福岡でおすすめの観光スポット70選!九州最大都市を楽しむ!

出典:Phurinee

日本屈指の観光都市、福岡県。特にグルメな町として知られる博多は知名度が高い観光スポットです。でも、明太子にラーメン、モツ鍋・・・なんてついつい観光旅行の計画も「食」がメインになっていませんか?

食もいいですが、福岡には魅力的な観光地が盛りだくさんです。子供と一緒に楽しめるレジャー施設から、カップルで行きたい夜景スポット、雨の日も安心な屋内観光など、知らなきゃ損! 定番から穴場まで一挙にご紹介します。

1.マリンワールド海の中道

出典:Andrea Izzotti / PIXTA(ピクスタ)

九州最大の繁華街「天神」から電車で30分ほどでアクセスできる巨大水族館「マリンワールド海の中道」。全長3メートルのサメ、エイの仲間、シロワニそしてイワシの大群が大パノラマ水槽を泳ぐ姿は圧巻!誰もが見とれてしまうでしょう。吹き抜けの水槽やシースルーエレベータなど楽しい仕掛もたくさん。

また7月から9月にかけて開催される「夜の水族館」では、光る青い波が足元を照らしデートにも最高のスポットに。それにマリンワールド海の中道は、広大な敷地「海の中道海浜公園」の中にあり、海も間近で開放感は半端じゃない!

また公園敷地内のラグジュアリーホテル「ザ・イルガンズ」は福岡でも屈指のリゾートホテル。宿泊先としておすすめなのはもちろんのこと、バーベキューや屋外イベントだけでも楽しめるのでぜひチェックしてみてくださいね。

大人から子供、そしてカップルまで海辺の楽しみ満喫できるスポット「海の中道マリンワールド」。福岡観光で外せないスポットです。

2.住吉神社

出典:masa / PIXTA(ピクスタ)

福岡の人が結婚式をあげたい神社として人気なのがここ「住吉神社」。博多駅から徒歩10分というアクセスの良さからは想像もつかない静けさと緑の木々。8000坪を超える広大な敷地内に響く鳥のさえずり。訪れる人すべてを神聖な気持ちにさせてくれるのでしょう。

全国に2000以上存在する住吉神社の中で最も古い1800年の歴史をもち、古書には「住吉本社」と記されているほどです。お守りや御朱印は観光の思い出にもぜひ。

また敷地内にある能楽堂は歴史を兼ね備えた西日本有数の名舞台。能の他にもBEGINなど有名アーティストのライブなど様々なイベントが開かれています。敷地内の歴史的建造物を眺めながら散策するだけでも立ち寄る価値のある「住吉神社」です。

3.博多ポートタワー

出典:yyama / PIXTA(ピクスタ)

築50年を越える全高100メートルの「博多ポートタワー」は地元の人に愛され続けてきた博多港のシンボル。青い空と海を背景にタワーの赤がよく映えます。博多湾と博多の街が一望でき、夕焼けや夜景もばっちり!入場料は無料な点もうれしい。人気があるのも納得です。

さらに併設されている「ベイサイドプレス博多ふ頭」の展望レストランもおすすめ。こだわりの天然食材で、ビュッフェランチができるお店もあり、女性を中心に人気です。

それから温泉!なんとこの素敵なふ頭に地下800メートルから天然温泉が湧き出ているんです。しかも露天風呂から家族風呂、サウナと内容も充実しています。海、景色、食事、温泉と旅の醍醐味が一堂に会する「博多ポートタワー」。観光コースに入れない手はありません!

4.かしいかえん

出典:村瀬 / PIXTA(ピクスタ)

シルバニア村の動物たちと会える夢のような遊園地、かしいかえん。お子様の定番おもちゃであるシルバニアファミリーの世界を再現したシルバニアガーデンや、トーマスと一緒に散歩できるトーマス列車など、ファミリーで楽しめるアトラクションがある観光地です。

お花のトンネルを抜けると、はなぞのウサギファミリーがお出迎えなんて、小さなころに遊んでいたドールハウスの世界にいる、まさに夢のような時間です。ゆっくり散策したいお父さんお母さんは、園内に咲き誇る花々を見ながらお散歩なんていいですね。ご家族で行かれる方はマイカーを持っていない場合、福岡県の格安レンタカーを予約してファミリーカーなどを借りると良いでしょう。

観光の前に公式ホームページからクーポン券を印刷してお持ちいただくと、割安で入園できるのでチェックするしかない!

5.福岡城

出典:WAGATSUMA / PIXTA(ピクスタ)

2014年に放送されたNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に登場した、松坂桃李さん演じる黒田長政が築城した福岡城。

観光する際の主な見どころは国指定重要文化財の天守台や有形文化財の名島門など。敷地内を観光しながら、当時の波乱万丈だった戦国時代を想像してみましょう!2014年に始まった福岡城復元整備により今後ますます活気づいていく福岡城です。

それから、これまでは天守閣がなかったとされていた福岡城でしたが天守の存在説もでてきました。今後の展開から目が離せませんね!

電車でお越しの方は最寄りの大濠公園駅から徒歩8分、車でお越しの方は近くに西公園ランプの3㎞圏内に駐車場があり、不便なくアクセス可能です。福岡のどこを観光するか迷っているのなら福岡城へGO!

6.筥崎宮

出典:Jacky-kou / PIXTA(ピクスタ)

日本三大八幡のひとつ「筥崎宮(はこざきぐう)」。勝負運と厄除けのパワースポットとして有名な「筥崎宮」は、古くから足利尊氏や豊臣秀吉など名だたる武将たちが参拝を続けてきたというから驚きです。

今では福岡のプロのスポーツチームが必勝祈願に訪れることでも知られています。参道沿いの花の美しさも有名で、特に初夏のあじさい苑や冬のぼたんは必見です。

隠れ家フレンチレストラン「筥崎迎賓館」では、ランチやディナーも楽しめますから、筥崎宮参拝でご利益をいただいた後、贅沢なひとときを過ごすのにぴったりですよ。

それから筥崎宮前で開催される筥崎蚤の市も福岡観光の穴場スポット!骨董品からお野菜まで楽しみ方は色々です。ちょっと早起きして出かけましょう。

7.キャナルシティ博多

出典:manposei / PIXTA(ピクスタ)

映画館やイベント会場があるキャナルシティ博多は、JR博多駅から徒歩10分でアクセスできる好立地にあり、福岡市民から愛されている複合商業施設です。

その中でも人気は映画館。カップルや家族連れでお好きな映画を鑑賞しましょう!

