ペル―最大の自然保護区!世界遺産マヌー国立公園は野鳥の楽園!

画像出典:RPBaiao/shutterstock

ペルーの秘境、世界遺産マヌー国立公園は、ペルー国内でも最大級の国立公園です。アクセスは不便なのですが、その分未開のジャングルが広がるペルー最大の自然保護区は魅力的。オレンジ色に輝くペルーの国鳥アンデスイワドリをはじめ、800種類以上もの野鳥が生息しており、バードウォッチングには最高の場所です。

世界遺産マヌー国立公園は、海抜4000mを超すアンデス山脈からアマゾン川流域のジャングル、プーナ(寒冷な高原)に至るまであらゆる自然環境を含んでおり、世界でも類のない規模の自然公園。エコツーリズムに最高の観光地として、一度は訪れてみたい世界遺産のひとつです。

[x] 閉じる

ペル―最大の自然保護区!世界遺産マヌー国立公園は野鳥の楽園!:目次

マヌー国立公園とは

出典: RPBaiao/shutterstock

マヌー国立公園とはペルー最大の国立公園で、1987年にユネスコの世界自然遺産リストに登録されました。自然豊かな世界遺産のマヌー国立公園には、数多くの動生物が生息しています。哺乳類は約220種類、昆虫では蝶だけでも1300種類以上も生息しているとか!また、鳥類は約800種類、魚類は約210種類と世界でも類をみない規模なのです。

世界遺産マヌー国立公園は、その40%がアマゾン川の低地性の熱帯雨林。アンデス山脈からマドレ・デ・ディオス川に注いでいるマヌー川流域全体が公園になっており、熱帯雨林のほかにも淡水の湿地林や三日月湖、ヤシの茂る湿地帯や高地性の森林など多彩な地形を見せています。それらの地域にはなんと、2万種類もの植物が繁茂していますよ。

マヌー国立公園へのアクセス

世界遺産マヌー国立公園は、アクセスがとても難しいです。まずは飛行機で、ペルーの首都リマのホルヘ・チャベス国際空港へ行きます。直行便はないので経由便で、所要時間は19時間~24時間。そしてリマからクスコへ空路でおよそ1時間半。クスコから世界遺産マヌー国立公園までは、バスと船を使って約20時間です。

マヌー国立公園のおすすめポイント3

観光ツアー

出典: RPBaiao/shutterstock

マヌー国立公園は自然保護のため、その9割が一般の立ち入りを禁止しています。先住民族は定められたところに住み、狩猟や漁業、森林伐採が自然環境を破壊しない範囲までなら許されています。一般の人は、エコツーリズムに開かれた地域で観光を楽しむことができますよ。ここにはコテージがあり、宿泊しながらバードウォッチングなどを楽しめます。

観光シーズンは、乾期の4~10月で特に7~8月には動物たちがマヌー川へ水を飲みにくる姿を見られるのでおすすめ。観光シーズン中には、クスコからツアーが出ているのでご利用ください。植物や野生動物が多く観光におすすめのスポットは、サルバドール、オトロンゴ、フアレス、パキツァ、リモナルの5か所。ツアーは主にこの5か所を回り、途中で湖または沼地をボートに乗って進むこともあります。湖に住むオオカワウソなども見ることができますよ。

マヌー国立公園に住む動物

出典: RPBaiao/shutterstock

多種多様の動物が暮らしている、マヌー国立公園はまさに自然の宝庫。コルパやベニコンゴウインコの群れ、オレンジ色の羽が美しいペルーの国鳥アンデスイワイドリ、繁殖期に華麗なダンスを踊ることで知られるマイコドリなどもいます。

また、オウギワシやズグロハゲコウ、ベニヘラサギやオリノコガンなども生息していますよ。高さが20m近くある鉄塔が作られているので、ここから野鳥の観察が可能。園内には遊歩道が完備されているので、ガイドとともにバードウォッチングを楽しむことができます。

世界遺産マヌー国立公園の動物では、ジャガーやブラックタイガー、アメリカバクやクビワペッカリー、スパイダーモンキーなど220種類を超える哺乳類が住みかとしています。さらにトレス・クルセス展望台からは、美しい光景を見ることができるので必見。特に5月から8月にかけて晴れの日は、自然現象で2度の日の出を見ることができます。

公園内の施設

出典: RPBaiao/shutterstock

マヌー国立公園には、コチャカシュ生物学調査研究所とリモナル監視所に設けられた学習センターがあり、アマゾン川流域の動物や植物についての研究が続けられています。また敷地内には、ケチュア語を今でも母語とする先住民族が住んでおり、30以上の村があります。マヌー国立公園には、古代の遺跡があるらしいことがわかっているのですが、発掘調査はこれからなので見逃せませんね。

マヌー国立公園の注意事項

世界遺産マヌー国立公園へはツアーのみ入園することができ、個人では入ることができません。

ジャングルでは日中の平均気温35度。大雨が降ると冷え込むことがあります。雨期は1月から3月で、この時期は朝夕の気温は10度前後まで下がることがあります。また一年を通じて雨が降るので、雨具を忘れずにご持参ください。

◎まとめ

世界遺産マヌー国立公園をご紹介しましたが、いかがでしょうか。ここへ行くにはクスコから四輪駆動トラックで10時間、次いで船で川を7時間かけて上り、その後再びマヌー川まで進みます。観光というよりは、まさに探検なのですが、その分大自然はとても美しく感動的でしょう。生涯に一度は訪れてみたいですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ペルーでおすすめの記事

ペルーのアクセスランキング