学ぶだけじゃない!アジアを感じる九州国立博物館のおすすめ情報

画像出典:撮るねっと / PIXTA(ピクスタ)

学ぶだけじゃない!アジアを感じる九州国立博物館のおすすめ情報

「九州国立博物館」は福岡県太宰府市にある、2005年に開館した国内4つ目の国立博物館です。「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」をコンセプトに掲げ、展示を行っています。この記事では歴史を学ぶだけではなく、アジア文化を感じる九州国立博物館のおすすめ情報を紹介します。

目次

学ぶだけじゃない!アジアを感じる九州国立博物館のおすすめ情報

目次を閉じる

1.文化交流展示

九州国立博物館では一般的に常設展示と言われるような、常時文化財を鑑賞できる文化交流展示という展示スペースがあります。日本の歴史や九州の地域史ではなく、アジアとの文化交流史を展示しようとしているため、独自の呼称を使用しているそうです。

九州、福岡県は他の大陸に近いことから、人・モノ・情報が行き交う交通路、中継基地としての役割を担ってきました。この展示スペースは、国宝や重要文化財を含む展示品の見学が可能。旧石器時代から室町時代までを時代別で5大テーマに分け、基本展示室と11の関連展示室で常に展示替えをしながら、常時展示を行っています。何度来館しても新鮮な文化交流史を体験できるでしょう。

2.あじっぱ

九州国立博物館内にある人気スポット「あじっぱ」。様々な国を五感で体験できる、入場無料の体験型展示施設です。「学ぶ」ではない体験型の展示となっているため、日本と大陸の歴史を知らないお子さまでも楽しめるので、親子で多様な文化や歴史を体験できます。

あじっぱの入口に入ると、そこは異空間。日本の歴史の中で交流のあったアジアの国々の屋台が並び、各国の伝統的な衣装や生活用品、おもちゃなどが展示されています。ワークショップを自由に選べるので、時間を忘れて遊べるでしょう。衣装や音楽など、言葉で表現しきれないアジアの雰囲気をあじっぱで体験してみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の太宰府行き格安航空券

太宰府でおすすめの記事

太宰府のアクセスランキング