その他、夏休みの子供に嬉しいワークショップ体験に、著名人のトークショーといった催しが行われます。

さらにキャナルシティ博多内には福岡ワシントンホテルが併設。商業施設にホテルの組み合わせはこれ以上ないおもてなし!また駐車場も広く最大1,300台まで収容できるので、車でお越しの方でも安心ですよ。

8.崇福寺

出典:SUI / PIXTA(ピクスタ)

福岡観光で黒田官兵衛ゆかりの地を訪ねませんか?博多駅からバスで約10分、黒田官兵衛(のちの如水)・長政親子をはじめ、黒田家代々のお墓が建つお寺「崇福寺」。博多の豪商や、政治家のお墓も多数あるのですが、黒田家のお墓だけは、藤水門(とうすいもん)で仕切られた特別の場所にあります。

広々とした敷地に、堂々と建つ墓石の大きさは圧巻で、大河ドラマ『軍師官兵衛』で見た剛健さが伝わってくるようです。御朱印と一緒に晩年の如水が描かれた絵はがきもいただいて帰れば、すてきな福岡の思い出に。

それから崇福寺の表門「山門(さんもん)」は福岡城の表御門が移築されたものでとても趣のあるものです。その迫力ある姿もしっかり目に焼き付けてくださいね。

9.アサヒビール 博多工場

参加費無料で出来立てのビールが飲める、そんな夢のようなサービスを提供しているのが、アサヒビール博多工場の工場見学です。

見学内容は映写室にてアサヒビールの取り組みから始まり、ろ過工程作業と瓶詰・缶詰作業見学の順で行っていきます。また実際にビールの原料である麦芽に触れることもできます。普段何気なく飲んでいるビールですが、手間暇かけて作られたことを思うと一口一口を噛みしめて飲むようになるのでは。

見学を終えたらお待ちかねのアサヒビール試飲!歴代工場長が試行錯誤して完成させた、のど越し抜群・出来立てのビールを頂こう!

10.板付遺跡弥生のムラ

出典:Tony / PIXTA(ピクスタ)

福岡には、日本で最初に稲作を始めたとされる場所があることを知っていますか?福岡市博多区で発見された「板付遺跡弥生のムラ」は、我々の遠い祖先たちが、田んぼやお墓や集落をつくって生活していたことを教えてくれる重要な史跡。当時の水田や竪穴式住居や貯蔵穴がリアルに復元されています。

実際に竪穴式住居の中にも入れますしれ、実際にこうやって生活していたんだな・・・と、ちょっとしたタイムスリップを味わえる異空間をぜひ訪ねてみて下さいね。

また併設されている体験型の施設「板付遺跡弥生館」では、発掘された遺跡の実物が展示されているだけでなく、当時の農耕道具のレプリカを使ってみることもできますよ。時期によって開催される「弥生時代の生活を体験」するイベントは歴史好きでなくとも心惹かれます。

11.志賀島

出典:コウナイスショット / PIXTA(ピクスタ)

歴史の教科書で「金印」を見たことある人は多いのではないでしょうか。

博多湾に浮かぶ志賀島は、江戸時代に漢委奴国王印(金印)が出土した土地して全国に名が広がりました。志賀島は金印公園やハイキングコース、釣りなど観光を満喫できる島です。島内には食堂があり、海の幸を贅沢に使った海鮮料理を堪能できます!

そして島内にある観光施設の休暇村では温泉宿に宿泊もできるので、のんびりくつろぐのもいい。お土産に金印グッズを買っていけば喜ばれること間違いなし!歴史を学びたい、釣りをしたいと感じたら志賀島観光をお勧めします!

12.大濠公園

出典:Jacky-kou / PIXTA(ピクスタ)

福岡市民の憩いの場として、多くの声が挙がるのは「大濠公園(おおほりこうえん)」でしょう。大都会・福岡市の中心部にこんなに広い池があるのは、元は福岡城のお堀跡だから。池の面積は21万平方メートルと、全国的に見ても屈指の広さ。池を1周するとちょうど2キロメートル。この池を囲むように日本庭園や美術館、能楽堂などがあり見どころも満載です。

公園散策の後に一息つきたいときはぜひスターバックス大濠公園店へ。公園の景観にマッチした造りと開放感あふれるオシャレな店内は一見の価値あり。

そして毎年福岡市民が待つ夏の楽しみが大濠公園花火大会。360度どこから見ても美しい花火が綺麗です!

13.中洲屋台街

出典:photosister / PIXTA(ピクスタ)

福岡観光で外せないのが中州屋台街での食べ歩き!日本には数少ない屋台街は、範囲が広いですが、屋台街は福岡市営地下鉄の中洲川端駅からすぐなので迷うことはないでしょう。

屋台メニューはとにかく豊富!ラーメンにおでん、焼き鳥やもつ鍋など郷土料理からお酒のつまみまで勢ぞろい。

また開放的な雰囲気で屋台のおじさんや偶然隣同士になったお客さんとも気軽におしゃべりできる環境なので、一人でも気軽に立ち寄れます!少しでも時間が空いたらぶらりと立ち寄ってみてくださいね。

14.油山片江展望台

出典:yyama / PIXTA(ピクスタ)

福岡市内を一望できる標高597メートルの油山(あぶらやま)は、森林浴やハイキングの楽しめる福岡市民の憩いの森。それでいて繁華街「天神」から車で15分と言う良好のアクセス。油山から一望する、福岡の街の眺めは素晴らしい!福岡タワーや福岡ドームを望むその先に、海が広がる最高の景色です。

油山に数か所ある展望台の中でも、この「油山片江展望台」は24時間立ち入り可能で、特に人気。鳥のさえずりを聞く日中の風景も素敵で、夜景の美しさはまた格別。展望台には外灯もあえて用意されていないので余計な光が入りません。宝石箱をひっくり返したように、きらきら輝く福岡の夜景を観光の思い出に添えましょう。

15.玉せせり

九州三大祭の一つ、玉せせり。室町時代から続くとされる伝統ある祭典は、毎年1月3日に筥崎宮にて催されます。

ふんどし姿の騎馬を組んだ男たちが、神秘の力を秘めた2つの木玉を奪い合います。「オイサーオイサー」とかけ声が響き、体をぶつけ合いながらの激しい争奪戦は、目を疑う光日本にこれほどまでの篤いお祭りがあるのかと思ってしまうほど。

お祭りを見た後は必勝祈願のご利益と厄除けが受けられる筥崎宮でお参りしましょう。

16.平尾山荘

出典:soa21 / PIXTA(ピクスタ)

森の中にひっそりと佇むかやぶき屋根の家、どこか懐かしさを感じます。

西鉄バスに乗り、山荘通りのバス停から徒歩5分の観光地、平尾山荘。幕末期の歌人「野村望東尼(ぼうとうに)」により建てられました。平尾山荘は明治に再建され、現在は市の指定記念物に登録されてます。

山荘の周辺の公園は遊歩道が整備されおり、春には100本の梅の花を見ながらウォーキングなんていいですね。また敷地内には資料館があり、野村望東尼について学べますよ!歴史学習として観光してみてください。

17.福岡市動植物園

出典:commons.wikimedia.org

福岡市動植物園は対馬にしか生息していない「ツシマヤマネコ」を見ることのできる全国でも珍しい動植物園です。他にも世界各地の動物140種類と、併設する植物園には2,600種類の植物が育てられており観光するには見応え抜群。

また夏場限定、夜の動物園ではライオン、ヒョウなど夜行性動物達の活発な行動に、植物園では夜にしか咲かない花を見られるなど、福岡屈指の観光名所です。

そして国の絶滅危惧種にも指定されているツシマヤマネコは、絶滅させてはいけないと保護活動が行われている貴重なヤマネコ!野生ではほとんど見ることのできないツシマヤマネコを見に、観光してみませんか?

