映画のロケ地にロッククライマー憧れの地!ワディ・ラム保護地域

画像出典:translucent-yy

映画のロケ地にロッククライマー憧れの地!ワディ・ラム保護地域

ヨルダンの有名な世界遺産「ぺトラ遺跡」から車で2時間走らせたところに素晴らしい世界遺産があります。74000ヘクタールにも及ぶワディ・ラムは、赤茶色の砂漠と奇岩が織りなす壮大な景色が広がる世界。文化と自然の両方の価値が評価され、2011年に「ワディ・ラム保護地域」の名称で複合遺産として世界遺産に登録されました。そんな「ワディ・ラム保護地域」にはどのような魅力があるのでしょうか。

目次

映画のロケ地にロッククライマー憧れの地!ワディ・ラム保護地域

ワディ・ラム保護地域とは?

出典: benedek

ヨルダン最大のワディ(枯れた川)にあるラム村周辺には、先史時代から人々が暮らしていた形跡が多く残されています。岩壁からは約2万5千の彫刻、約2万の碑文が見つかりました。現在は先住民のベドゥイン人が暮らしているワディ・ラムの一帯には赤茶色の砂漠やごつごつした岩山、自然が作り出した奇岩や切り立った岩壁など人工物が一切ない世界がどこまでも広がります。

また、ロッククライミングにうってつけの岩山が多いことから、最近ではロッククライマーの憧れの地として人気が出ているそうです。さらに映画のロケ地としてよく使われていたり、キャンプも楽しめるスポットもあります。ヨルダンで一番楽しいスポットだったという声も上がるほどの人気の世界遺産、ワディ・ラムに一度訪れてみてはいかがでしょうか?

ワディ・ラム保護地域へのアクセス

「ワディ・ラム保護地域」にアクセスするには、ヨルダンの首都かつ最大都市のアンマンから砂漠ハイウェイを南下するか、景色の美しいキングスハイウェイを利用します。所要時間は砂漠ハイウェイ利用で約4時間。キングスハイウェイ利用で6時間です。アカバからは約1時間。ぺトラからは約2時間で到着します。アカバおよびペトラからは1日に数回ミニバスが運行しているので利用してみるのもいいでしょう。

また、ワディ・ラムは現地ツアーを利用する方が多いです。ビジターセンターで申し込む各種ツアーが訪れるのはワディラム保護区内。つまり世界遺産に登録されているエリアです。ビジターセンターの周りで客引きをしている人たちのツアーは、保護区外を見る可能性が高いので気を付けてください。アカバやぺトラの旅行会社で申し込みをする場合も同じです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ヨルダンでおすすめの記事

ヨルダンのアクセスランキング