小さな国カタールの世界遺産!砂漠に忽然と現れるアル=ズバラ考古遺跡

画像出典:www.istockphoto.com

小さな国カタールの世界遺産!砂漠に忽然と現れるアル=ズバラ考古遺跡

カタールは、ペルシャ湾に突き出た半島の国。首都はドーハで、半島の付け根でサウジアラビアと接しています。ペルシャ湾沿岸には、カタールのほかにもバーレーンやアラブ首長国連邦、クウェートなどの国々が点在しています。これらのいわゆる湾岸諸国のはじまりといわれているのが、カタールにあったアル=ズバラです。

アル=ズバラはかつて真珠交易で栄えた港湾都市で、市街は城壁と城砦に囲まれていました。18世紀に建設されたものの、20世紀には放棄され、現在は砂漠に埋もれた都市遺跡となっています。湾岸地域の歴史を語る重要な遺跡として、2013年にカタール初の世界遺産に登録されました。

目次

小さな国カタールの世界遺産!砂漠に忽然と現れるアル=ズバラ考古遺跡

目次を閉じる

アル=ズバラ考古遺跡とは?

出典: www.istockphoto.com

ペルシャ湾岸地域では、紀元前から天然真珠の採取が盛んでした。アル=ズバラはその交易拠点として、18世紀に築かれました。周囲を城壁といくつもの砦が取り囲んでいたとされていますが、現存するのは城砦1基のみです。

1811年に紛争によって破壊され、20世紀には人が住まなくなり放棄されました。かつてあったとされる宮殿やモスク、街路、中庭、漁師小屋などは、今も砂に埋もれています。近年では一部が掘り出されて史跡となり、当時の姿を垣間見ることができます。

アル=ズバラ考古遺跡へのアクセス

アル=ズバラ考古遺跡はカタールの北西岸にあります。首都ドーハのアル=ガニム・バスステーション(Al Ghanim Bus Station)から、アル=ズバラ要塞(Al Zubarah Fort)へ行くバスが1日3往復出ています。

アル=ズバラ要塞からアル=ズバラの都市遺跡までは、さらに1.5kmほどの道のりを歩かなければなりません。バスの本数も少ないので、帰りの時間配分には十分注意しましょう。

ドーハに到着してからは公共交通機関であるバスを使っていくことができます。Al Zubarah Fortというバス停で降りれば目の前にアル・ズバラ考古遺跡があります。バスは行きかえりとも1日3本運行されています。(2016年現在)
ドーハのバス停が分からない場合は停留所近くにInformation Centerがあるので聞いてみて下さい。

ドーハのハマド国際空港には日本の成田や羽田から直行便が出ているので、比較的訪れやすい世界遺産といえるでしょう。

アル=ズバラ考古遺跡のおすすめポイント①:アル=ズバラ要塞

出典: www.istockphoto.com

広大な砂漠のなかにいきなり姿を現すアル=ズバラ要塞。堀も塀もなく、方形の建物だけがどんと立っています。

アル=ズバラの街を守るための城砦ですが、それにしては都市の規模に比べてややこぢんまりとしている感が否めません。というのも、当時はこの要塞1つで守っていたわけではなく、同様の城砦がいくつも都市の周辺に築かれ、相互に補完し合っていました。

今では世界遺産アル=ズバラ考古遺跡のなかで唯一の現存建造物ということで、観光客がまず目指すスポットとなっています。世界遺産登録に先立って修復工事が行われ、近くには資料館も建設されました。要塞は内部も至ってシンプル。四角形の回廊にパネルが設置されているほかは、籠城に不可欠な井戸遺構が見どころです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

カタールでおすすめの記事

カタールのアクセスランキング