南米のポンペイ!エルサルバドル世界遺産、ホヤ・デ・セレンの古代遺跡

画像出典:Mani.Rai

南米のポンペイ!エルサルバドル世界遺産、ホヤ・デ・セレンの古代遺跡

1993年にエルサルバドルではじめてユネスコの世界遺産登録に登録されたのが「ホヤ・デ・セレン古代遺跡」です。エルサルバドルのラ・リベルタで1976年に偶然工事中に発見された、古代の姿を残す遺跡です。ホヤ・デ・セレンはスペイン語でセレンの宝石。それほど価値がある遺跡として評価されている、世界遺産ホヤ・デ・セレン古代遺跡をご紹介します。

目次

南米のポンペイ!エルサルバドル世界遺産、ホヤ・デ・セレンの古代遺跡

ホヤ・デ・セレンの古代遺跡とは?

出典: daggerquill

このホヤ・デ・セレンの地域は紀元前1200年頃には小さな集落がありました。ですが、西暦200年頃にイロパンゴ山が噴火し、火山灰により辺りは荒廃。400年頃には再び人々が戻ってきて、6世紀にはセレンの村ができたと考えられています。しかし、590年頃にイロパンゴ山とは別の火山、ロマ・カルデーラ山が噴火します。火山はわずか10日間で14回も噴火。そのために、火山灰は14層にもなってセレンの村を埋めていきました。人が埋まっているのは発見されていなく、家具や食器、食べかけの食べ物などが残っていました。

低い温度の火山灰が、短時間で4mから8mの層をつくって村を丸ごと飲み込んだおかげで、遺跡の保存状態が良いのがこの世界遺産の特徴です。そのことから南米のポンペイとも呼ばれています。

ホヤ・デ・セレンの古代遺跡へのアクセス

世界ホヤ・デ・セレンの古代遺跡までの行き方は、まずはエルサルバドルの首都サンサルバドルへ。サンサルバドルからホヤ・デ・セレンの遺跡まで直行のバスが出ています。また、サンタ・アナからも直行のバス(Opico行き)があります

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

エルサルバドルでおすすめの記事

エルサルバドルのアクセスランキング