千年の歴史を刻む修道院!世界遺産パンノンハルマのベネディクト会修道院

画像出典:Mark Borbely/shutterstock

千年の歴史を刻む修道院!世界遺産パンノンハルマのベネディクト会修道院

ハンガリーの首都ブダペストから西に、150km程の所にある町パンノンハルマ。人口わずか4000人ほどのパンノンハルマ市の丘に聳えるのがパンノンハルマの大修道院です。創設から1000周年にあたる1996年、周囲に広がる豊かな森とともに「パンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境」の名称で世界遺産に登録されました。

ハンガリー初代国王イシュトヴァーンの父ゲーザ公が、ベネディクト派の修道士を呼び寄せて修道院を設立したのは996年のこと。アジア系の騎馬民族を祖先に持つハンガリー人がキリスト教徒になる事で、ゲーザ公の息子はローマ教皇から、イシュトヴァーン一世の称号を授かり、ハンガリー王国が建国されました。そんな長い歴史をもつハンガリーの世界遺産をご紹介します。

目次

千年の歴史を刻む修道院!世界遺産パンノンハルマのベネディクト会修道院

パンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境とは?

出典: hbpro/shutterstock

ハンガリー建国前から存在し、オスマン帝国の侵攻や第二次世界大戦、その後の共産主義政権など激動の時代を、ハンガリー王国と共にくぐり抜けて来たのがパンノンハルマの大修道院です。ロマネスク様式で建てられた修道院は12世紀に焼失し、13世紀にゴシック様式で再建。その後何世紀にも渡り増改築が繰り返されてきました。

現在も約40名の修道士が共同生活を送る現役の修道院なので、日曜日の午前中は礼拝の為に見学はできません。修道院内は自由に見学できますが、より詳しく知りたい方には、専門ガイドツアーがあります。事前にオフィシャルサイトか、当日ビジターセンターで申し込みが必要です。英語はちょっと、という方には、日本語のオーディオガイドの貸し出しがありますよ。とても分かりやすい説明なので、ぜひ聞きながら周ってみてくださいね。

パンノンハルマの千年の歴史をもつベネディクト会大修道院とその自然環境へのアクセス

ブダペスト東駅からジュールまで鉄道で約1時間20分で到着します。ジュール駅からは、バスでパンノンハルマの大修道院まで約45分。ただし、バスの便は少なく、修道院正門まで行くバスはわずかなので要注意です。パンノンハルマの街中心からは、坂道を20分ほど歩いて登っていく事もできます。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ハンガリーでおすすめの記事

ハンガリーのアクセスランキング