LCCで北海道旅行!Spring Japanで成田⇔新千歳の格安便に搭乗してみた!

LCCで北海道旅行!Spring Japanで成田⇔新千歳の格安便に搭乗してみた!

乗ってきました!話題のLCC、Spring Japan(スプリング・ジャパン)! いま北海道に行くならSpring Japanがいいらしい、という噂を聞きつけたので、これは乗らないわけにいかないでしょう……とミーハー根性丸出しに、成田~新千歳便で北海道旅行に行ってきました。「LCCは朝が早くてたいへんなんじゃないの?」「座席の広さは大丈夫?」「お土産で荷物が増えたらどうしよう……」いろんなことが気になっていましたが、Spring Japanでの空の旅は、噂以上に快適! 

まずは最初に、大事な結論からお伝えしましょう。お伝えしたい結論は2つ!

目次

LCCで北海道旅行!Spring Japanで成田⇔新千歳の格安便に搭乗してみた!

目次を閉じる

結論その1:時間を有効に使うならSpring Japanです

★Spring Japanの成田~新千歳便は強制的に午前着ww

出典: sashimi soba

【成田~新千歳】  【新千歳⇒成田】
発: 07:15     発: 09:40
着: 08:55     着: 11:15


そう、Spring Japanの成田~新千歳便は、往復ともに午前発の午前着。特に成田発、新千歳着の便は9時前には北海道に到着することができるんです。だから、朝ご飯を北海道で……なんて楽しいプランだって立てられちゃいます!

結論その2:コスパの面でもSpring Japanが一番!

★サービス面では遜色ないのに、他のLCCに比べて安い!

成田⇒新千歳便が3,590円~と業界最安値のSpring Japan。他社の価格がほぼ4,000円台からであることを考えると、いかにコスパが高いか分かると思います。

またSpring Japanでは、預けられる荷物の重さによって、「スプリングプラス」「スプリング」「ラッキースプリング」という3つの料金コースの中からいずれかを選べます。いずれのコースも機内持込手荷物は5キロ以内ですが、「スプリングプラス」では受託手荷物と機内持込手荷物を合わせて25キロまで、「スプリング」では受託手荷物と機内持込手荷物を合わせて15キロまで持ち込むことが可能。LCC他社は、受託手荷物に関しては別途料金が発生する場合が多いので、とてもありがたいポイントです。

ただし「ラッキースプリング」で受付可能なのは機内持込手荷物5キロのみで、受託手荷物は受け付けられないのでご注意を。5キロって、意外とすぐにいっちゃうので、「ラッキースプリング」のときはとにかく身軽にいくこと! それでも、荷物の量で料金を変えられるところは嬉しい!

問題なのは……AM6:40までにチェックインできるかどうかです。。

こんなに魅力たっぷりの、Spring Japanでの北海道への空の旅。でも、その旅に出るためにはひとつ問題があります。それが「AM6:40までにチェックインできるかどうか」ということ。筆者も前日に成田入りするか、当日入りにするか悩んだポイントです。

Spring Japanでは、搭乗時間の35分前までにチェックインしなければなりません。つまり、成田⇒新千歳便であれば、AM6:40がチェックインの最終時間。ここまでにチェックインできなければ、LCCの運命として、涙を飲んで見送ることに……。そんな悲しいことは、絶対に回避しなければ!

Spring Japanの成田⇒新千歳便のチェックイン開始はAM5:30。なので、AM5:30に確実に間に合う手段を調べてみました。

◆ベストなのは自家用車、そして東京駅からの深夜・早朝バス

出典: Cheng-en Cheng

ベストなのは、時間の融通が利く自家用車。Spring Japanは、駐車場がない成田空港第3ターミナルからの出発なので、600mほど離れた第2ターミナルに駐めておく必要があります。これなら、確実に間に合います。

また、東京駅を経由する深夜・早朝バスも出ています。これなら、AM1時、3時、4時台でも便が出ているので、AM5:30までに成田空港に間に合います。東京駅から成田空港まではおよそ1時間。4時台のバスに乗っても、5時過ぎには到着できますよ。バスの中には、お台場の大江戸温泉物語発のものもあるので、よき時間まで温泉につかりながらゆっくり過ごして、頃合いを見計らってバスで向かう、というプランを立てることもできます。

なお、どうしても電車で向かいたい場合は、京成上野5:18発、成田空港第2ターミナル6:14着の成田スカイアクセス アクセス特急が一番早く着くので、これにお乗りください。

◆筆者は空港のカプセルホテルに泊まってみました

色々な選択肢がありますが、車がなく午前中から元気に札幌を歩き回りたい筆者は「前日入りして成田空港のカプセルホテルに泊まる」という選択肢を選びました。成田空港第2ターミナルに直結の、第2駐車場ビル地下1階にある「9h(ナインアワーズ)」は、空港に一番近い宿泊施設です。男女別のカプセルホテルなので、安心して過ごせます。

鍵と館内着・タオル・歯ブラシ・スリッパが入ったバッグを受付でもらって、男女別に分かれたゾーンに入ると、奥に進むに従って、荷物を預けられるロッカー、洗面所、シャワーがあります。ロッカーと洗面所のゾーンの境目のドアを開けると、広がるのは暗く静かな空間。上下2段に並んだカプセルの中に入ると、微かに波の音が聞こえます。天井の高さは、あぐらをかいても余裕が感じられました。マットレスや枕の寝心地もよく、朝までゆっくりと過ごせます。

化粧水や乳液などのコスメ、髭剃りはないので、忘れた場合には第2ターミナル地下1階にあるコンビニで調達しましょう。ただし、「9h(ナインアワーズ)」からコンビニまでは歩いて5分ほどあり、人通りも多い往来を通るので、館内着からは必ず着替えていきましょう。この他にも、成田空港周辺にはホテルがたくさん。スカイチケットのサイトからも、ホテルの検索が可能です。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

航空券でおすすめの記事

航空券のアクセスランキング