豊洲で人気の観光スポット12選!都会も自然もまとめて満喫しよう

画像出典:hiroshi/PIXTA(ピクスタ)

豊洲で人気の観光スポット12選!都会も自然もまとめて満喫しよう

GoToキャンペーンバナー

東京都江東区の西南部に位置する街「豊洲」。セブンイレブンの国内1号店があることでも有名ですよね。
かつてここは、瓦礫で埋め立てられた工業地帯でした。そんな豊洲が「観光」も「住」も楽しめる街へと変貌を遂げ、メディアでも度々注目を浴びるように。さらには、再開発や築地市場移転、オリンピック開催と今後も目が離せない注目のスポットとなっています。今回は、そんな豊洲でおすすめの観光スポット12選をご紹介。都心からのアクセスも便利で緑も多い「運河の街」豊洲で、素敵な一日を過ごしてみませんか?

目次

豊洲で人気の観光スポット12選!都会も自然もまとめて満喫しよう

目次を閉じる

1.豊洲市場

出典: kazukiatuko/PIXTA(ピクスタ)

2018年10月11日、ついに「豊洲市場」が開場しました。東京ドームおよそ8個分の広大な敷地には青果棟や水産卸売場棟、水産仲卸売場棟、管理施設棟などが備わっており、市場の営業日であれば一般客が内部を見学することもできます。

最寄り駅のゆりかもめ「市場前」駅からはデッキを渡って各棟へ行くことができるほか、屋根があるので雨の日でも濡れずにアクセス可能。また、バリアフリーにも対応しており、体が不自由な方やお子様連れの方でも安心して見学を楽しめます。日頃あまり見られない「マグロのせり」を見学してみるも良し、新鮮な魚介を味わってみるも良し。そんな豊洲市場の見どころをご紹介していきましょう。

◆管理施設棟

出典: marchan/PIXTA(ピクスタ)

ゆりかもめ「市場前」駅から最も近くに位置するのが「管理施設棟」です。こちらには各事業所の事務所や衛生検査所など、豊洲市場を管理するための施設が備わっています。もちろん飲食店もあるのでご安心を。
3階にある飲食店街で13店舗が営業しているので、ぜひ足を運んでみましょう。

初日から行列ができていたというとんかつの「八千代」や、築地ではレトロな雰囲気で人気を博していたサンドイッチとコーヒーの「木村屋」、お土産にも人気の美味しいお団子「茂助」など、築地市場ファンにはたまらない名店が目白押し。ついつい目移りしてしまいそうですが、別の棟にも飲食店はたくさんあるのでしっかりと計画を立ててから入店することをおすすめします。

◆青果棟

「青果棟」はその名の通り、野菜や果物を扱う場所です。取引を行う「卸売場」や飲食店や青果店の方が仕入れに来る「仲卸売場」のほか、品物を加工したりパック詰め作業を行う施設が備わっています。

段ボールに入った品物が区画ごとキレイに並べられ、その合間を縫ってターレーが行き来する様子は「これぞまさに市場!」といえる光景そのもの。水産卸売場棟ほどの活気と迫力はありませんが、所々に施されたカラフルなインテリアが青果部門らしいフレッシュさを演出しています。

青果棟の1階部分には、3店舗のみですが飲食店もあります。天ぷらの「天房」と生そばの「富士見」、そして築地市場では行列ができることで有名だった大人気の寿司店「大和寿司」です。

築地ではお店の外も朝5時台から賑わっていた「大和寿司」ですが、豊洲に移転後はまだ場所がよく知られていないこともあり、時間帯によっては並ばずに入れることがあるのだとか。とはいえ、行列が復活するのも時間の問題でしょう。「大和寿司」の絶品にぎりを食べてみたい方は今がチャンス!

