巡礼地として栄えていたエジプトの世界遺産アブ・メナを紹介!

画像出典:Institute for the Study of the Ancient World

巡礼地として栄えていたエジプトの世界遺産アブ・メナを紹介!

1979年世界文化遺産として登録された「アブ・メナ」は、エジプト北部アレクサンドリアの南西45kmにある古代都市の遺跡。原始キリスト教の一宗派・コプト教の聖地で、エジプト最古の宗教都市でもあります。かつて多くの巡礼者が集まり、6ー7世紀にはエルサレムと並ぶ有名な巡礼地でした。その後イスラム教徒の侵入を受け、町は破壊されてしまいます。砂漠の中に埋もれてしまいましたが、20世紀初めに発掘されたものもありました。今回は世界遺産のアブ・メナについて紹介していきます。

目次

巡礼地として栄えていたエジプトの世界遺産アブ・メナを紹介!

「アブ・メナ」とは?

出典: Institute for the Study of the Ancient World

アブ・メナの起源は3世紀の終わり頃。キリスト教弾圧で殉教したアレクサンドリアのメナスの亡骸をラクダで運ばせたところ、途中でラクダが足を止めました。押せども引けどもそれ以上歩こうとしなかったため、これは神意であると解釈され彼の遺体はその場に埋葬。しばらくして葬された場所は、人間の難病も治癒するという奇跡がいくつも起こり、その奇跡を求めるキリスト教徒にとって重要な巡礼地となりました。

やがて世界各地から礼拝に訪れる巡礼者がアブ・メナに多く訪れ、あっという間に大都市に変貌。教会や洗礼堂だけではなく、巡礼者の宿泊施設や浴場、住居地なども建設されました。上部構造はほとんど残ってないですが、柱廊形式の大建築物の土台は今でもはっきりと識別することが可能です。共同浴場の跡や壁、柱の根元など言われてみればそれと分かるような遺跡が広範囲に広がっています。

「アブ・メナ」へのアクセス

一般的なアレクサンドリアへのルートは2通りです。カタールのドーハを経由するか、トルコのイスタンブールを経由するかのどちらかになります。成田からカイロまで直行便が運航していますが本数が少ないです。

アレキサンドリアの街からアブ・メナへは車で約2時間。公共交通とも言えるセルビス(ミニバス)かタクシーを利用することになります。英語が全く通じず、アブ・メナへの観光客がそれほど多くないことから、あらかじめガイドツアーなどを手配しておくといいでしょう。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

エジプトでおすすめの記事

エジプトのアクセスランキング