メキシコで急成長している町レイノサでおすすめの観光スポット

画像出典:REYNOSA2010

レイノサは、メキシコ北東部に位置するタマウリパス州にある都市です。医療器具や自動車部品の工場などが次々へと建設されて工業都市として発達したことから、1990年にはおよそ30万人だった人口は年々増加しており、現在では70万人と倍以上にもなりました。そんなレイノサは、メキシコで急成長している都市トップ5にも選出されるなど、注目を集めている都市でもあります。市内にはいくつか観光スポットもあるので、今回はその中でも人気のスポットを厳選してご紹介します。

[x] 閉じる

メキシコで急成長している町レイノサでおすすめの観光スポット:目次

1. クルトゥラル・レイノサ公園

出典:zh.wikipedia.org

クルトゥラル・レイノサ公園は、40ヘクタールの広大な市立公園で、敷地にはレイノサのランドマークともいえる建物の芸術文化センターがあります。カラフルな外観が特徴的なこの芸術文化センターは、2010年にオープンしました。現在はタマウリパス州で最も重要な芸術文化の中心地となっており、コンサートや演劇を楽しめる広々とした大きいホールが2つあり、そのほか絵画や写真、映画などを鑑賞できる展示室などがあります。

2. レイノサ歴史博物館

大きな石灰岩を用いた伝統的な方法で建てられた美しい外観が特徴的なレイノサ歴史博物館は、1992年にオープンしました。館内にはバリエーション豊かなコレクションが展示されており、夢中になって思わず長居してしまいそうになります。館内のコレクションには、アンティーク家具や考古学作品をはじめとし、武器や農具、写真などの芸術作品が豊富にあります。また、館内はそれほど混雑しないため、ゆったりと鑑賞することができるのでじっくりと堪能できます。

3. グアダルーペ聖母大聖堂

グアダルーペ聖母大聖堂(Parroquia De Nuestra Señora De Guadalupe)は、レイノサのダウンタウンにある大聖堂です。1789年に建てられた大聖堂は、新古典主義建築の美しい建築物で町のシンボル的存在になっており、建築が好きな人は必見のスポットになっています。レイノサ市民が、結婚式やバプテスマなど宗教的儀式がここではたくさん行われてきており、レイノサの歴史を感じるのにもおすすめのスポットになっています。

◎まとめ

レイノサの観光スポットをご紹介しましたが、いかがでしたか。市内にはそれほど観光スポットが多いわけではないので、1日から2日あれば見て回ることができます。市内には特徴的なデザインの建物が多くあり、町を散策するだけでも楽しむことができますが、人通りが少ない場所や夜一人で出かけるなどはなるべく避けましょう。ぜひ、レイノサを訪れる際は今回ご紹介したスポットを参考にプランを立ててみてくださいね!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

レイノサでおすすめの記事

    レイノサの記事はまだありません。

レイノサのアクセスランキング