◆水産卸売場棟

出典: : : Ys [waiz] : :/Flickr

豊洲市場を訪れる多くの観光客にとって、メインとなるであろう場所が「水産卸売場棟」です。
こちらでは、国内外から集まった海産物の取引、いわゆる「せり」が行われています。

建物に入ると、まずは大きなマグロのオブジェがお出迎え。重さ約500kg、全長約2.9mを誇るこの巨大なマグロは、なんと過去に築地市場で実際に取引されたマグロの実寸大なのだとか。その迫力は大人でも思わず後ずさりしてしまうほど。こちらはフォトスポットでもあるので、記念に写真を撮っておきましょう。

お次は観光客に人気の「せり」を見られるデッキへどうぞ。オープン当初は2階通路にある見学用デッキからしか見ることができませんが、2019年1月には1階デッキも開放されより間近で見られるようになりました。

棟内にはせりで用いられる独特の手の動き「手やり」を解説した展示パネルがあるので、事前にそちらで勉強してから見学するのがおすすめ。ちなみに、毎週水曜・日曜および祝日は市場がお休みとなるので注意しましょう。せりは営業日の朝5:30~6:30頃に行われています。

◆水産仲卸売場棟

豊洲市場で最も大きな規模を誇るのが、この「水産仲卸売場棟」。鮮魚店や飲食店の方が魚を仕入れに来る「仲卸売場」や一般客がお買い物を楽しめる店舗が点在しているほか、市場見学のメインイベントでもあるグルメスポットが目白押しです。その数なんと22店舗。お寿司から洋食まで幅広く揃っています。

築地で大人気だった「海鮮丼 大江戸」は、豊洲でももちろん大盛況。常時60種類以上も並ぶメニューの中には、日替わりの「限定丼」もあります。全国から運ばれてきたばかりの魚介を提供しているので、ネタはどれも超新鮮!限定丼目当ての方もそうじゃない方も、朝6:30の開店時間を狙って行くのがおすすめです。

築地市場の頃から絶大な人気を誇ってきた牛丼の「吉野屋」やカレーの「中栄」、「寿司大」などもこのエリアにありますよ!築地とはガラリと雰囲気が変わってしまいましたが、懐かしの味はもちろんそのまま。豊洲市場で新たな一歩を踏み出した老舗店を、ぜひこの機会に訪れてみましょう。

プロ御用達のアイテムを手に入れるなら、4階の「魚がし横丁」へどうぞ。調理器具や食器類、雑貨などの小物から乾物、漬物、卵焼きといった食品を販売するお店がおよそ70店舗も軒を連ねています。

お寿司をモチーフにしたペンやキーホルダーは、外国人観光客に大人気。プロ仕様の手ぬぐいやTシャツをお土産に購入される方も多いそうですよ。80年以上の歴史を誇る老舗玉子焼き店「大定(だいさだ)」の高級玉子焼きは、ぜひ一度味わって頂きたい逸品。串に刺さった「串し玉」は、食べ歩きにも最適です。

2.アーバンドックららぽーと豊洲

出典: upload.wikimedia.org

豊洲再開発のシンボルでもあり、観光名所としても知られる「アーバンドックららぽーと豊洲」は、2006年IHI(旧石川島播磨重工業)の工場跡地にオープンしました。映画館、テーマパーク、クリニックのほか、約180の店舗と飲食店が軒を連ねており家族連れやカップルで終日賑わっています。

子供が楽しめるアミューズメントパークから、カップルで楽しめる夜景スポット、ハーバービューが美しい公園、さらにはペットの同伴可能なカフェやドッグランとどんなシーンにも利用できるのがうれしいところ。東京観光の新しい目玉「スカイホップバス」や空港へのリムジンバスの停留所もすぐ近くにあり、アクセス便利なのも魅力です。

3.キッザニア東京

アーバンドックららぽーと豊洲内にある「キッザニア東京」は、日本国内では初めての職業体験テーマパークとして2006年にオープンしました。その人気ぶりはオープンから10年以上経った今も衰えることを知らず、入場開始1時間前から長蛇の列ができるほど。人気の秘密は「こどもが主役」というコンセプトです。

90種類以上もあるアクティビティは、セットや衣装、使用する道具に至るまでまるで本物と見間違えてしまうほど本格的。これは子供だけではなく見ている大人も大興奮してしまいますよ。ついつい写真に残したくなっちゃうという方は、専属カメラマンによるフォトサービスを利用しましょう。

キッザニアの入場は、午前9時からと14時からの二部構成となっています。当日券が残ることはほとんどなく事前予約は必須。しかも、アクティビティは先着順となっているため、参加したいアクティビティがある方は作戦をしっかり立てておくことをおすすめします。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

豊洲でおすすめの記事

豊洲のアクセスランキング