カラカスの観光スポット16選!世界遺産の大学で建築とアートを楽しもう

画像出典:es.wikipedia.org

南米ベネズエラの首都カラカスは、ベネズエラ北部に位置する大都会。首都地区のリベルタドル市と、カラカス大都市地区であるチャカオ市・スクレ市・バルタ市・エルアティジョ市を総称してカラカスと呼んでいます。カリブ海から山脈を越えた海抜1000mほどの盆地にあり、過ごしやすい気候が特徴のカラカスですが、現在は治安が非常に悪く旅行先には適していません。この記事では旧市街から新市街を中心に、日帰りでも行ける美しいリゾートをご紹介します。カラカスには魅力的な観光スポットがありますが、決して無理をせず、外務省の海外渡航情報を参考に旅行の時期や観光コースなどを検討するようにしてください。

[x] 閉じる

カラカスの観光スポット16選!世界遺産の大学で建築とアートを楽しもう:目次

【渡航危険レベル2】不要不急の渡航は止めてください!

出典: en.wikipedia.org

ベネズエラは世界で最も治安の悪い国の1つであり、犯罪発生件数が年々増加しています。殺人や誘拐など凶悪犯罪の増加が目立つことから、渡航危険レベル2が継続中。不要不急の渡航は止めるよう外務省から指示が出ています。シモン・ボリバル国際空港でも発砲事件があり、空港からカラカスへの移動にも注意が必要な状況です。

1.ベネズエラ中央大学(世界遺産:カラカスの大学都市)

出典: es.wikipedia.org

カラカスには世界遺産の大学があるんですよ!近代建築・ビジュアルアート・都市計画の傑作として、ベネズエラ中央大学は「カラカスの大学都市」という名称で世界文化遺産に登録されています。

この都市計画は、建築家カルロス・ラウール・ビリャヌエバ・アストゥール氏が設計した開発プロジェクト。キャンパス内にある約80の建物が、モダニズム建築の顕著な例として世界遺産に指定されています。さらに建物の壁や時計台、モニュメントなど100を超えるアート作品も世界遺産!アートと建物が調和した魅力あるキャンパスです。

出典: es.wikipedia.org

コンクリート建築でありながら、曲線やスロープで優しさをデザインした講堂。その天井にはアメリカの彫刻家アレキサンダー・カルダー氏の代表作『雲』が、アートと優れた音響効果を実現しています。ベネズエラで最も歴史があるこの公立大学は、世界遺産の建築物と点在するアートを楽しめる観光スポットととしておすすめです。

2.ロス・ロケス諸島

出典: en.wikipedia.org

「ロス・ロケス諸島」はカラカスの北、カリブ海に浮かぶ大小350以上からなる美しい島々。真っ白なビーチとラグーンが広がる美しい海でスキューバダイビング、シュノーケリング、ウィンドサーフィンなどマリン・アクティビティを満喫してみませんか?バラクーダなど大物も釣れるとフィッシングも好評です。

シモン・ボリバル国際空港からアルバトロス・エアラインズが定期便を運航しており、エル・グラン・ロケ島のロス・ロケス空港まで1時間もかかりません。チャーター便やツアーでカラカスから日帰り観光ができるほか、ホテルでのんびりとバケーションを楽しむ観光客が多いリゾートアイランドです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

カラカスでおすすめの記事

カラカスのアクセスランキング