東南アジアの天空の城!カンボジアが誇る世界遺産プレア・ヴィヘア

画像出典:Artist1704

東南アジアの天空の城!カンボジアが誇る世界遺産プレア・ヴィヘア

カンボジアが世界に誇る世界遺産であるアンコールワットをはじめ、数々の遺跡があることで知られるカンボジア北西部。その中の一つ、世界遺産「プレア・ヴィヘア寺院」はカンボジアのお札にも印刷されている遺跡です。

世界遺産プレア・ヴィヘア寺院はタイとの国境沿いに位置し、長年所有権を巡って対立していました。1962年にカンボジア領として認められ、2008年には世界遺産に登録されます。しかしこれが引き金となり、タイとカンボジアで民間人をも巻き込んだ武力衝突が起きてしまいました。今では落ち着いていますが、悲しい歴史を持つ世界遺産でもあります。今回はその世界遺産プレア・ヴィヘア寺院を紹介しましょう。

目次

東南アジアの天空の城!カンボジアが誇る世界遺産プレア・ヴィヘア

プレア・ヴィヘア寺院とは?

出典: Chris Wang

プレア・ヴィヘア寺院とアンコールワットはどちらもカンボジアを代表する世界遺産で、さらに不思議な共通点があるんですよ。プレア・ヴィヘア寺院とアンコールワットを除くカンボジアの遺跡は、全て日が昇る方向である東を向いて建てられています。しかし何故かアンコールワットは西側、プレア・ヴィヘアについては南北に軸をとっており、2つともクメール文明が残した遺跡の中では例外的な建てられ方をしています。

プレア・ヴィヘア寺院は当初ヒンドゥー教の寺院として建てられ、ヒンドゥー教の最高神である「シヴァ神」が祀られていました。その後クメール族がヒンドゥー教から仏教へ改宗したため、仏教の寺院として使われる事になります。こういった事情もアンコールワットと共通していますね。かつてはタイから伸びる参道からの参拝が可能でしたが、今では残念ながらタイ側から入ることはできません。

プレア・ヴィヘアへのアクセス

2006年頃まではタイのウボンラーチャータニーからアクセスする事が可能でしたが、現在は封鎖されておりカンボジア側からのみアクセス可能です。シェムリアップから起点の町であるスラエム村へまずは向かいます。乗り合いバスもしくは乗り合いタクシーで行くことができます。シェムリアップからスラエム村まで約3時間ほど。スラエム村からプレア・ヴィヘア寺院まではバイクタクシーか車で行くことができます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

カンボジアでおすすめの記事

カンボジアのアクセスランキング