18.はかた伝統工芸館

出典:Norio NAKAYAMA

あの関ジャニ∞メンバーの渋谷すばるさんも訪れた「はかた伝統工芸館」。福岡の伝統工芸品である博多織や博多人形を展示・紹介している観光地です。

紫・青・赤・黄・紺の5色からなる色鮮やかな博多織は、中国から受け継がれた秘伝の織物として幕府に重宝されてきました。

博多人形は素焼きで作られており、様々な表情をもった人形が館内に並んでいます。一番人気ある博多人形は「福の神」。福を授ける神として、たくさんの人が訪れます。また定期的に博多織体験や博多人形作りのイベントを実施してますよ。

19.福岡タワー

出典:orpheus26

福岡でデートを考えてるカップル必見!高さ234メートルの海浜タワーとしては日本一高いとされる福岡タワー。

なんといっても福岡タワーは恋人の聖地として正式に認められた観光地です。地上123メートルの展望台からは360度の大パノラマが広がります。昼は自然と街が折り合った福岡市内、夕方は博多湾に沈む夕陽、夜にはロマンチックな夜景、どの時間に訪れても外れのない絶景を堪能できます。

大パノラマを楽しんだ後は、一面ガラス張りのスカイラウンジにてお食事タイム。全てのテーブル席からスカイビューをひとり占め、カップル専用席もあります。ご友人や大切な人との甘美なひと時を。

20.能古島

出典:フォトクリエイト / PIXTA(ピクスタ)

能古渡船場からフェリーで10分の能古島(のこのしま)。能古島は福岡市民の憩いの場として親しまれています。もちろん遠方からの観光客も楽しめる島です。

そんな能古島での楽しみ方は、海島公園「のこのしまアイランド」でのお花鑑賞。島一帯が自然公園となっており、春は菜の花、夏はヒマワリ、秋はコスモス、冬には椿と1年を通して季節限定の花が咲き誇り観光におすすめ。

中でも夏の一面のヒマワリ畑は絵に描いたような景色。壮大なヒマワリ畑を目当てに訪れる観光客も大勢います。ヒマワリを背景に写真を撮るのも良し、ヒマワリの花を摘み取って自宅の玄関に飾るのも良し!

21.博多祇園山笠

出典:ja.wikipedia.org

博多の祭りと言えば博多祇園山笠。毎年7月の2週間、博多の街は祭りムード一色に染まります。中でも博多っ子が最高に盛り上がるのが、祭りのクライマックス「追い山(追い山笠)」のとき。この日の明け方、櫛田神社の周りは、活気で包まれます。

はっぴと、ふんどし姿の男たちが、山笠をかつぎ、「追い山」の瞬間を待つときの真剣なまなざしは必見。そして朝4時59分。大太鼓の合図と同時に、すさまじい勢いで櫛田神社へ走りだすときの迫力。観衆と共に唄う「祝いめでた(博多祝い唄)」を聞くときの感動。鳥肌の立つ思いです!この緊張感は一度は体験しておきたいもの。

博多観光に外せない祭りが博多祇園山笠です。旅行前には祭りの日程も確認しましょう。

22.ロボスクエア

出典:mrdavisdc/Flicker

ロボットの街である福岡を象徴する観光施設ロボスクエア。お留守番機能搭載の賢い留守番犬「AIBO」や、人と一緒に遊んで暮らせる二足歩行のロボット「PINO」が展示されてます。

スターウォーズを見たことある人はR2-D2やC-3POを思い浮かべて下さい。人間の言葉が理解できコミュニケーションがとれる、そんなロボット達と会うことができますよ。

またロボット制作に興味がある小中学生は、工作イベントにてミニ四駆を試作&走行ができます。夏休みの工作にもオススメですね!

ちなみにロボスクエアは入場料無料、評判も良し!一足早く未来のロボットを見れるなんて興奮間違いなしの観光スポットです!

23.マリノアシティ福岡

出典:yyama / PIXTA(ピクスタ)

九州最大級のアウトレットモールであるマリノアシティ福岡では40店舗以上のショップが展開。さらに観覧車もあるのでカップルや子供連れでも楽しめますよ。

マリノアシティまでは姪浜駅から100円の昭和バスに乗り15分でアクセス可能。姪浜駅は福岡空港から地下鉄1本で行けます!

様々なジャンルのレストランから甘いスイーツ店まで、女の子が喜ぶお店も豊富。またマリノアシティで一定額以上の買い物をした人限定、沖縄ペア旅行が当たるキャンペーンが開催されるなどカップルに嬉しいサービスも実施されます。

ブランド店舗でお買い物、レストランでディナー、そして最後は観覧車で二人きりの空間。そんなロマンチックなデートをマリノアシティ福岡で考えてみませんか。

24.香椎宮

出典:commons.wikimedia.org

福岡のパワースポット、香椎宮(かしいぐう)。飲むと長生きできる不老水が湧くことで知られます。他にも日本で香椎宮にしか用いられてない構造手法「香椎造」が見られるなど、福岡を代表する観光地として多くの参拝客が訪れます。

そもそもなぜ不老水と呼ばれるようになったのか。それは『日本書紀』に登場する武内宿禰(たけのうちのすくね)が不老水を飲み300歳生きたという伝説が残されたことがきっかけ。そのため今でもこの不老水を飲むことで長生きできると評判を呼んでいます。

お腹が空いたときは、香椎宮の参道にあるお蕎麦屋さん「不老庵」で十割そばに舌鼓。ランチ営業しているので参拝帰りに寄ってみてくださいね!

