生粋のインド文化を感じられる街、チェンナイの観光地24選!

画像出典:Jayakumar

生粋のインド文化を感じられる街、チェンナイの観光地24選!

人口460万人以上のチェンナイは、インド4大都市の1つ。インド南東部の海沿いに広がり、1996年までは「マドラス」という名称でした。「南インドの玄関口」や「南アジアのデトロイト」など数々の異名をもち、産業や金融の一大中心地ともなっています。デリーやコルカタなど他の都市からチェンナイへ移動すると、この街の人々が話す言葉も看板の文字も、どこか違うことに気づくかもしれません。住民は南インド系のタミル人が多く、使われている主要言語もタミル語です。チェンナイは近隣諸国の影響をあまり受けず、芸能や音楽をはじめ独創的な文化が強く残っているところ。また街の雰囲気がのんびりとしているのも、観光客の人気の高いポイントです。この記事では、生粋のインド文化を感じたい観光客の方におすすめの、チェンナイの観光スポットをたっぷりとご紹介します。

目次

生粋のインド文化を感じられる街、チェンナイの観光地24選!

目次を閉じる

1.カパーリーシュヴァラル寺院

出典: Jayakumar

チェンナイ市街南部のマイラポール(Mylapore)地区にあるカパーリーシュヴァラル寺院は、7世紀ごろにタミル人の王国パッラヴァ朝によって建立されました。40m近い高さのある仏塔で、とにかくカラフルな装飾が目を引きます。またピラミッドのようにそびえたつ楼門「ゴープラム」も、細かい彫刻やレリーフが鮮やかで必見ですよ。

また、中庭のテリハボクの木の下には小さな祠があり、そこには女神ウマが孔雀の姿でシヴァ神に祈りを捧げたという神話にちなんだ石の彫刻が見られます。この伝説は、マイラポールという地名の由来ともなっています(孔雀はタミル語でマイール)。寺院の前には大きな池があり、季節によっては沐浴するヒンドゥー信者の姿を見ることもできますよ。

チェンナイを代表する景色の1つなので、ぜひ観光の手始めに訪れてみてください。

2.パルタサラティ寺院

出典: Francisco Anzola

パルタサラティ寺院もパッラヴァ朝によって8世紀ごろに建てられましたが、こちらはヒンドゥー教ヴィシュヌ派が重要視する神クリシュナを祀っています。クリシュナを主祭神としている例はインド国内でも珍しく、多くの信者が日々参拝に訪れます。

こちらもカパーリーシュヴァラル寺院と同じく、天を衝くようなゴープラムが特徴。ですがパルタサラティ寺院のゴープラムは彩色が控えめで、カラフルなカパーリーシュヴァラル寺院の後に訪ねると、少々拍子抜けのように感じるかもしれません。

週末やお祭りのある日はとくに多くの人でごった返します。ヒンドゥー教徒以外も内部を見学できますが、靴を脱いで裸足にならなければなりません。また、建物内の撮影は禁止されています。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

チェンナイ(マドラス)でおすすめの記事

    チェンナイ(マドラス)の記事はまだありません。

チェンナイ(マドラス)のアクセスランキング