沖縄の自然や文化を満喫できる!おすすめの穴場観光スポット15選

画像出典:hiro.kamiya / PIXTA(ピクスタ)

沖縄の自然や文化を満喫できる!おすすめの穴場観光スポット15選

沖縄には様々な観光スポットがあり、特にビーチは観光の定番。でも、定番だからこそ人が多くてゆっくり観光できないという事もあるかもしれません。沖縄の魅力は海だけではなく、様々なロケーションを楽しむ事ができるところ。また、沖縄の独特の伝統文化や歴史にも触れてみれば、もっと沖縄を好きになるでしょう。今回はお金をあまりかけずに、沖縄の大自然や文化を満喫できるおすすめ穴場スポットをご紹介します。

目次

沖縄の自然や文化を満喫できる!おすすめの穴場観光スポット15選

目次を閉じる

1. 水納島

出典: Katsuya Noguchi / PIXTA(ピクスタ)

沖縄にはたくさんの離島がありますが、本島沖から約1.5km先に水納島があります。水納島はサンゴ礁の海に囲まれている離島で、島の地形がクロワッサンに似ている事からクロワッサンアイランドとも呼ばれている島。本島から高速船で約15分と数ある離島のなかでもとても近い島なので、日帰りで海水浴などを楽しむ事ができます。

水納ビーチではビーチパラソルやビーチチェアなどのレンタルショップがあります。なので、水着を持って行くだけで気軽に海水浴を楽しむ事ができるでしょう。透明度が高い海なので、海の中を覗くと色鮮やかで美しい熱帯魚を観察する事も可能。シュノーケルセットやライフジャケットのレンタルもあるので、綺麗な海でダイビングなどのマリンスポーツも楽しめますよ。

そして、島内の港桟橋から続く道を歩いていくと、いくつかパーラーがあり、そこでランチをする事も可能となっており、沖縄定番料理の沖縄そばやタコライス、ジュースやアルコール類などを注文する事ができ、パーラー前にはテーブル席があるので、海水浴で少しお腹がすいた時にも便利です。水納島の周囲は約4.5kmと小さな島なので、約1時間程で島を周る事ができます。海水浴だけではなく、綺麗は砂浜や海を眺めながらのんびり島散策も良いでしょう。

2. 古宇利島

出典: まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

古宇利島北部の「ティーヌ浜」沖には、CMで注目されるようになった「ハートロック」と呼ばれる大きな岩があります。ハートロックは、数千年もの歳月をかけて波がハートのような形に削った岩で、将来はもっとキレイなハート型に近付くのではないか、と言われています。

ティーヌ浜の東には、トケイ浜(渡海浜)というビーチがあります。このビーチには自然の力できれいな円形の穴があいた不思議な岩「ポットホール」があるので、干潮時をねらってぜひ行ってみてください。トケイ浜は、訪れる人が少ない穴場ビーチなので、静かに過ごしたい人にはおすすめ。さらに、古宇利島には古宇利オーシャンタワーがあり、そこでは高い位置から古宇利島の絶景を一望できますよ。

古宇利島の特産品が使われた料理が食べられるレストランもあるので、島めぐりの後は海を眺めながらのランチも贅沢。古宇利島にはハートのお菓子やハートの貝など、ハートにちなんだアイテムもたくさん販売されています。カップルで沖縄に訪れるのなら、古宇利島は特におすすめしたい穴場観光スポットです。

3. 塩川(スガー)

出典: Kow / PIXTA(ピクスタ)

沖縄には天然記念物に指定されている自然が多いのですが、国道449号線沿いにある長さ約300mと短い「塩川」という小川もその一つです。沖縄の方言で「スガー」と呼ばれる塩川は、塩分を含む湧水が水源となっている世界でも2つしかないとても珍しいなのです。塩川は美ら海水族館へ向かう海沿いの国道でさらに信号もない区間なので見落とされがちですが、注意深く進んでいくと「天然記念物・塩川」と書かれた看板を発見する事ができます。そして、入口付近には無料の駐車スペースがあるので、そこに車を駐車して川の方へ行く事が可能です。

塩川は石灰岩の割れ目から湧きだし、水を舐めてみる純粋な海水ではなく、淡水と混ざった感じのしょっぱさ。また、なぜ塩分を含んだ湧水が出てくるのかははっきりと解明されておりませんが、岩塩による塩分ではないかと言われています。そして、川であるのに塩分を含むためか藻類が生息しており、他にも日本でしか生息が確認されていない紅藻類のシオカワモッカという生物も生息しています。小さな川ですが、魚や地下水に生息する甲殻類など貴重な生物の棲み家でもあるのです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の沖縄行き格安航空券

沖縄でおすすめの記事

沖縄のアクセスランキング