事前に知っておくと便利!東京観光の名物・隅田川花火大会について

画像出典:genki / PIXTA(ピクスタ)

事前に知っておくと便利!東京観光の名物・隅田川花火大会について

「隅田川花火大会」は東京の夏の風物詩です。毎年、夏の夜空を彩る豪華な打ち上げ花火を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。隅田川花火大会の開催される7月の最終土曜日には、隅田川沿いに100万人近い観客が訪れ、国内最大2万発の花火の競演を楽しみます。テレビ中継がされるほど人気のある隅田川花火大会。今回は現地で観覧するためにも、事前に知っておきたいポイントを紹介します。

目次

[x] 閉じる

事前に知っておくと便利!東京観光の名物・隅田川花火大会について

1. 隅田川花火大会とは?

隅田川花火大会は、江戸時代に八代将軍の徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とする、日本で最も古い花火大会です。毎年8月に開催されている江戸川花火大会と共に、東京二大花火大会の一つに数えられています。2万発以上の花火が打ち上げられ、同時に花火コンクールも開催。毎年大盛況ですよ。

大きな花火大会と言うと、打ち上げ場所は広い川沿いで、観覧するのは周りを遮るもののない土手という場合が多いですが、隅田川花火大会は大都会・東京の真ん中で花火が打ち上げられます。東京スカイツリーや都会の高層ビル群と共に観る花火には非日常感を感じられますよ。

2. 打ち上げ場所は2カ所

出典: Hiroto / PIXTA(ピクスタ)

隅田川花火大会の打ち上げ場所は2ヶ所あって、隅田川近くの第1会場では花火コンクール玉を含む約9500発が打ち上げられます。第1会場の最寄り駅は浅草駅・押上駅・曳舟駅です。桜橋から言問橋(ことといばし)間で打ち上げられ、会場までは徒歩で15分ほどかかります。第1会場の魅力は、周辺にスカイツリーや浅草寺などの観光名所が近いことです。花火観賞と併せて浅草観光も楽しめます。

浅草駅と蔵前駅の間にある第2会場では、スターマインなど約1万5千発の花火が打ち上げられます。打ち上げ場所は駒形橋から厩橋(うまやばし)間。第2会場は第1会場に比べて、人出が少ないのが魅力です。人ごみが苦手な方は、第2会場でゆっくりと花火を観賞してはいかがでしょうか。

3. 軒を重ねる露店も楽しみのひとつ

出典: もち / PIXTA(ピクスタ)

花火大会の楽しみの一つに、屋台グルメがあります。屋台が多く出ているのは第1会場周辺。花火大会当日の15時から21時頃まで、たくさんの屋台がズラリと並んでいます。歩いているだけでワクワクしますよ。出店場所は大きく分けると、公園などの施設周辺と駅周辺。公園施設では吾妻橋周辺・両国国技館・隅田公園・浅草寺・汐入公園、駅では蔵前駅・両国駅・曳舟駅・押上駅の周辺に固まって出店されています。

食べ物の屋台が多く出ているのは隅田公園ですが、公園内の植木で花火が見えづらかったりするため、観覧場所は他の場所を確保してください。人気観光スポット・浅草寺は、花火大会の日は毎年大変な混雑ぶりなので、訪れる際には心の準備をして行きましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

浅草でおすすめの記事

浅草のアクセスランキング