シェムリアップの観光はここ!遺跡と歴史が残るおすすめスポットを紹介!

画像出典:f9photos / PIXTA(ピクスタ)

シェムリアップの観光はここ!遺跡と歴史が残るおすすめスポットを紹介!

近年カンボジアの観光地として注目が集められている「シェムリアップ」。クメール文化の最盛期の遺跡が多数現存している街として、多くの観光客が訪れています。

世界遺産にもなっているアンコールワット遺跡があることもあり観光の街として栄えているシェムリアップですが、やはり見どころはカンボジアを代表する貴重な遺跡群、そしてそんな栄華を誇った文明の痕跡すらも取り込んでしまうほどの広大な自然でしょう。

たくさんの観光客を惹きつける魅力あふれる街、シェムリアップの観光におすすめのスポットを紹介させていただきます。そこにはきっとまだ見たことのない、あなたの知的好奇心を刺激する新しい世界が広がっていますよ!

目次

シェムリアップの観光はここ!遺跡と歴史が残るおすすめスポットを紹介!

目次を閉じる

1.プノン・バケン

出典: Maxim B./flickr

シェムリアップにあるプノン・バケンは、カンボジアに観光に行くなら必ず見ておきたいアンコール遺跡の一つとして知られています。このプノン・バケン、標高65mのプノン・バケン山の上に建てられた歴史あるヒンドゥー教の寺院で、寺院の高さは約47mもあるのです。また主祠堂は確認されているアンコール遺跡の中で最も高い位置に建てられているんです。

標高がある場所に築かれているだけに、そこからの眺めはまさに絶景!多くの観光客がその素晴らしい眺望を一目見ようと観光に訪れているんです。360度の大パノラマで味わうシェムリアップの景色は、ぜひその目で体験してほしいですね。

そんな景色が夕暮れ時にはさらに美しさが倍増。太古の遺跡と自然が広がる景色の向こうに真っ赤な夕日が沈んでいく様子は、この世のものとは思えない程の光景で、絶対に見ておきたいシェムリアップの観光の目玉と言えます。ぜひご堪能ください。

2.ベンメリア宮殿

出典: The Children of The Earth/flickr

シェムリアップの観光へ来たのなら、押さえておきたいのがベンメリア宮殿です。シェムリアップにある最も有名な遺跡アンコールワットと似ている部分が多く、東のアンコールとも呼ばれているベンメリア宮殿。歴史的価値の高い遺跡としても知られています。

しかし遺跡が発見された後も約30年に渡る内乱が続き、内乱が終わった現在もほとんど修復されていない状態です。森の中にひっそりと眠っているようなベンメリア宮殿。崩れてしまっている部分の多くは遺跡の地中から生えてくる植物によって、文字通り自然に崩壊したものといわれています。自然そのままの姿で残っている姿はリアリティがあり、綺麗に整備されているアンコールなどと比べ、より時の流れを感じさせてくれます。

シェムリアップ観光の中でも見ごたえがある観光スポット、「ベンメリア宮殿」をぜひ訪れてみてくださいね。

3.トンレサップ湖

出典: vietnamtour2008/flickr

東南アジア最大の湖と言われており、その広大さは琵琶湖の約10倍というトンレサップ湖。シェムリアップに観光へ来たなら訪れておきたい名観光スポットです。カンボジア・シェムリアップの生活には切っても切れない存在といえるこの湖には多くの魚たちが生息しており、シェムリアップのみならずカンボジアの食卓を支えています。

そして約100万人の方たちがこちらの湖で水上生活をしているのです。湖に家々が立ち並ぶ光景は見ごたえがあり、観光にピッタリ。自然が広がる湖とそこに住まう人々の様子は、カンボジアの伝統文化を知る絶好のチャンスです。ぜひ現地の文化を知りたい方は観光に訪れてみてください。またこちらのトンレサップ湖は夕日が美しいことでも有名です。湖とそこに暮らす人々の家と沈みゆく夕日の美しいコントラストをお見逃しなく。

4.バイヨン寺院

出典: Aditya Karnad/flickr

シェムリアップにある城壁に囲まれたアンコール・トム遺跡の中心にあるのが、こちらのバイヨン寺院です。その荘厳さと美しさはシェムリアップの観光には欠かせないおすすめスポットでしょう。その佇まいはもちろんのこと壁画や仏像も見ておくべきポイント。当時の人々の生活の様子や戦争の様子を描いた壁画は歴史的にも実に見ごたえがあります。当時の姿を感じることができる貴重な観光スポットとなっています。