25.櫛田神社

出典:ja.wikipedia.org

博多っ子たちから「お櫛田さん(おくしださん)」と、親しみをこめて呼ばれる福岡の街の総鎮守。福岡を代表するお祭り「博多祇園山笠」が奉納される神社で、観光地としても有名です。757年が起源とされる、その歴史の古さにも驚かされます。もちろんこれは博多の総氏神様として一番古いものです。そう聞いただけでもありがたみが増すのですが、さらに縁結びと不老長寿にご利益があるとされています。

なお博多駅から徒歩でも15分と交通の便もばっちりです。福岡観光では櫛田神社をコースに入れてお守りや御朱印をいただいて帰りましょう。

26.板付遺跡弥生館

出典:commons.wikimedia.org

縄文時代へとタイムスリップできる板付遺跡は、博多区の国指定史跡に登録されている観光名所です。史跡内は縄文時代後期から弥生時代の墓地に、水田跡や復元された竪穴式住居を自由に見学できます。

縄文時代は稲作が日本で最初に始まった時代であることから、水田跡や出土した土器から稲作の貴重なデータが得られました。

弥生遺跡弥生館では板付遺跡の紹介を含め、縄文・弥生文化の人々の暮らしを再現した様子や出土品が展示されており、課外学習には最適です。入場料は無料、駐車場付きですので気軽に足を運んでみましょう!

27.海の中道海浜公園

出典:Tzuhsun Hsu

カップルでも子供連れでも福岡観光のコースに入れてほしいのが「海の中道海浜公園」。博多の街から30分程度で、開放感あふれる公園にたどり着けてしまいます!博多湾沿いに広がる広大な国営公園の敷地は東京ドームならなんと62個分、そしてまだまだ広がる予定だとか。

敷地内には遊園地やアスレチック、バーベキューのできるキャンプ場もあります。他にも西日本一の規模を誇るサンシャインプールサやサイクリングコース、そして屋外劇場に至るまで、楽しい施設が充実。
また園内には、緑や草花があふれていて、桜、ネモフィラ、ひまわり、コスモスが季節ごとに咲き誇ります。青い空と青い海をながめながら、爽やかな海の風に吹かれて1日中楽しんでください。イベントのチェックもお忘れなく。

28.天神地下街

出典:Li chia ~ Love taking pictures GO! GO! ~/Flickr

19世紀ヨーロッパの街並みが地下に広がる天神地下街。ファッション、雑貨、カフェが立ち並ぶ地下のショッピング街となってます。

特徴は全長1㎞にも及ぶ煉瓦通りと石畳通りの2つの通りです。近代ヨーロッパの世界観が漂い、歩いているだけで観光している気分になります。

ショップの数も充実!サマンサタバサに銀座ヨシノヤ、チーズタルトが美味しいベイクなど、女性に嬉しいショップが勢ぞろいです。

営業時間はファッション・雑貨のお店は20時、飲食・カフェは22~23時まで営業しているところがほとんど。雨の日や暑い日差しが照り付ける時は天神地下街の観光がもってこいです。

29.小倉城

出典:ja.wikipedia.org

築城の名手細川忠興(ほそかわただおき)が築いた小倉城は、福岡県・小倉エリアの観光スポット。「唐造(からづくり)」なる天守は、築城当時は全国で唯一の貴重なものでした。城マニアにも人気のお城です。また桜の美しさは格別でおすすめ!

隣接する小倉城庭園も、江戸の優雅さを伝える名所。お抹茶を飲みながらお武家様が過ごした贅沢なひとときに想いをはせるのもいいですね。

小倉の繁華街から近い小倉城の周りには、おいしいお店もめじろ押し。自転車をレンタルして小倉城周辺を散策すれば、歴史からグルメまで有意義な時間が過ごせるでしょう。

30.河内藤園

出典:Biscut

紫のトンネルと紅の絨毯、季節によって2つの顔をのぞかせる観光地「河内藤園」をご存知ですか?

昭和52年に開園した河内藤園は5月に藤の花、11月には紅葉した木々が園内を色鮮やかに染めてくれます!藤の花の見ごろは5月初旬、紫をはじめ白や黄色といった花が咲き誇ります。また紅葉の見ごろは11月下旬、モミジ並木が燃えるような赤い景色を見せてくれます。

注意していただきたいのが入園料金。見頃時期によって金額が上下するので、公式ホームページから最新情報を常にチェックしておきましょう。

ほんの数日間しか見られない満開な藤の花に真っ赤な紅葉、恋人・家族のみんなで感じてみてください!

31.到津の森公園

出典:写真屋@吉田 / PIXTA(ピクスタ)

小倉の繁華街から車で15分程度で、アクセスの良さも人気の「到津(いとうづ)の森公園」。広い敷地の中では100種類500匹の動物たちと会えるほか、遊園地や、アスレチックも併設されていて、子供連れやカップルにもおすすめの観光スポット。

ヤギやアライグマに餌を直接あげたり、ロバに乗る体験ができるのも好評です。こどもの日には、小学生以下のお子さんは入場無料になるのもうれしいですね。

園内にはレストランもありますし、芝生広場でお弁当を広げるのも楽しいですよ。花火や夜の動物園見学といったイベントも開催されているのでチェックしてみてください。

32.千仏鍾乳洞

出典:commons.wikimedia.org

洞窟探検しながら水遊び、大人の皆さんは子供心を取り戻してみませんか?石灰岩でできたカルスト台地の地下に長く続く「千仏鍾乳洞」は気温16度、水温14度と年間を通して変動がないため、夏の観光客が多いです。

洞窟探検ではサンダルに履き替え、水の中を進みます。1㎞先まで照明が足元を照らしてくれます。その照明が途切れるところがゴール地点。その先にも道はありますが、とっても足元が悪いです。行ってみたいと思う方は準備を万全の状態にして進んでくださいね。

暑い夏の時期に相応しい観光名所「千仏鍾乳洞」。友人や子供連れで洞窟探検をお楽しみください。

33.門司港レトロ地区

出典:ja.wikipedia.org

本州と九州を結ぶ海の玄関口「門司港(もじこう)」。そこに広がるレトロな景色は必見!ぜひとも立ち寄りたい福岡の観光スポットです。かつてヨーロッパや中国など外国の船も多く寄港した門司は、外国との貿易で大変栄えていました。そんな中で建てられた歴史的建造物の数々。大正や昭和の雰囲気を今も残し、私たちをノスタルジックな世界へ連れていってくれます。

また海辺に建つ赤い煉瓦の「北九州市旧門司税関」の前に広がる「親水広場」は地元の人にとっても憩いの場。海に面した開放的な広場で、大道芸人やここ門司から発祥した「バナナのたたき売り」が見られることも。干潮時には、海面から石畳が現れるので散歩してみましょう。

お土産やグルメスポットも多彩にそろっています。ショッピングや食べ歩きも十分に楽しんでくださいね。

34.平尾台自然の郷

出典:うっちー / PIXTA(ピクスタ)

キャンプ場ではバーべーキュー、元気な子どもたちは遊具で遊んだり1日中走り回れる。そんな家族で楽しめる観光地、「平尾台自然の郷」。

北九州市のカルスト台地に位置する平尾台、その雄大な土地を活かした平尾台自然の郷は、果樹園やキャンプ場、遊具広場に陶芸体験施設があり観光からアウトドアまで幅広く充実しています。またブルーベリー摘みや、一般の人は立ち入ることができない洞窟探検などイベントも多く実施。遊び足りないお子さんにはちょうどいいですね!

