土の文化を継承するオアシス都市!ニジェールの世界遺産アガデス歴史地区

画像出典:Russell Scott

土の文化を継承するオアシス都市!ニジェールの世界遺産アガデス歴史地区

ニジェールはアフリカ北部の内陸国。国土の3分の2がサハラ砂漠に属していて、今も砂漠の拡大が喫緊の問題となっています。世界遺産に登録されているアガデスは、ニジェール北部で最大の都市。サハラ交易を生業としてきた遊牧民トゥアレグの1つアイル人が建設しました。今でもアガデスでは、ニジェール北東部のビルマの塩田から塩を運ぶトゥアレグの隊商を目にすることができるんですよ。

現在のアガデスは、ウランの輸送中継や観光業が主要産業。ほかにも銀細工や皮製品、そしてラクダの取引などでも知られています。世界遺産のアガデス旧市街には、古い宮殿やモスクがいくつか残っていて、歴史あるオアシス都市の街並みにが残っています。それでは、サハラ交易の拠点として栄えた世界遺産のガデス歴史地区の見どころについてご紹介しましょう。

目次

土の文化を継承するオアシス都市!ニジェールの世界遺産アガデス歴史地区

目次を閉じる

アガデス歴史地区とは?

出典: クール 村岡 / PIXTA(ピクスタ)

アガデスはニジェールの北部、サハラ砂漠の南端にある都市で、サハラへの玄関口として知られています。14世紀までには、トゥアレグによって街が建設されていたと考えられています。16世紀初頭にソンガイ帝国によって占領され、その下でモスクや宮殿を備えた都市として発展します。

しかし、16世紀末にサアド朝モロッコによってソンガイ帝国は滅ぼされ、アガデスも大きなダメージを受けました。17世紀にサアド朝が衰退すると、アガデスはオスマン・トルコとの隊商交易のゴール地点となり、1900年ごろにフランスがニジェール一帯を占領するまで、その地位を保持していました。

アガデス歴史地区は複雑な形状の11区画で構成されていて、歴史的建造物のほとんどが土で造られています。古くからの土着文化や伝統工芸が今日まで受け継がれ、類まれな土の建造物を見ることができます。2013年、アガデス歴史地区はニジェールで3番目の世界遺産に登録されました。

アガデス歴史地区へのアクセス

アガデスのマノ・ダヤク国際空港へは、ニジェールの首都ニアメーから飛行機が出ています。ただし、毎日便があるわけではないので注意してください。空港から世界遺産の歴史地区までは、徒歩でも行ける距離です。

ニアメーのディオリ・アマニ国際空港への日本からの直行便はないので、イスタンブールやアジスアベバなどを経由して行くことになります。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ニジェールでおすすめの記事

ニジェールのアクセスランキング