そして、こちらのシェムリアップにあるバイヨン寺院で一番有名なのは、クメールの微笑とも呼ばれる観世音菩薩でしょう。塔の四面に彫られているこちらの仏像はバイヨンの四面像として知られ、光の当たり具合や劣化具合などで四面それぞれの表情が違って見えます。四面それぞれの表情の違いを見比べてみるのも面白いですよ。 シェムリアップを訪れるのならバイヨン寺院で太古の人々の営みを感じてみてくださいね。

5.バプーオン寺院

出典: Tushar Dayal

シェムリアップの観光スポットの中でも美しい景色を見ることができるのが、バプーオン寺院。こちらの寺院はシェムリアップのアンコール・トム遺跡にあるバイヨン寺院の北西にあります。東塔門からバプーオン寺院までの参道は空中参道と呼ばれ、地上と天界をつなぐ虹の架け橋という意味を持っています。横から見るとまさに橋が空中に浮かんでいるように感じられる不思議なスポットで、ぜひ観光に来れば見ておきたい場所です。

そしてこちらの寺院のピラミッドの上からの景色は美しいの一言!歴史ある遺跡と自然の大パノラマが広がっていますよ。少々階段が急ではありますが、そのきつさも忘れるほどの景色を堪能できるシェムリアップのおすすめ観光スポットとなっています。アンコールやバイヨン寺院は観光客が多く混雑していますが、こちらの寺院は観光地化されすぎていないためそれほど混雑していないのもうれしいポイントですね。

6.地雷博物館

出典: Joshua Eckert/flickr

シェムリアップにあるカンボジアの苦い歴史が感じられる観光スポット「地雷博物館」。戦争から生まれた地雷の怖さを伝え、その被害は戦争が終わってもなおも未だに続いていることを教えてくれる、考えさせられる観光スポットとなっています。カンボジアでは現在もかなりの数の地雷が撤去されずにあり、多くの方が現在も犠牲となっています。そんなシェムリアップのみならず、カンボジアにある地雷問題の現状を伝えてくれるのがこちらのスポットです。

地雷撤去のボランティアをしているアキ・ラ氏が館長を務め、彼もまた内戦時代に地雷を埋めた経験があるのだとか。しかし、その経験を踏まえ、現在は地雷撤去活動を行い、繰り返される悲劇を伝えるためにこちらの博物館を経営し、撤去した地雷や手りゅう弾を展示しています。そのリアリティは戦争の愚かさと同時に平和の尊さを私たちに教えてくれます。シェムリアップに観光へ訪れれば、歴史とリアルを知れるこちらのスポットへ一度訪れてはどうでしょうか?

7.アンコール国立博物館

出典: e_chaya/flickr

シェムリアップ市内にある、アンコール王朝の歴史や文化を知れる博物館がアンコール国立博物館です。館内は年代やテーマによって8つのギャラリーに分かれており、さまざまな文化的・歴史的価値の高い品が展示されているのがおすすめポイントです。アンコール遺跡から出土した彫刻やレリーフなども展示されており、間近でそれら貴重な品々を鑑賞することができ、古代から現代に至るカンボジアの歴史と文化までも知ることができる、シェムリアップのお得な観光スポットとなっています。

保管している美術品の数は5000を越え、実際鑑賞できるのはその内の一部にすぎませんが、充分にその質の高さがうかがえます。中でも1000体の仏像が展示されているギャラリーは実に見ごたえがあり観光に訪れれば見ておきたい一つでしょう。有料で日本語のイヤホンガイドがあるので、観光する際には利用することをおすすめします。かつて繁栄を極めたアンコール王朝、シェムリアップ観光にきたのなら研究者気分でアンコール国立博物館を楽しんでみてはどうでしょうか。

8.象のテラス

出典: Lin Mei/flickr

象のテラスはシェムリアップにあるアンコール・トム遺跡の一部。その珍しい光景が徐々に評判になり、観光客が集まって次第に観光地化されていきました。

他では見られない珍しい光景というのはその名の通り象のレリーフの数。階段・側面・柱など多くの場所で象の姿を見ることができ、その表情もどこかそれぞれ違うように見えます。全長は約300mという広大な象のテラス、多くの観光客が訪れているシェムリアップの隠れたおすすめスポットです。

古代、巨大な象は権力や力の象徴だったと思われ、王の謁見や式典が行われていた重要なスポットだったようです。そんな象のテラスの歴史や宗教的な背景をより深く知りながらこの観光スポットを見て巡りたいという方には、ガイド付きで観光することをオススメします。

