「森の墓地」という名の世界遺産!スウェーデンのスクーグシュルコゴーデン

画像出典:Ricardo Ramírez Gisbert

「森の墓地」という名の世界遺産!スウェーデンのスクーグシュルコゴーデン

スウェーデンのストックホルム南部にある「スコーグスシュルコゴーデン」は、森の墓地の世界遺産です。日本の墓地とは雰囲気が違い、一歩足を踏み入れるとここが墓地であることを忘れてしまいます。世界遺産には、ピラミッドやタージマハルをはじめ、古代の古墳など多くのお墓が登録されていますが、スクーグシュルコゴーデンは他とは異なる近代建築の共同墓地。

駅をでて菩提樹の並木道沿いを歩いていけば、すぐそこがお墓という便利さも魅力的な世界遺産です。今回は、スウェーデンの世界遺産「スクーグシュルコゴーデン」をご紹介します。

目次

「森の墓地」という名の世界遺産!スウェーデンのスクーグシュルコゴーデン

スコーグスシュルコゴーデンとは?

出典: Leif Bergkvist

スウェーデンの首都ストックホルムでは、かねてから墓不足が問題になっていました。1915年に新墓地建設のために行われた国際コンペで、スウェーデンの建築家、エリック・グンナル・アスプルンドとパートナーのシーグド・レーベンツ設計案が選出されます。この設計により、砂利採石場跡地とその周辺は森林へと造り替えられました。これが美しい近代墓地の世界遺産「スクーグシュルコゴーデン」です。

コンペの時に彼らが設計したのは、立体的な形の礼拝堂や森の火葬場、周囲の森林とバランスよく造られた墓地でした。景観デザインの価値と建築様式の素晴らしさが評価され、1994年に「スクーグシュルコゴーデン」として世界遺産に登録。この「スクーグシュルコゴーデン=森の墓」との意味を持ち、広大な森の中に10万基以上のお墓が建てられています。現在も使われている近代的な共同墓地が、世界遺産に登録されるって珍しいことです。素晴らしい近代墓地の「スクーグシュルコゴーデン」の魅力を体感してください。

スクーグシュルコゴーデンへのアクセス

出典: commons.wikimedia.org

世界遺産のスクーグシュルコゴーデンへのアクセス方法をご紹介します。日本からスウェーデンへの直行便がないので、ヨーロッパで乗り換えが必要です。乗り継ぎ時間にもよりますが、ストックホルムまでは約12~15時間が目安。フィンランド航空は、成田空港や中部国際空港、関西空港発があります。日本からヘルシンキまでは約10時間、ヘルシンキからストックホルムまで1時間ほど。

ストックホルム中央駅から地下鉄で南に約14分で「Skogskyrkogården」駅に着きます。そこから徒歩ですぐなので、アクセスが良くわかりやすいですよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

スウェーデンでおすすめの記事

スウェーデンのアクセスランキング