春には遊歩道の周りをピンク色の芝桜が一面に咲き誇り、お父さんお母さんでも散歩しながら観光できます。

体を動かした後は腹ごしらえ。敷地内のレストランでは福岡の特産品を使った新鮮な料理をいただけます。週末、家族そろって平尾台自然の郷へ出かけてみませんか。

35.門司港レトロ観光列車 トロッコ潮風号

出典:commons.wikimedia.org

青い小さな観光列車「門司港トロッコ・潮風号」が門司の町のレトロさによく似合います。「鉄道記念館駅」から「関門海峡めかり駅」までを、時速約15キロメートルでゆっくりのんびり走ります。座席は4人がけのボックス席が基本。ご家族やお友達と向き合って、門司港レトロ地区や関門海峡をながめましょう。

終点の「関門海峡めかり駅」で降りたら、関門海峡の人道を歩いて下関へ行ってみるのもおすすめ。帰りは関門連絡船を使って門司へ戻るのもいいですね。

36.赤村トロッコ油須原線

出典:commons.wikimedia.org

幻の鉄道と呼ばれていた油須原線(ゆすばるせん)をご存じですか。山間にある自然豊かな赤村には「赤村トロッコ油須原線」という観光鉄道があります。

油須原線は昭和41年に石炭を運ぶための貨物路線として開業されました。しかし急激な経済成長を遂ていた日本において石炭の需要は下がり、新たに建造した油須原線を運営することなく閉業ししました。ところが1995年、村の地域活性化の取り組により無事に観光地に。

観光用として乗車できるのはバッテリーで動くオープントロッコ。速度も速くないので子供でも安心して楽しめますよ。運行日は毎月第2月曜日のみ。カラフルな可愛らしいトロッコに乗りながら赤村の自然を堪能してみてくださいね!

37.スペースワールド

出典:ja.wikipedia.org

福岡・北九州のテーマパーク「スペースワールド」は、宇宙をテーマにした遊園地で、広い敷地にはアトラクションがめじろ押し。中でも国内屈指の絶叫マシーンとして、不屈の人気を誇るのがジェットコースターの「ザターン」です。急加速と急降下の恐怖と興奮を味わってくださいね。

アトラクションに何度も乗る方は、お得なフリーパスのご購入をお忘れなく。園敷地内のホテル「スペースロッジ」に宿泊すれば2日間のフリーパスがついてきます。

またレジャープール「ミューナ」には、流れるプールから大型スライダーのほか、しかけが盛りだくさん。小さいお子さんから大人まで、1日中盛り上がれること間違いなし!

38.九州鉄道記念館

出典:Cheng-en Cheng

明治に設立された九州最初の鉄道会社を紹介する九州鉄道記念館には、実際に活躍した車両の展示場や運転シミュレーター体験、九州の大型鉄道模型があります。

中でも車両展示場は、昔懐かしい列車が並んでおり、時代に沿って列車の変化していく様子が分かります。新幹線がデビューする前の特急列車として活躍していた特急「かもめ」、日本初の貨物機関車「9600型-59634号」もあります。

お土産は列車をかたどったお箸や耳かきに記念メダルなど。観光にもよし、歴史学習にもよし、鉄道ファンじゃない人でも楽しめますよ!

39.キリンビール 福岡工場

出典:commons.wikimedia.org

九州で消費される大量のキリンビールはほとんどこの工場で生産されています。工場見学もできるのでぜひ行ってみましょう。日本の高い技術で、おいしいビールが造られている過程は飲まない方でも見ごたえ十分。

また工場の外の景色も素晴らしく、7万平方メートルの広大な敷地に咲き誇るポピーやコスモスは一見の価値ありです。設立から50周年を迎えたことでイベントやキャンペーンも多彩に用意されています。観光の日程に合わせてチェックしてみてください。

40.響灘ビオトープ

出典:commons.wikimedia.org

北九州市にある響灘(ひびきなだ)ビオトープは、多くの野鳥や昆虫、植物が生息する日本最大級のビオトープです。

ビオトープとは多くの生き物が生息する空間のこと。絶滅危惧種に指定されているベッコウトンボの生息地でもあり、ベッコウトンボの生態調査イベントではお子様連れで参加もできますよ!すぐ近くに隣接するネイチャーセンターでは生息する動植物をご紹介。また観光地というだけでなく自然環境保全に取り組むNGO団体の活動拠点にもなっています。

地球温暖化にオゾン層の破壊、自然破壊が問題となっている世の中。ビオトープへ訪れた機に改めて自然環境について考えてみるのもいいかもしれませんね。

41.北九州市立いのちの旅博物館

出典:commons.wikimedia.org

地球の生命や歴史について深く学べる福岡の観光スポット、いのちのたび博物館。1人でも多くの人が未来へむけての生き方を考えて欲しい、という理念から建てられました。館内は自然史ゾーンと歴史ゾーンに分かれ、自然史ゾーンでは地球の誕生から生き物の進化の歴史、歴史ゾーンでは福岡・日本の守らなくてはいけない伝統行事を紹介しています。

大人の皆さんにとっては、小さいころのロマンでもあった三葉虫の化石や恐竜の化石に憧れを持ったという方も少なくないのでは。あの頃の興奮を再び味わえるのでぜひ観光してみてください。なお入場に必要なチケットですが、当日券より安い割引券をローソンで事前購入することができます。いのちの旅博物館を観光する前に購入しておきましょう!

42.皿倉山

出典:commons.wikimedia.org

夜景を見ながら恋人とロマンチックなひと時を過ごしてみませんか?標高600mの皿倉山の山頂にある展望台から見る夜景は、新日本三大夜景の1つに数えられるほどのロケーション!

展望台へは山麓駅から山頂駅までケーブルカー、山頂駅から展望台駅まではスロープカーでアクセス。そして山頂には展望台があり、2階の展望レストラン、屋上の展望デッキからは北九市の街並みが見渡せます!

昼間は気軽に登れる観光スポット、夜は恋人と過ごすデートスポットとして賑う皿倉山。恋人と1度は訪れてほしい福岡のおすすめ観光スポットです!

43.官営八幡製鐵所

出典:commons.wikimedia.org

平成27年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界文化遺産に登録された官営八幡製鐵所。登録後は知名度が上がり遠方からも多くの人が足を運ぶ福岡屈指の観光地です。

世界遺産に登録された施設は、旧本事務所および関連施設。官営八幡製鐵所は明治期に九州北部で栄えた石炭・製鉄・造船業は、歴史産業を語るうえで需要な資産物です。

旧本事務所は製鉄所の中核施設として利用されました。なお見学スペースはこの旧本事務所のみで他の関連施設への立ち入りは禁止。福岡初の世界遺産、近代史に興味がない人も行ってみるだけの価値ある観光地です!

