【マラウイの治安】全土で危険レベル1!強盗などへの警戒は必須

【マラウイの治安】全土で危険レベル1!強盗などへの警戒は必須

マラウイは、アフリカ大陸南部の内陸部にある大きなマラウイ湖を持つ小さな国。世界遺産は、マラウイ湖国立公園とチョンゴニの岩絵地域という岩窟絵の2つがあります。特にマラウイ湖は、湖のガラパゴス諸島とも言われている豊かな生態系をもつ湖です。この国は窃盗や強盗事件などが多いことから治安に警戒が必要で、外務省より全土が危険レベル1の十分注意と勧告されています。マラウイ旅行に備えて、治安への対策をしっかり行いましょう!

目次

【マラウイの治安】全土で危険レベル1!強盗などへの警戒は必須

目次を閉じる

1.路上強盗への対策をする

出典: neiljs

マラウイの首都リロングウェや、南部商業都市ブランタイヤなどの治安悪化が懸念されている都市部において、スリ・ひったくり・強盗などの犯罪が多発しています。また、観光地となっているマラウイ湖岸のマンゴチやムズズ、ケープマクレア(南部)などでは観光客の被害が報告されています。

人通りの少ない路上やスーパーマーケット、銀行の出入口やバス停付近などでの犯罪被害が最も多いので警戒しましょう。日中でも一人での行動は極力避けてください。

実際にリロングウェで日本人が被害にあったケースでは、銀行に行った際にあとをつけられ、人気のない場所で強盗にあったり、買い物の帰りやジョギング中に複数人に襲われ現金を取られたといったケースなどがあります。治安への警戒を怠らず、周囲に目を光らせましょう。

2.バス乗車時の強盗への対策をする

出典: Manogamos, Algunas veces Mujeres Viole

マラウイには市内をまわるミニバスや長距離バスがあって、その車内やバス停周辺は特に強盗や窃盗は頻発しているので注意してください。

車内では、混雑しているためカバンを開けられて財布などを盗まれたり、バスの窓側に座っていて窓からカバンを取られるケースがあります。バスに預ける大きな荷物がある場合は特に注意してください。財布やスマートフォンは、取り出した瞬間を狙ってひったくられるケースがよくあります。

リロングウェ市エリア1のバスターミナル周辺では、日本人が被害にあったスリ・盗難被害が1ヶ月の間に4件発生し、その手口は相手にぶつかった隙に現金をスルというものでした。マラウイの中でも治安への注意を怠ってはいけない場所の一つです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マラウイでおすすめの記事

マラウイのアクセスランキング