病気やケガの備えを考えよう。ロサンゼルス市外の町にある病院を紹介

画像出典:CA-SSIS/Shutterstock

ロサンゼルスやその周辺を旅行していて、突然病気になったり、怪我をしたり、歯が痛くなったりしたら不安になりますよね?楽しいはずの旅行が台無しになってしまうかもしれません。そんなときは、病院に行って診てもらいましょう。今回はロサンゼルス市外の町にある病院を紹介します。万一に備えて、病院があることだけでも把握しておくと、いざというときに助かります。

[x] 閉じる

病気やケガの備えを考えよう。ロサンゼルス市外の町にある病院を紹介:目次

1. コロナ・リージョナル・メディカル・センター

コロナ・リージョナル・メディカル・センター は、ロサンゼルス周辺都市でも人口が多いコロナにある病院です。ERや集中治療室、輸血用の血液を確保している血液銀行もあります。地元の人がかかりつけにする病院としても知られています。小児科もありますから、子供と一緒の旅行で何かあったときも安心です。小児科は入院病棟もあり、小児科医や看護師も万全の体制で治療に取り組んでいます。日本ではまだあまり馴染みがない、足の治療を専門にしている創傷ケアセンターもあります。足のトラブルに関する専門外来などもある安心の病院です。

2. ポモナ・バレー・アウトペイシャント・パビリオン・ホスピタル

旅行先で病院に行くにしても、地元の人以外は診てもらえないとなると困ってしまいます。ポモナ・バレー・アウトペイシャント・パビリオン・ホスピタルは、外来外科専門病院だから安心です。手術の後のリハビリを行う施設などもあり、患者が利用しやすいよう利用者が多いスペースを1階に設置しているのもポイントです。外来外科専門病院となるため、手術や入院はできませんが、外来に関しては幅広く対応しています。

3. マリブ・アージェント・ケア

マリブ・アージェント・ケアは、地元の人だけでなく観光客なども対応している病院です。救急外来があるから、旅行中にケガをしたり病気になったりしたときも安心です。救急外来医がいることもあって、患者数もかなり多い病院です。

旅行中は風邪でも辛い思いをしますが、マリブ・アージェント・ケアでは風邪やインフルエンザ、咳なども診てもらえます。脱水や虫刺されなど、軽症と思っていても実は重症になることもあるので、そういうときはマリブ・アージェント・ケアへ行ってみてはいかがでしょうか?骨折やスポーツ障害なども対応しています。

4. カイザー・パーマネント・リバーサイド・メディカル・センター

カイザー・パーマネント・リバーサイド・メディカル・センターは、地元の人が利用する病院としてだけでなく、緊急外来があるから突然の病気やケガの時も安心です。診療科目も幅広く、ガンのケア、心臓ケア、糖尿病ケア、高血圧ケアなども対応しています。しかし旅行中に病院に行きたいと思っても言葉が通じないと不安ですよね。

カイザー・パーマネント・リバーサイド・メディカル・センターは140以上の言語通訳に対応しているので、英語が話せない人も安心して病院に行けます。ただし医師や看護師全員が140以上の言語に対応しているわけではないので、最低限の単語は覚えておくといいかもしれません。

5. Dr. ザック・ファミリー・デンティストリー (シミバレー)

病院というと内科や外科をイメージしますが、旅行中に突然は歯が痛くなったら内科や外科では診てもらえません。旅行中ずっと痛みに耐えるという辛い時間を過ごすことになってしまいます。そんなときは、歯科医院の場所を知っておくと安心ですね!

Dr. ザック・ファミリー・デンティストリー は、シミバレーにある歯科医院。急に歯が痛くなったときは、歯科救急もあるので安心です。優秀な歯科医を集め、一般歯科、歯科矯正、口腔外科など幅広い対応をしていて、地元では有名な歯科医院です。

◎まとめ

ロサンゼルス市外の周辺都市にある病院をいくつか紹介しました。体に持病や不安を抱えている方は、旅行先にある病院の所在をあらかじめ把握しておくと安心です。また、海外だと言葉の問題もあるので、出発前に翻訳通話アプリなども用意しておくことが大切です。

もうひとつ不安なのが治療費や診療代ですが、日本の健康保険は使えません。観光客は自費治療になるので、海外旅行保険に治療費をカバーできる補償を入れてください。旅の備えを十分して観光を楽しみましょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ロサンゼルスでおすすめの記事

ロサンゼルスのアクセスランキング