絶対に外さない!子連れでも楽しめる帯広の観光スポット11選

画像出典:rabbitan / PIXTA(ピクスタ)

絶対に外さない!子連れでも楽しめる帯広の観光スポット11選

久しぶりにやってきた休日。子供たちにせがまれ、重い腰をあげて観光しようと思っても、どこへ観光に行けばよいかわからず、結局は買い物で終わってしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、帯広とその近辺にある、あまりお金がかからない子供も楽しめる観光スポットについてご紹介します。お金をかけなくとも、子供も大人も楽しめる観光スポットが帯広には多くあります。帯広で子供と観光する際の参考にしてみてくださいね!

目次

絶対に外さない!子連れでも楽しめる帯広の観光スポット11選

目次を閉じる

1. 帯広美術館

出典: ja.m.wikipedia.org

帯広美術館は帯広駅からバスで16分程度の距離にある、道立美術館としては5番目に建てられた近代美術館です。緑ヶ丘公園の敷地内の一角にあり、多くのリスたちが木々の合間に姿を見せ、エサを確保するために木々の上部から根元までを行き来する様子を見ることができますよ。帯広美術館が展示する作品のジャンルは主に3つ。

1つめは、19世紀バルビゾン派の作品に代表される西洋絵画です。有名どころとしては、絵画『落穂ひろい』で有名なジャン=フランソワ・ミレーや、絵画『画家のアトリエ』、『こんにちは、クールベさん』で知られるギュスターブ・クールベといった巨匠たちの作品を展示。バルビゾン派の写実的な絵画は、絵画に興味がない子供も思わず見とれてしまいます。

2つめは、道東にゆかりのある芸術家や美術家の作品です。道東の厳しい自然と、その中でたくましく生きようとする人間の姿を現したものなど多数の魅力的な作品が展示されています。

3つめは、近現代におけるプリントアート。ポスターは、現代社会を映し出す鏡のひとつです。国内外から幅広く収集したプリントアートの数々は、現代社会を生きる私たちにとって自分と社会を見つめなおすきっかけになるはず。

もちろん子供向けのイベントとしては、小学生の子供を対象に美術品に親しむためのイベントや「キッズミュージアム」という遊び場を設け、子供連れの親御さんも利用しやすくなっています。また美しい中庭をながめながらティー・ラウンジでゆっくりと休んだり、有名な美術品をモチーフにした絵はがきなどを扱った売店もあり、時間があっという間に過ぎてしまいますよ。

2. 帯広児童会館

出典: NOBU / PIXTA(ピクスタ)

緑が丘公園の一角、帯広美術館の真向いにある帯広児童会館。こちらでは、子供たちの協調性をはぐくむための宿泊施設のほか、子供たちの科学に対する探究心や好奇心を育てるための様々なイベントや施設があります。楽しみながら、いつの間にか勉強にもなっているので、子供のためになる帯広の観光スポットです。

まず紹介したいのが科学展示室。平成26年11月にリニューアルオープンしたもので、科学の不思議と面白さがわかる体験型の展示室となっています。電気の仕組みを利用した体験ブースや宇宙の広大さが実感できるコーナー、ルーペを利用して昆虫を観察することで生命の不思議さや小さな世界の面白さを体験したりすることができる装置など展示物が盛りだくさん。

他にもプラネタリウムがあり、肉眼では通常見ることができないほどの無数の星に満ちた宇宙の美しさと壮大さは、思わず息を呑むほど。また、宇宙にまつわる面白いお話しを取り上げた番組もあるので、観光しながら子供も親も自然と宇宙について勉強できますよ。さらに卓球やエアホッケーを楽しむことができる軽運動室も備わっており、身体を動かしたい親子にピッタリです。ぜひ観光がてら子供と一緒に身体を動かしましょう!

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

skyticketならこんなにおトク!

最新の帯広行き格安航空券

帯広でおすすめの記事

帯広のアクセスランキング