が購入しているのは「1DAYパスポート」です。1DAYパスポートの料金に含まれるのは、入場料とパーク内50のアトラクション・イベント・歌劇・ミュージカル・美術館の利用料。18歳以上の大人が7000円、中高生6000円、小学生4600円、4歳から小学生未満のお子様が3500円、65歳以上のシニアが5500円となっています。

そして、パスポートは早めにオンラインで購入すると割引されるので、お得に購入するなら「早トクサービス」を利用しましょう。なお、1DAYパスポートでは利用できないアトラクションもあるため、該当のアトラクションを利用する際には別料金を支払うか、「VIPプレミアパスポート」を購入する必要があります。

他にも午後4時から入場できる「ムーンライト4パスポート」や、午後5時から入場できる「アフター5パスポート」、連日で楽しめる「2DAY・3DAYパスポート」など、目的に合わせてチケットを選びましょう。(※ 記載の内容は2019年7月現在のもので、変更となる可能性もあります。)

3. フォトジニックなスポットで撮影してみよう!

ハウステンボス内には四季折々の花が咲き、フォトジェニックなSNS映え写真を撮影できるポイントがたくさんあります。ここでは特におすすめのフォトスポットを厳選しました。

■ フラワーロード

ハウステンボスの入り口「ウェルカムエリア」から歩いてすぐのところにある「フラワーロード」は、ハウステンボスの象徴的な風景「風車と花々」の写真を撮影できます。特にチューリップが一斉に咲き誇る風景は圧巻です。

■ パレス ハウステンボス

「パレスハウステンボス」はハーバータウン内にあります。庭園や噴水、彫刻像なども配置されていて、オランダの宮殿を本格的に再現しているんですよ。とても落ち着いた雰囲気のある場所なので、のんびり散策してみるのもいいでしょう。

■ アムステルダム広場

オランダのアムステルダムの街並みを模した広場は、ハウステンボスの敷地内のちょうど中央あたりにあります。日中はもちろんのこと、夜にライトアップされた街並みもとても素敵です。

■ アンブレラストリート

「アンブレラストリート」は歩いているだけでもワクワクする人気のスポットです。カラフルな傘が綺麗に並んでいる光景は、SNS映すること間違いないし!昼間も夜も見ごたえありますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

佐世保でおすすめの記事

佐世保のアクセスランキング