9.オールドマーケット

出典: ePi.Longo/flickr

シェムリアップに来たのなら、絶対はずさないで観光にいってほしいスポット「オールドマーケット」。もともとはシェムリアップの地元の方のマーケットという感じでしたが、現在ではかなり観光地化しており多くの観光客が足を運んでいます。

魚や肉や野菜といった生鮮食品が並ぶスポットや、衣服や貴金属など多くの商品がこれ以上ないほどひしめき合っている場所など、見どころいっぱいのマーケットとなっています。カンボジア・シェムリアップの現地の方の暮らしぶりが肌で感じられるオススメの観光スポットなのです。

観光ツアーのコースにもなっており、当然お土産ものを扱う店も多く立ち並んでいます。日本ではなかなか体験できない値切り交渉ができるスポットですので、ぜひ店員さんとの駆け引きを楽しんで、お得にお土産などをゲットしてみてくださいね!

10.タ・プローム

出典: Damien @ Flickr/flickr

シェムリアップのアンコール遺跡にある、自然と遺跡が絡まりあった威厳ある観光スポット「タ・プローム」。広大なラテライトの壁に囲われたなかに建ち、何と言っても見どころは遺跡を侵食せんとするスポアンの樹です。ガジュマルの一種であるスポアンの巨大な根が遺跡と絡み合い、今まさに遺跡を食い尽くさんとしている姿には、自然の強さと壮大さを感じることができます。普段なかなかお目にかかれない人と自然が長い時間を掛けて作り出した芸術作品、ぜひ見ておきたいシェムリアップの観光スポットです。

シェムリアップの遺跡であるタ・プローム、ハリウッド映画「トゥームレイダー」の撮影が行われた場所としても知られています。「トゥームレイダー」の世界観を感じることができるおすすめスポットとなっているので、作品を見た方はぜひ観光して欲しい場所になっています。映画と同じアングルで女優・俳優気分で撮影するのも楽しそうですね。

11.戦争博物館

出典: Guerretto/flickr

シェムリアップにある戦争の悲劇を伝え、二度と起きることがないことを願う博物館「戦争博物館」。野外博物館として、戦争にゆかりのある品々が多数展示されています。インドシナ戦争や内戦で実際に使用した戦車や爆弾、武器や兵器を見ることができ、戦争の辛さを感じることができるシェムリアップの観光スポットとなっています。周りは自然に囲まれ、木々の葉音を聞く中で見る鉄の塊は、何か訴えかけてきているように感じます。武器や資料の写真など内戦、戦争の痛ましさや悲しさを知るには、この観光スポットは十分な力があります。

さらに、こちらの博物館は実際に触れることができます。当時、使われていた武器に触れる機会などめったにありませんので、この機会にその戦争の重みに触れてみるのも良い経験になりそうです。

シェムリアップに訪れた際はカンボジアが背負った悲しい歴史を感じに、こちらへ観光に訪れてみてはいかがでしょうか?

12.アンコールワット

出典: Jerry Luo/flickr

カンボジアに観光に来て、ここに訪れないという選択肢はないと言っても過言ではないでしょう。それがシェムリアップのアンコールワットです。ここアンコールワットは世界遺産にも登録され、世界的にも認められた美しさと歴史と文化を兼ね備えた観光の鉄板スポットとなっています。

カンボジア・シェムリアップで訪れたいこちらのスポット、より美しく見たいなら早朝訪れることをおすすめします。シェムリアップのアンコールワットは美しい朝日が拝めることでも有名です。朝日が昇る姿を背景に見るアンコールワットは荘厳な美しさを放っています。一度、その目に焼き付けに早朝観光に訪れることをおすすめします。

また、アンコールワットでは、服装にも気をつけてください。場所によっては、肌を多く露出している服装では、入場を断られる可能性がありますので、注意して観光に訪れてください。

◎まとめ

カンボジアの古都、シェムリアップには訪れたくなるような観光スポットがたくさんあることが分かっていただけたと思います。アンコールワットをはじめとした多くの遺跡がながい歴史を感じさせ、また自然と融合した姿をしていて、その美しさは普通の人工物では成し得ない凄みを持って迫ってきます。そして重い石造りの遺跡をものともせずに茂る植物たちの姿は、戦争や内戦で傷つきながらも力強く立ち上がったカンボジアの人々の姿とも重なり心を動かされます。

カンボジアの奥深さを感じられるシェムリアップに、ぜひその素晴らしい光景と歴史を心に刻みに観光に訪れてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

シェムリアップでおすすめの記事

    シェムリアップの記事はまだありません。

シェムリアップのアクセスランキング