クメール王国の傑作、カンボジアの人気スポット世界遺産アンコールワット

画像出典:www.istockphoto.com

クメール王国の傑作、カンボジアの人気スポット世界遺産アンコールワット

世界には多くの世界遺産が存在しています。その中でも多くの人々が一度は訪れてみたいという世界遺産がカンボジアにあるアンコール遺跡群ではないでしょうか?こちらは1992年にユネスコ世界遺産の文化遺産として登録されています。

以前はどうしてもカンボジア自体の治安が良くなく訪れるのも大変な場所でありました。しかし、今はその治安面もほとんど問題なく世界中の観光客がその雄大な遺跡群を見学するために訪れるカンボジアでも一番の人気観光スポットとなっています。

今回はそんなアンコール遺跡群の紹介をします。

目次

クメール王国の傑作、カンボジアの人気スポット世界遺産アンコールワット

目次を閉じる

アンコールとは

出典: www.istockphoto.com

アンコール遺跡群とはカンボジアの北西部シェムリアップ群の北側にあるカンボジアの中でも一番の人気観光スポットでありユネスコ世界遺産の文化遺産として登録されている遺跡群です。

こちらの遺跡は9世紀から15世紀にこの場所で繁栄したクメール王国のアンコール朝の首都です。その王朝が15世紀に滅ぼされた後は数百年に渡って密林の中にひっそりと隠れていた古代遺跡。20世紀のカンボジア内戦の際にはクメールルージュが立てこもっていた場所として多くの映画の舞台としても描かれている場所。そのため日本からも多くの観光客が訪れています。

広大なジャングルの中には多くの寺院、王宮などが現在も残され、一日かけて観光しても回りきれるかどうかの規模。一つ一つがたいへん魅力的でありじっくりと見学をしておきたいのものです。

アンコールへのアクセス

アンコール遺跡があるのはカンボジアの北西部のシェムリアップという街です。日本からですとこちらの街の空港には直行便が飛んでいませんので、カンボジアの首都プノンペンまたは隣国であるタイや韓国などへ一度行き、そこから飛ぶのが一般的な行き方です。

また遺跡自体はシェムリアップの街から少し離れた場所にあります。街中でタクシーやトゥクトゥクを利用して20分ほどです。遺跡内には見どころが点在していますので、トゥクトゥクなどを一日チャーターしてしまった方が良いかもしれません。

アンコールのおすすめポイント①:アンコールワット

アンコール遺跡群の中でも一番の見どころとなるのがこのアンコールワットです。12世紀につくられた世界最大規模の石の寺院です。その寺院内の回廊の壁面は、とても繊細なレリーフで埋め尽くされており必ず見ておきたいポイントです。大規模寺院のド迫力、そしてその繊細なレリーフに圧倒されることでしょう。

また観光客から大人気なのが早朝のアンコールワット。朝日に照らされるアンコールワットはとても神秘的な姿を見せてくれます。ぜひ早起きをしてその幻想的な姿を堪能してみてください。

アンコールのおすすめポイント②:アンコールトム

出典: www.istockphoto.com

アンコールワットとともにこのアンコール遺跡群の中でぜひとも訪れたいのがここアンコールトムです。中央付近にある「バイヨン」と呼ばれる寺院はヒンドゥー・仏教混交の寺院であり中央祠堂や塔の4面に彫られた人面像が独特の雰囲気を醸し出しており「クメールの微笑」とも呼ばれています。また全長300mを超える「象のテラス」は公的儀式の閲兵式の際に用いられた場所であり、柱に象の彫刻が掘られています。

この広大な王宮の中でも一番の見どころなのが東西35m、南北28m、高さは12mもあるピラミッド型の寺院「ピミアナカス」。建立当時は王族以外の一般人は近づけない神聖な場所であったそうです。

数多くの見どころがあるこちらのアンコールトム。アンコール遺跡自体が非常に気温が高い場所にあるのでゆっくりと観光することをおすすめします。

アンコールのおすすめポイント③:タ・プローム

カンボジアのアンコール遺跡群ならではの独特な光景を見ることができるのがここタ・プロームです。アンコールトムの東側に位置し、東西約1000m南北約700mの壁に囲まれた敷地の中にこの遺跡は存在します。

ガジュマルと言われる樹齢300年を超えた木々に飲み込まれた寺院や仏像。大きな木と寺院が融合して残されているのがこのタ・プローム。長年に渡りジャングルの中に放置された状態で存在していたことが一目でわかるのがこの遺跡の特徴です。街中の売店などでも多くのポストカードが販売されているくらいの人気観光スポットです。

◎まとめ

いかがでしたでしょうか?以上がカンボジアで一番人気の観光地であり世界遺産のアンコール遺跡群の紹介です。広大な敷地内にいくつもの魅力的な寺院や王宮が点在しているので、たっぷりと時間をかけてその遺跡を堪能してみたいものです。

またアンコール遺跡への拠点であるシェムリアップの街には、世界中から多くの人々が集まって来ているのでさまざまな言語が飛び交いとても活気のある観光スポットとなっています。日中の遺跡見学だけでなくそちらでのナイトライフもぜひ楽しみたいものですね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

カンボジアでおすすめの記事

カンボジアのアクセスランキング