ペルー世界遺産、謎だらけのナスカとパルパの地上絵を見に行こう!

画像出典:クレジット:Lindrik

ペルー世界遺産、謎だらけのナスカとパルパの地上絵を見に行こう!

ぺルーの首都リマから南へ400km、アンデス山脈と太平洋に挟まれた砂漠地帯に刻まれた巨大な地上絵。一度は自分の目で見てみたい!と世界中から多くの観光客がやってきます。紀元前200年から紀元後800年のナスカ文化時代に描かれたと言われる地上絵を見た人は誰しも、「いつ、誰が?一体何の為に?どうやって描いたの?」と頭の中が疑問符だらけになるでしょう。

2007年には万里の長城やタージ・マハル、マチュ・ピチュなどとともに「新・世界七不思議」にも選ばれています。また1994年に「ナスカとフマナ平原の地上絵」の名称で世界遺産登録されましたが、2016年に「ナスカとパルパの地上絵」と名称変更をされています。

目次

ペルー世界遺産、謎だらけのナスカとパルパの地上絵を見に行こう!

ナスカとパルパの地上絵とは?

出典: Patrick Nouhailler

1939年6月22日、ペルー海岸地方の古代灌漑施設を研究していたアメリカ人の考古学者ポール・コソックはナスカ川とインへニオ川の間にあるナスカ台地を飛行機から眺めて驚きの声をあげます。

そこには、数々の地上絵が広がっていたのです。現在確認されているだけで、人間や動植物の絵は70以上、幾何学模様は700以上、単なる直線は、数千です。驚くのはそのサイズで、例えばハチドリは96m、最も大きな鳥の絵は285mにも及びます。

描かれているデザインが、ナスカ文化の土器に描かれた文様と酷似している事から、ナスカ文化時代に描かれたと考えられています。表面の礫岩を取り除き、下にある白っぽい砂の層を露出させるという手法だったことが分かっています。

線の幅は30cmから60cmですが、年間降水量が10ミリ以下という乾燥地帯だからこそ、礫岩を畝にしただけの線が2000年以上も残っているのです。では誰が?何の為に?その謎こそがナスカの地上絵の魅力と言えるのかも知れませんね。

ナスカとパルパの地上絵へのアクセス

ペルーへの直行便はないので、アメリカがメキシコ経由でリマへ入るのが一般的。リマからナスカへはバスで7時間、イカまでは5時間です。地上絵へのフライトはナスカかイカという街が基点となっています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ペルーでおすすめの記事

ペルーのアクセスランキング