ギニアとコートジボワールにまたがる世界遺産ニンバ山厳正自然保護区

画像出典:Maarten van der Bent/Flickr

ギニアとコートジボワールにまたがる世界遺産ニンバ山厳正自然保護区

西アフリカのギニア共和国とコートジボワール共和国にまたがる広大な山岳地帯。世界遺産「ニンバ山厳正自然保護区(Mount Nimba Strict Nature Reserve)」は、ニンバ山を中心として広がる熱帯雨林と、サバンナの両方を有する国立公園です。ここには500種以上の動物と、2000種を超える植物が生息しており、中にはコビトカバやニシコモチヒキガエルといった固有種もいるんですよ。

そんな動植物の宝庫であるニンバ山厳正自然保護区は、1981年にはギニアに含まれる部分が、翌1982年にはコートジボワールに属する部分が世界遺産に登録されました。残念ながら自然保護区のため立ち入ることができませんが、大自然の魅力が詰まったこの世界遺産を一日も早く一般に解放してほしいものです。
それでは、ギニアとコートジボワールの世界遺産「ニンバ山厳正自然保護区」の魅力をご紹介しましょう。

目次

ギニアとコートジボワールにまたがる世界遺産ニンバ山厳正自然保護区

ニンバ山厳正自然保護区とは?

出典: commons.wikimedia.org

「ニンバ山厳正自然保護区(Mount Nimba Strict Nature Reserve)」は、ギニアとコートジボワール、そしてリベリアの3国にまたがる国立公園です。1981年にギニアで世界遺産に登録され、さらに翌年にはコートジボワールに含まれるエリアが世界遺産に登録されました。

標高1,752mのニンバ山を中心としたこのエリアは、サバンナと熱帯雨林の2つの自然環境を有しており、そんな特殊な自然環境の影響で多種多様な動植物が生息しています。2000種以上の植物と500種以上の動物の中には、ニンバ山厳正自然保護区エリアのみに生息する固有種もたくさんいますよ!

体内で卵を孵化させ出産するニシコモチヒキガエルや、通常のカバの半分ほどの大きさのコビトカバなど、他では見られない珍しい動物が目白押し。また、ニンバ山厳正自然保護区は、京都大学霊長類研究所が30年にもわたってチンパンジーの研究をしている拠点としても知られています。

この西アフリカ屈指の「自然の宝庫」は、リベリアからの難民流入や鉱山開発の影響で自然環境の維持が難しくなっており、1992年には危機遺産にも登録されました。

ニンバ山厳正自然保護区へのアクセス

「ニンバ山厳正自然保護区」は2018年現在、ほとんどの区域が立入禁止となっているため、限定されたエリアまでの観光となります。ニンバ山に最も近い村は、隣国リベリアにあるイェケパ(Yekepa)で、首都モンロビア(Monrovia)から約330Km。陸路で8時弱です。

日本からリベリアまでは直行便が運航していないので、ヨーロッパやアフリカを最低2都市以上経由する必要があります。フライトスケジュールによって異なりますが、最短時間は約24時間。ロンドンとカサブランカを経由するANAが最短ルートとなっています。

ちなみに、リベリアからではなくコートジボワールからアクセスする場合は、ニンバ山の南麓にあるイヤレ村(YEALE)が拠点となります。ギニアからアクセスするなら、ボッソウ(Bossou)を拠点にすると良いでしょう。ニンバ山からボッソウまでは約6Kmです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ギニアでおすすめの記事

ギニアのアクセスランキング