美しい廃墟!イタリアの世界遺産ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

画像出典:Francesco Todaro/shutterstock

美しい廃墟!イタリアの世界遺産ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

イタリアの世界遺産は、50箇所以上あり世界でも有数の世界遺産保有国。首都ローマでは、ローマ歴史地区とヴァチカン市国が世界遺産に登録されています。ローマから北東に約31kmの街、ティヴォリの近くにあるのが、世界遺産「ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)」で、1999年に登録されました。

ここは第14代ローマ皇帝ハドリアヌス帝の別荘であり、映画『テルマエロマエ』にも登場しているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。またティボリには噴水で有名な「ヴィッラデステ」があり、こちらも世界遺産です。イタリアが誇る世界遺産ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)をご紹介します。

目次

美しい廃墟!イタリアの世界遺産ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

ヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリ)とは?

出典: Diego Fiore/shutterstock

1世紀から2世紀にかけてローマ帝国を統治していた皇帝5人は5賢帝と呼ばれ、ローマ帝国の最盛期でした。その5賢帝のうちの一人、ハドリアヌス帝が、113年から138年にかけて建てた広大な別荘が、ヴィッラ・アドリアーナ。

ハドリアヌス帝は、在位中に多くのローマ属州を視察に出かけていたので、後に旅する皇帝とも呼ばれています。ハドリアヌス帝は、幼い頃からギリシャ文化に熱中し、ギリシャに留学もしていたことから、美術や建築にも精通していました。視察で出かけたエジプトや、ギリシャのアテネの美しい建物や景観を再現したヴィッラアドリアーナを自ら設計。収集したギリシャ彫刻やモザイクを大量に使用し、まさにギリシャ趣味の集大成のような建物になりました。

ヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリ)へのアクセス

ローマのメトロB線のPonte Mammolo(ポンテ・マンモーロ)駅から出ている、COTRALバスのティボリ行き乗車で約50分で到着します。時間帯によっては、約10分間隔で頻発しているので便利ですよ。路線が何種類かあるので、運転手さんにヴィッラアドリアーナに行きたいと伝えて近い停留所で降ろして貰いましょう。バス停で下車してからヴィッラ・アドリアーナの入り口までは約1kmです。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

イタリアでおすすめの記事

イタリアのアクセスランキング