関門海峡、城下町、工業地帯!山口県の夜景はバラエティ豊か!

画像出典:takafumi99

山口県は、本州の最も西に位置し、お隣には広島県、関門海峡を渡れば九州の福岡県です。三方を海に囲まれ、工業地帯もありながら、自然も多く、海外からの観光客も多く訪れる観光業も盛んな県です。海の幸、山の幸、豊富なグルメを楽しんだ後には夜景スポットへ出かけましょう。
山口県で人気の主な夜景スポットをご紹介します。

[x] 閉じる

関門海峡、城下町、工業地帯!山口県の夜景はバラエティ豊か!:目次

1.海峡ゆめタワー

出典:grandspy

海峡ゆめタワーは、山口県下関市にある関門海峡のランドマーク。全長153メートルのタワーからは雄大な景色が広がります。外国人観光客にも人気の観光スポットで平成8年(1996年)7月にオープンしました。

海峡ゆめタワー展望台は143mの高さにあり、なんと3層からなる球状のガラス張りとなっていますので、関門海峡、巌流島、九州の山々、瀬戸内海、日本海を一望です。

この展望台からの夜景は、山口観光には外せない絶景。夜になれば関門橋がライトアップされ、日中の姿とはまた違った美しさに。ライトアップの時間は季節によって変わります。事前にチェックされるといいでしょう。是非ご家族そろって夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2.竜王山公園

竜王山は山口県山陽小野田市にある標高136mの山。その竜王山に竜王山公園というオートキャンプ場としても有名なスポットがあり、夜景を楽しめる場所としても人気があります。

そして山陽小野田市のある瀬戸内海周辺は、工業地帯であることから、夜遅くまでコンビナートや造船所などの明かりが灯ります。この美しい工場夜景は、山口観光中に見ておきたい絶景です。

竜王山公園は駐車場も広く、市内からも近いことから、週末になれば夜遅くまで多くの方が車で訪れています。駐車場から徒歩で丘を登ると、展望台もあります。そして、この展望台からも宇部市の夜景を眺められます。昼はオートキャンプ、夜は夜景が楽しめる竜王山公園。ファミリーで訪れたい場所ですね。

3.大平山

山口県防府市にある大平山は、標高が631m。防府市一の高さから最高の夜景が楽しめます。大平山の山頂へはロープウェイがあるのですが、通常は夕方で運行が終了してしまいます。期間限定で夜間の運行もありますが、夜景を堪能するなら車がおすすめ。山頂近くの駐車場まで車で行き、そこから歩いて5分ほどで山頂の展望台へ。

また山道の途中の小さめの駐車スペースからの夜景も人気があります。山頂よりもこちらからの夜景を推す声も聞かれます。せっかくなので両方楽しんでみませんか?

4.火の山公園

山口県下関市の「瀬戸内海国立公園」に含まれている「火の山公園」。ここには夜景が楽しめるポイントが5か所もあります。回転展望台、駐車場ロープウェイ乗り場屋上などで、いずれも瀬戸内海、日本海をパノラマビューで堪能できるスポット。夜になり、関門橋がライトアップされると1000万ドルの夜景と呼ばれる絶景になります。

寒い冬にはガラス張りの回転展望台がおすすめです。3階にある展望室や、レストランから1000万ドルの夜景を眺めてのお食事など、ゆっくり堪能してくださいね。

5.奥萩展望台・萩本陣旅館

山口県萩市の「奥萩展望台」は、標高172mの吾妻山 中腹の「萩本陣旅館」の敷地内にがあります。「奥萩展望台」へは萩本陣旅館の名物となっているSL型シャトルバスで行きましょう。

奥萩展望台からは萩の街を360度見渡せ、日中は日本海に浮かぶ島や長州毛利藩三十六万石の城下町などが見られます。

夜になれば萩市内の街並みに美しく灯る、明かりの夜景が堪能できます。また、展望台には足湯があり、ゆったりと足湯に浸かりながらの夜景が時間がたつのを忘れさせます。

このちょっと贅沢な夜景スポット「奥萩展望台」は一見の価値ありですね。

◎まとめ

いかがでしたでしょうか。山口県の人気夜景スポットのご紹介でした。山口県は日本海、瀬戸内海と海に囲まれ、また瀬戸内海には工業地帯もありますので山側から見下ろす明かりの灯った工業地帯の夜景が、人気となっています。また海外からの観光客も多い下関市では、関門橋のライトアップを見ることができる夜景スポットも大変人気があります。さまざまな夜景が堪能できる山口県の夜景スポット。是非訪れてみてください。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の山口行き格安航空券

山口でおすすめの記事

山口のアクセスランキング