チェンライのおすすめ観光スポット21選!タイ最北の街を訪ねる

画像出典:Pikoso.kz/Shutterstock

チェンライのおすすめ観光スポット21選!タイ最北の街を訪ねる

GoToキャンペーンバナー

タイ国内で最北の県チェンライ。街の周囲は山に囲まれていて、現在でもアカ族やリス族、カレン族などの少数民族が住んでいます。タイの中で一番涼しい地域でもあり、常夏の国のイメージとは違い、最低気温が10℃を下回ることもあるんですよ。またかつてはミャンマー・ラオスと国境を接する「ゴールデントライアングル」を形成していた場所として知られ、アヘンの原料であるケシ栽培が盛んな地域でした。麻薬の取締まりが厳しくなった現在、すっかり観光都市に姿を変えたチェンライ。アートの街としても知られ多数の芸術家がチェンライで活動しています。今回は、そんな多岐に渡る魅力を持つチェンライの観光スポットを21ヶ所紹介していきます!ぜひ観光に役立ててくださいね。

目次

チェンライのおすすめ観光スポット21選!タイ最北の街を訪ねる

目次を閉じる

1.シンハーパーク

「シンハー」はタイ最大のビール製造会社で、日本の東南アジア料理店などでも取り扱っているほどメジャーなブランドです。シンハーパークは、そのシンハーがタイ北部チェンライで運営しているテーマパーク。今やチェンライで一番の観光名所と言っても過言ではありません。

その敷地は、1,392ヘクタールと想像もつかないほど広大。トロリーバスによる園内一周ツアーが約30分間隔で運行していて、お茶畑やパッションフルーツ・イチゴ・メロン畑の見学や、園内にいるキリンやシマウマにエサをあげることもできます。他にもジップラインやサイクリングなどのアクティビティもあり、1日中遊べる観光スポットになっています。乾季の間はタイの有名アーティストのライブも開催されているんですよ。

また小高い丘の上に建つ「プビロムレストラン」からは遠くの山々まで見晴らすことができます。タイ料理に舌鼓を打ちながら、シンハー生ビールで喉を潤す瞬間は、旅のハイライトとして思い出に残ることでしょう!

2.ワットロンクン

真っ白な建物に、美しいオブジェとグロテスクなオブジェが入り混じって配置されている奇妙な寺院がチェンライのワットロンクン。チェンライ観光の定番スポットとして多くの観光客が訪れています。この寺院はタイの仏教画家、チャルムチャイ氏がライフワークとして90年代から制作を始めたものです。見学可能ですが、実は現在も建築中。これから塔や庵など合計9つの建物を造設する予定なんですよ。

快晴であれば建物と空との対比が非常に色鮮やかで、思わずいろいろな角度から写真を撮りたくなってしまいます。夕日の時間帯もまた違った顔を見せてくれますよ。本殿手前は地獄をモチーフにしたような世界観となっていたり、本殿内は壁一面にびっしりアニメや映画のキャラクターが描かれていたりと、その世界観には圧倒されます。

チェンライ市内からのアクセスは、トゥクトゥクやバスなどの交通機関で数十分と良好。クンコン滝やシンハーパークと距離が近いので、セットで観光プランを立ててみてはどうでしょうか?

3.クンコン滝

チェンライにはいくつもの滝が存在しますが、その中でも一番の人気を誇る滝がクンコン滝です。チェンライ市内から南西へ30kmほど右へ左へ曲がりつつ、両脇に民家が並ぶ山道を登って行くとたどり着きます。

駐車場から滝までは、およそ1,400mのトレッキングコースを歩いてのぼります。滝は落差70mと豪快で、乾季でも水量は十分にありますが、水量が多い雨季はより迫力満点!ただし、道中は足元が滑りやすくなっているので、歩きやすい靴を履いていくことを忘れないようにしましょう。

チェンライでの滝観光は眺めて終わりではなく、滝つぼに入って遊ぶことができるので、水着を着て行くことをおすすめします。また、滝から流れ落ちた水はゆるやかな川となっているので、暑い時期は大勢のチェンライ在住タイ人に混ざりながら、足だけ水につかって涼を取るのも良いですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

チェンライでおすすめの記事

チェンライのアクセスランキング