世界遺産モザンビーク島!日本ともゆかりのあるポルトガルの貿易拠点

画像出典:Stig Nygaard

世界遺産モザンビーク島!日本ともゆかりのあるポルトガルの貿易拠点

アフリカ南東沿岸部の国モザンビークには、美しいビーチや歴史ある建築物が見られる世界遺産があります。国名のもとともなっている「モザンビーク島」です。国名の由来といいながら、現在のモザンビークの首都マプトは、南北に長い国土の北側にあるモザンビーク島に対して、ほぼ南端に位置しています。そのため、モザンビーク島は世界遺産の観光名所でありながら、それほど観光客でいっぱいということはなく、ゆったり過ごせるところですよ。

ポルトガルの貿易拠点であったモザンビーク島は、戦国時代の日本ともつながりがあります。たとえば織田信長に気に入られて家臣となった黒人の「弥助」は、モザンビークの出身といわれています。また、ローマへ派遣された天正遣欧少年使節の一行は日本へ帰る途中、天候の回復待ちのためにモザンビーク島に滞在したとされています。

そんな日本とも歴史的な関係をもつ世界遺産モザンビーク島の見どころについてご紹介します。

目次

世界遺産モザンビーク島!日本ともゆかりのあるポルトガルの貿易拠点

目次を閉じる

モザンビーク島とは?

出典: Stig Nygaard

現在のモザンビーク島の基礎が築かれたのは、1498年のヴァスコ・ダ・ガマによる喜望峰ルート開拓によるものですが、それ以前にはアラブ人の交易港がありました。1507年にはポルトガルが城塞と軍港を整備し、海洋貿易の拠点となりました。イエズス会の伝道拠点ともなり、フランシスコ・ザビエルやアレッサンドロ・ヴァリニャーノといった日本で有名な宣教師たちも、モザンビーク島に滞在したといわれています。

ポルトガル領東アフリカの首都として栄えたものの、1869年にスエズ運河が開通すると急速に衰退。1898年には首都がロウレンソ・マルケス(現在のマプト)へ移り、モザンビーク島は交易都市としての重要性を失いました。そのため、モザンビーク独立後の内戦においても大きな被害を受けることなく、世界遺産の街並みと歴史的建造物を今に残しています。

モザンビーク島へのアクセス

世界遺産モザンビーク島を訪ねるには、まず西に100kmほどの都市ナンプラを目指します。ナンプラ空港へは、モザンビークの首都マプトのほか、ヨハネスブルグやナイロビ、ダルエスサラームからも便があります。また、距離的にはモザンビーク島により近いナカラ空港もありますが、こちらはマプトとの間にしか就航していません。

両空港からモザンビーク島までは車での移動となります。バスかツアーを利用することになりますが、島のホテルを予約してあるなら送迎を依頼すると良いでしょう。ナンプラからモザンビーク島までは、車でおよそ3時間です。モザンビーク島はアフリカ本土と長さ3kmほどの橋でつながっているので、車でそのまま島内に乗り入れることができます。ただし、この橋は長さのわりに車1台分が通れるほどの幅しかないので、多用はおすすめしません。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

モザンビークでおすすめの記事

モザンビークのアクセスランキング