44.観世音寺

出典:ja.wikipedia.org

史跡めぐりが好きな人におすすめしたい観光スポット観世音寺。西日本でも最大級の広さを誇っていたと言われる観世音寺は、天武天皇が願を立て、それから約80年後に聖武天皇が完成させました。長い歴史を持つため、建築物のほとんどは破壊されてしまっています。現在残っている金堂と講堂は、江戸時代に再建されたもの。

特に史跡が好きな人に見てもらいたいのが、観世音寺のシンボルともいえる鐘楼と僧坊跡礎石。鐘楼にある梵鐘は日本最古であり、鐘の音は「日本の音風景100選」に選ばれるほどの清き美しい音を聞かせてくれます。

僧坊跡礎石は、講堂の裏手に位置しており細長い建造物があったとされる場所。未だに建造物の正確な大きさや用途は解明されていません。ミステリアスな雰囲気を漂わせる観世音寺、奈良時代へとタイムスリップした気持ちになれますよ。

45.太宰府天満宮

出典:coward_lion

太宰府天満宮の天神さま(菅原道真)は「学問・厄除け・至誠」の神様として多くの観光客がご利益を授かりに訪れます。

歴史を遡ること西暦845年、菅原道真は京都で生まれ、才能は高く文人・学者として活躍してきました。しかし政略により左遷され、死後に埋葬された場所が現在の太宰府天満宮です。

現在は書道の神様として信仰されています。太宰府天満宮では年間行事である「七夕揮毫大会」や「注縄打奉納相撲大会」が開催。参拝時間は朝の6時から夜の7時前後までです。天神さまのご加護を受けに参拝されてみてはいかがでしょう。

46.ゼンリン地図の資料館

出典:winhorse

日本史の教科書で江戸時代の測量家「伊能忠敬」が作図した日本地図を見たことある人は多いかと思います。その日本地図『大日本沿海輿地全図』の複製を見られる資料館こそが、北九州市にある「ゼンリン地図の資料館」です。

伊能忠敬を中心に16年かけて測量・作成された日本地図は正確性と信用性があり、今の日本地図があるのは伊能忠敬のおかげ!

資料館では体験コーナーを設けてあり、地図に関する書籍や出版物、お子様向けの地図パズルで遊べます。夏休みの自由研究でお困りの子供には参考になる本がたくさん置いてありますよ。

47.九州国立博物館

出典:ちょこわん / PIXTA(ピクスタ)

アジアとの窓口であり外国文化の影響を強く受けた九州地方。邪馬台国九州説など様々な文明が発展してきたと言われており、証拠として古墳などたくさんの史跡が見つかりました。

九州国立博物館では旧石器時代から近代にかけての文化・歴史の形成についてを展示。これまでに兵馬俑が見られる展示会や、落語家によるトークショーなど、定期的に特別展やイベントを開催しているので観光にもおすすめのスポットです。歴史に興味がない人でも思わず釘づけになるに違いありません。

48.風師山

出典:commons.wikimedia.org

風師山(かざしやま)は関門海峡の隣にあり、気軽に登山できる山として知られています。

ふもとの駅から山頂までは歩いて1時間ちょっと。途中にある風師岩頭の9合目にある展望台からは巌流島、山頂まで登れば眼下に開門海峡や福岡初の世界遺産である八幡製鉄所があります。冬には透き通った空に雪を被った由布岳を望めますよ。

夜景のロケーションも抜群、あまりにも綺麗な景色に吸い込まれてしまいそうになるほど。なお車でも展望台へ行けるので、恋人や家族で福岡観光へ訪れた帰り道に立ち寄ってみてくださいね!

49.秋月城跡

出典:kattyan / PIXTA(ピクスタ)

福岡の紅葉スポットとして知られる秋月城跡。木々の色づき始めは11月上旬、見頃は11月下旬ごろです。赤と黒門の焦げ茶色がちょうどいい具合に映え、自然と歴史が折り合う見事なグラデーションを生み出してくれます。

また観光シーズンは秋だけではありません。桜の名所としても有名なんです!秋月城跡へ向かうまでの道は200本の桜並木の街道になっており、満開時には桜のトンネルとなりますよ!

お腹が空いたら並木街道にある「黒門茶屋」にお立ち寄りください。甘味処となっており、甘いスイーツや川茸の定食が食べられます。桜舞いながらお茶菓子に舌鼓、優雅なひと時を。

50.原鶴温泉ハーブ公園

出典:週末は風来坊 / PIXTA(ピクスタ)

ハーブの心地よい香りでリフレッシュできる原鶴温泉ハーブ公園。ラベンダーやミントなど30種類のハーブが植えられており、絶滅危惧種に指定されているハナシノブもあります。ハナシノブは薄い紫色の小さい花びらが特徴で思わず写真を撮りたくなってしまうほどです!

もともとこの土地は雑木林でしたが、地元住民が起案した原鶴地域活性化によりハーブ公園が完成されました。公園全体がハーブの香りに包まれ気分はリラックスモード。

また隣接する川の駅はらづるでは、お土産としてハーブの手作り石鹸などが販売しています。ぜひお風呂のお供として使ってみてください。

51.英彦山

出典:ja.wikipedia.org

福岡県で2番目に高い山、英彦山(ひこさん)は霊山として親しまれる信仰対象の山です。山一帯には霊場と参道があり、中腹には英彦山神宮奉幣殿、山頂には上宮が建てられています。そのため多くの参拝客が山頂の上宮を目指し山道を登ります。

途中にはそり立つ岩山や霊場などパワースポットとも言える場所をいくつも通過!霊場めぐりをしながら山登り、観光気分で楽しめます。

登山した後は麓にある温泉「しゃくなげ荘」で汗を流していきましょう。開放感抜群の露天風呂で雄大な英彦山の自然を眺めながらゆっくりおくつろぎください。

52.立花氏庭園

出典:yoppy

立花氏庭園にて神社挙式・花嫁舟・披露宴の形で、一生の思い出に残る結婚式を挙げませんか?

