800種ものシグリッドが泳ぐ奇跡の湖!世界遺産マラウイ湖国立公園

画像出典:SAPhotog

800種ものシグリッドが泳ぐ奇跡の湖!世界遺産マラウイ湖国立公園

目次

800種ものシグリッドが泳ぐ奇跡の湖!世界遺産マラウイ湖国立公園

目次を閉じる

世界遺産マラウイ湖国立公園とは?

出典: ja.wikipedia.org

大地溝帯にできたタンガニーカ湖とマラウイ湖は、どちらも南北に細長い淡水湖です。南北約560kmのマラウイ湖には多くの魚類が生息していることで有名ですが、特にシクリッドは800種以上が確認されています。

シクリッドは卵や稚魚が捕食されるのを防ぐため、口の中で育てる口内保育がみられるのが特徴。そんな口内保育するシクリッドに托卵するという利己的な魚がいるなど、興味深い進化がみられます。

「カンパンゴ」は、稚魚を育てるためエサとして産卵するという珍しい子育て方法を生み出したナマズ。そしてさらに、そのカンパンゴにも托卵する「サプア」というナマズもいます。このようにマラウイ湖の水中では、子孫を残そうとするさまざまな生存戦略と、進化した奇想天外な托卵など、興味深い世界が繰り広げられているのです。

国立公園・世界遺産として登録されているのは、マラウイ湖の南部「ケープ・マクリア・ネイチャー・リザーブ(Cape McClear Nature Reserve)」という自然保護区。多くの観光客はここを目指して訪れ、素晴らしい自然の風景を見ながら参加できるアクティビティなどで楽しんでいます。

世界遺産マラウイ湖国立公園へのアクセス

出典: en.wikipedia.org

日本からマラウイへの直行便はありませんので、香港や広州、ドバイ、ナイロビ、ヨハネスブルグなど2か所以上を経由して、マラウイのリロングウェ国際空港へ向かいます。

リロングウェ国際空港からマラウイ湖国立公園まで、車で約3時間ほどのドライブです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

マラウイでおすすめの記事

マラウイのアクセスランキング