世界三大貴腐ワインの郷!「トカイのワイン産地の歴史的文化的景観」

画像出典:www.istockphoto.com

世界三大貴腐ワインの郷!「トカイのワイン産地の歴史的文化的景観」

ハンガリーのトカイワインは、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、フランスはボルドーのソーテルヌと並び、世界三大貴腐ワインの1つです。トカイワインはそもそも貴腐ワイン発祥の地とされています。

世界遺産となっているトカイのワイン産地はハンガリー北東部に位置し、スロバキアとウクライナに隣接します。ワイン造りには800年の歴史があり、その製法の伝統や丘陵地帯に広がるブドウ畑、岩盤をくり抜いて造った巨大な地下貯蔵庫などに文化的価値があるとみなされ、2002年に世界遺産に登録ました。

目次

世界三大貴腐ワインの郷!「トカイのワイン産地の歴史的文化的景観」

「トカイのワイン産地の歴史的文化的景観」とは?

出典: www.istockphoto.com

貴腐ワインとは、収穫前のブドウに貴腐菌というカビを繁殖させることでつくられます。この菌が感染すると、果実内の水分が奪われ、果肉の糖度が高まります。同時に菌の代謝によって独特の芳香が付加されるのです。一般に、食前食後用の甘みの強いワインをデザートワインと呼びますが、貴腐ワインはそれらの甘口ワインのなかでも最高級の部類です。

トカイのワイン生産自体は12世紀から行われていたといわれていますが、貴腐ワインが「発見」されたのは17世紀半ばごろのこと。当時オスマン帝国が侵攻してきたためにブドウの収穫が遅れ、実が熟れ過ぎてそこにカビが付いてしまいました。実はレーズンのように萎んでしまいましたが、捨ててしまうと一年の苦労が台無しです。そこでとにかくそのブドウでワインを造ってみたところ、できあがったワインは蜂蜜のように甘く芳醇で、村中の人々は驚愕しました。こうしてトカイのデザートワインが生まれたのです。

このおとぎ話のような物語は他の国にも広がり、食通で有名なフランスのルイ14世ら貴族に愛されはじめたのです。トカイ・ワイン産地のブドウ農家はこれを機会に独自で改良に改良を重ね、巨大な地下貯蔵庫などを作って品質管理にも重点を置くようになりました。そしてついに、世界中に輸出されるような高級デザートワインに仕上げたのです

トカイ自体は、人口4300人ほどの小さな村。今回世界遺産に登録されたのはトカイ周辺でワインを生産している27の村。面積にすると881平方キロメートルで、日本の佐渡島より少し広い程度です。トカイワインがいかに希少かがわかりますね。

「トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観」へのアクセス

トカイ地方へはまずハンガリーの首都ブタペストに行くのが一般的です。日本からブダペストへはノンストップ便、直行便は無く、ヨーロッパ主要都市での乗り継ぎになります。最短で16時間。ブダペスト駅からトカイ駅までハンガリー国鉄で約2時間半。また、ブタペストではバスツアーも申し込めます。鉄道旅行が好きな方は近隣諸国のスロバキア、ウクライナ、ルーマニアなどから鉄道を乗り継ぎながら、トカイに行くことも出来ますよ。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

ハンガリーでおすすめの記事

ハンガリーのアクセスランキング