700年前に建てられた縁ある神社で契りを交わし、花嫁舟に乗って川を下り御花へと向かいます。春には桜、秋には紅葉が新郎新婦の綺麗な姿を引き立ててくれます。

そして西洋風の洋館では、本物の和といえる日本庭園を眺めながら100畳の大広間で行われる披露宴を開催!挙式のほかに、和服の前撮りや家族そろっての披露会も行ってくれます!立花氏庭園で大切な人と大切な時間をお過ごしください。

53.北原白秋記念館

出典:commons.wikimedia.org

福岡の柳川で育った有名詩人、北原白秋。代表作である「東京景物詩」や「待ちぼうけ」を読んだことある人もいるのでは。

北原白秋記念館は、柳川地方の歴史に北原白秋が住んでいた家、城下町に残る貴重な文化財を見学できます。昭和44年に復元された白秋生家では家族で食事をした居間や、農家の作業スペースとして使用されていた土間、畳部屋のお座敷が再現された場所。

また資料館では当時を物語る貴重な白黒写真を保存してあります。童話の世界にしたりながら、北原白秋についてもう一度学んでみるのもいいですね。

54.水天宮

出典:commons.wikimedia.org

水天宮は妊婦さんにぜひ行ってもらいたい神社です。なぜなら「帯祝い」を行うことで安産祈願を受けられるからです。

古来より水天宮に伝わる「帯祝い」は、安産を願い帯を巻く習わしのことを言います。お腹の赤ちゃんが無事に出産し、赤ちゃんと母親が健康に過ごせるよう祈るそうです。

また子宝に恵まれる子授け祈祷や厄年の人向けの厄除け祈祷などの御守りが購入できますよ!水天宮周辺には甘酒横丁という和菓子店がたくさん集まった商店街が広がります。安産祈願に行くついでに甘酒横丁で食べ歩き観光、なんてのもいいですね。

55.柳川藩主立花邸 御花

出典:yoppy

国指定名勝であり、料亭旅館、披露宴会場といくつもの顔をもつ御花(おはな)。敷地名には庭園、テニスコート、芝ガーデンに川下りと、まるで軽井沢の別荘にいる気分。

料亭である集景亭は個室が設けてあるので完全なプライベート空間にて、有明海の海の幸やうなぎを使った郷土料理が食べられます!松が美しい絵となる松濤園を眺めながら、最高級の料理を味わってください。

宿泊も可能で、和室・洋室・和洋室、さらに2間続きの広い和室まであり、バリエーションがとにかく豊富!窓からの眺めは庭園の緑が広がり落ち着いた雰囲気を味わえます。

さらに宿泊者の特典として川下りのサービスも。1時間に2本の定期便が運行しています。のんびりと御花の自然を満喫できますよ。

56.三潴銀行記念館(九州貨幣博物館)

出典:Midipa / PIXTA(ピクスタ)

洋風な造りが一際目立つ三潴(みづま)銀行記念館。1909年に旧三潴銀行本店として建てられました。100周年記念の2009年に改築され三潴銀行記念館が誕生、1階の金庫室や2階の役員室が昔の状態で保存されています。

また館内には九州貨幣博物館というお金の博物館も併設。日本で最初の流通貨幣である和同開珎から現代紙幣まで、過去に日本で流通していた貨幣を取り揃えています。時代ごとに変化していくお金の歴史を学べる絶好の場所ですね。

57.三池炭鉱・三池港

出典:commons.wikimedia.org

三池炭鉱・三池港はともに世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 鉄鋼・製鉄、造船、石炭産業」に登録されました。

三池炭鉱は歴史が長く、江戸時代から採掘が行われ日本を支えてきた炭鉱です。明治以降は三井組が運営を始めましたが、石炭需要の低下から廃止されました。

三有明海は遠浅のため小型船しか来航できなかったのですが、三池港が造られたことにより大型船の来航も可能となりました。

これらの戦後の近代産業遺産は重要な遺産として保存されています。また観光地として一般公開しています。日本を支えた石炭産業施設の社会科見学をしてみませんか。

58.石橋美術館

出典:JUZAEMON_十左衛門

野中公園の真ん中に位置する石橋美術館は久留米の観光地です。展示されているコレクションは日本の近代洋画、書画、陶磁器などで、近代洋画は日本人が、油と布を使って描いた作品が飾られています。青木繁氏や藤島武二愛氏といった近代芸術に名を轟かせた著名人作家の作品をご覧ください!

陶磁器ではジャパニーズカルチャーを代表する有田焼を始め、中国の龍泉窯やシリアのローマ帝国時代に作られた陶器が展示されてます。

時間に余裕があるなら野中公園楽水亭でお食事できますよ。バラが咲く5月にはバラフェアが開催、バラの香りを堪能しながら公園内でくつろぐこともできます!

59.粟島神社

出典:NJ_Photo / PIXTA(ピクスタ)

古くから鳥居をくぐると婦人病に効くといわれている粟島神社(あわしまじんじゃ)。筑後市の市街地にひっそり佇む趣ある神社で、知る人ぞ知る筑後の観光地です!

境内には二つの小さな鳥居があり、高さは35センチほど。鳥居をくぐったら粟島神社で参拝をしましょう。安心して子供を産めますよ。

なお徒歩でアクセスの場合は、JR鹿児島本線・羽犬塚駅より15分です。遠いと感じたらタクシーを使って行きましょう!

60.三池炭鉱専用鉄道敷跡

出典:commons.wikimedia.org

福岡の世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一角をなす「三池炭鉱専用鉄道敷跡」。三池炭鉱と三池港をつなぐ大事な路線で、観光地となっています。

明治11年の開業当時は馬車鉄道として利用され、次第に蒸気機関車、電気機関車と移り変わっていきました。1997年に機関車の運行は廃止されましたが、歴史的評価が高いことから世界遺産に登録。

魅力を身近に感じてもらおうと鉄道敷のウォーキングやゴミ拾いイベントを実施しています。廃墟マニア以外の人でも心をくすぐられる景色が見られますよ!!

61.宗像大社

出典:senngokujidai4434

福岡市の北東、天神からバスで約1時間のところにある宗像大社(むなかたたいしゃ)はパワースポットでも知られています。

格式は県内のほかの有名な神社と比べても引けをとりません。主祭神の宗像三女神は、なんと世界遺産の厳島神社と同じ海と航海の神様で、どちらも海路の要地に鎮座しているところが共通しています。

さらに、宗像大社はすべての「道」をつかさどるとも言われていて、現代では自動車や交通安全の祈願に訪れる人が多いですよ。厄払いとまではいかなくても、事故に遭わないようにお守りは購入しておきたいですね。

歴史にも興味がある方は、敷地内にある神宝館を訪ねてみましょう。宗像神社周辺の発掘調査で発見された遺物は一括して国宝に指定されていて、その数はなんと8万点。そのすべてが神宝館に収められています。三角縁神獣鏡や純金製の指輪など、見ておきたいお宝が満載です。

62.筑紫耶馬溪

出典:kenji / PIXTA(ピクスタ)

福岡の耶馬渓と言われる「筑紫耶馬渓(ちくしやばけい)」。JR博多南駅からタクシーを使い約25分でアクセスできます。

那珂川の上流にあたり、別名釣垂峡(つたるきょう)ともいわれる筑紫耶馬峡ですが、オススメの観光シーズンは綺麗な紅葉が見れる秋。糸のように流れる川と、岩肌に生える真っ赤な木々の組み合わせは、本物の耶馬渓をも凌ぐほどの景色!

夏の冷たい那珂川は水遊びやヤマメ・ニジマス釣りで賑わいます。なお川でのレジャーは天気に気を配りながら楽しんでくださいね。筑紫耶馬渓は夏・秋に福岡旅行をお考えの方は訪れてほしいおすすめ観光スポットです!

63.宮地嶽神社

出典:commons.wikimedia.org

3つの日本一がある宮地獄神社。6世紀末に建てられた巨大古墳があり、中には横穴式石室が存在しています。そこから瑠璃壺やガラス板など300点が見つかり、その中の20点には黄金が含まれた頭椎や金銅製の鎧が含まれてます。

古代から聖なる神が宿る宮地獄神社の証として黄金が使われた経緯から、本殿の屋根も金色に塗り替えられました。金閣寺に勝る黄金の輝きに、心を奪われてしまいますね。

また宮地嶽神社ではお参りすることで厄払い効果があるそうです。春には大きな桜の木が花を咲かせるので、春が観光シーズンとしておすすめです!

64.星の文化館

星が綺麗に見える天文台で宿泊してみませんか?福岡県星野村は、澄んだ空気に夜には満点の星空が広がります。星野村の観光地となっている星のふるさとには、望遠鏡を星で見られる天文台「星の文化館」があり、口径65㎝の大望遠鏡で星を観察できるんです。

プラネタリウムでは楽しい星のお勉強タイム。子どもたちの自由研究にも役に立ちそうですね。また、星の文化館ではプチホテルをご用意。客室タイプは和室と洋室から選べます。宿泊者には特別星空観望会とプラネタリウム上映に参加できる特典付き。天の川がくっきり見える星空と一緒に泊まりたい方は予約しましょう!

65.恋木神社

出典:ジョイエッリ / PIXTA(ピクスタ)

ハートをご神紋に持つ恋木神社は恋愛成就のご利益で知られています。鳥居や参道そして地面やおみくじまで、ありふれるほどのハートがありロマンチックを超えてファンタジーの世界にいるかのような光景。恋木鳥居には10個のハートが隠れているので恋人と探してみましょう!

バレンタインの時期が近づくと境内はピンク一色に染まり、無料で絵馬に願い事を書いてもらうことができるのです。ここまで恋愛成就に誠意を尽くす神社は他にありません。片思いを両想いにしたいなど、そう思っている人は恋むすびのパワーあふれる恋木神社へ!

66.ヤフオクドーム

出典:junce

福岡ソフトバンクホークスの本拠地、ライブイベント会場として馴染みある福岡ヤフオクドーム。野球選手やその関係者しか立ち入ることのできない裏側やベンチを見学できるヤフオクドームツアーが、人気を集めています。選手たちが活動しているグランドの芝生を踏みしめながら、ユニフォームを着て写真撮影なんかもできますよ。

見学の後は、ホークスの専用グッズショップ「ダグアウトヤフオクドーム店」でお買い物。ホークスファンはもちろん、ファンじゃない人でも楽しめる福岡の定番観光スポットなんです!

宿泊をお考えの方は、最高のオーシャンビューが望めるホテル「ヒルトン福岡シーホーク」がヤフオクドームのすぐ近くにあります。贅沢なホテルの一室で大切な人とヤフオクドームでの思い出話で盛り上がりましょう。

67.遠賀川水源地ポンプ室

出典:commons.wikimedia.org

明治日本の産業革命遺産として世界文化遺産に登録された遠賀川(おんががわ)水源地ポンプ室。明治時代特有の建築用法で八幡製鉄所に水を送るための施設として建てられました。

壁に巻き付いた緑色のツルが、歴史の古さをより一層感じさせます。現在はエネルギー源が電力に変わりましたが稼働し続けているとのこと。施設内に立ち入ることはできませんが、外から見学することはできますよ。

明治日本の産業革命遺産には、軍艦島や八幡製鉄所以外にも多くの登録された施設があります。遠賀川水源地ポンプ室も歴史を伝える重要な遺産ですので福岡の観光コースとして取り入れてみてはいかが。

68.夫婦岩

出典:ja.wikipedia.org

県道54号線を二見ヶ浦方面に進むと海岸沿いに二つの岩が見えてきます。夫婦岩と呼ばれる二つの岩は大きい方が男岩、小さいほうが女岩と呼ばれ、長さ35mの大注連縄で結ばれてます。

日本の夕日100選にも選ばれているほどの観光スポット!5月から7月の期間は夫婦岩の間から太陽が昇り、神秘的な朝日が見れるんです。

秋から冬には満月が夫婦岩から覗かせ、朝日とは違った景色に。どちらも綺麗なのでカメラをお忘れなく!近くの駐車場にはレストランと公衆トイレもあり設備も完璧。家族や恋人とぜひ訪れてみてくださいね。

69.芥屋大門

出典:ハンマー

遊覧船に揺られながら海の洞窟を満喫してみませんか?糸島市の海岸にある芥屋大門(けやおおと)は玄武岩が柱状に反り立っており、荒波により掘られた洞窟は日本3大玄武洞の1つにも数えられています。

洞窟は奥行き90mまで続いており、遊覧船に乗れば奥まで行くことができるんです!カーテンのような波織状の壁が続き、異世界の入り口へと続くような道、好奇心がくすぐられる体験ができますよ。そのほか芥屋大門周辺は釣り場としても人気があります。休日に釣りをしながらのんびりと過ごすのもアリですね。

なお気を付けてほしいのは天気。悪天候のときは遊覧船は運航できないので、天気予報をしっかり確認しておきましょう!

70.嘉穂劇場

出典:いちとし

かつて炭鉱で栄えた福岡の人々を楽しませた芝居小屋「嘉穂劇場(かほげきじょう)」。前身の「中座」は北九州の財閥・麻生家の設立によるもので、木造2階建ての江戸の歌舞伎小屋つくりが、当時の情緒を伝えます。舞台のつくりや、奈落の仕掛けもすばらしく、昔の人の知恵に驚かされるばかりです。

こんな嘉穂劇場も大雨よる災害で存続の危機にさらされたこともありました。そのとき津川雅彦さん、明石家さんまさん、故中村勘三郎さんなど多くの有名人の支援を受け見事に復活!今では芝居のほか様々なイベントも開催され賑わっています。

休演日は劇場内の見学ができるので福岡の観光コースとしても大人気。大衆劇場の殿堂「嘉穂劇場」一見の価値ありですよ。

◎まとめ

福岡のおすすめ観光スポット70選いかがでしたか?有名どころから穴場スポットまでぜひ行ってもらいたい所をあげてみました。

住んでみたい土地としても、常に人気の福岡県。大都会でありながら人情味も豊か。交通の便も良く、美味しいものは数限りない。何度行っても飽きない街「福岡」です。

この70選と一緒に旅していただければ、大人から子どもまで、そして一日中、福岡を満喫できること間違いなしです。

この記事を見た人におすすめの記事

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の福岡行き格安航空券

福岡でおすすめの記事

福岡のアクセスランキング