ジャズとフレンチの香り!異色の街ニューオリンズは観光名所だらけ!!

画像出典:Arpad Benedek

ジャズとフレンチの香り!異色の街ニューオリンズは観光名所だらけ!!

ジャズ発祥の地として有名なニューオリンズ。しかし、この街の名物はジャズだけではありません。アメリカの中では珍しく、植民地時代にフランス領だったことから、ほかの北米都市とは違った異色の文化が根付いており、全米有数の観光都市になっています。ニューオリンズの意味は、「新しい(New)オルレアン(Orleans)」。フランス領ルイジアナの首府として、当時のオルレアン公フィリップ2世に因んで名づけられたものです。街中には、可愛らしいベランダが備わった独特のフランス風家屋やフレンチの名が付く観光スポットがたくさんありますよ。さらに、世界的にも有名なカーニバルや全米有数のフットボールの試合会場があるので見どころ満載!ニューオリンズの観光スポットをご紹介します。

目次

ジャズとフレンチの香り!異色の街ニューオリンズは観光名所だらけ!!

目次を閉じる

1.フレンチクォ―ター

出典: SeanPavonePhoto

フレンチクォーターは、街の中心にあるカナルストリート、エスプラネードアベニュー、ランパートストリートで囲まれたエリアのこと。ニューオリンズの旧市街と言っても良い場所で、多くの観光スポットがここに集まっています。スペインやフランスによる統治時代の建物などが残っており、1965年にアメリカ国定歴史建造物に指定されました。

ニューオリンズに来た観光客が真っ先に訪れるこの場所、昼間は錬鉄製のベランダを備えた可愛らしい建物が並ぶ通りを馬車が通り、夜になるとあちこちから音楽が聞こえ、ストリートミュージシャンがパフォーマンスを始めます。

レストランやバー、ホテル、土産物屋が軒を連ね、一日中観光客が絶えませんが、特に夜になってからの賑わいぶりは大変なもの。音楽の流れる中、ほろ酔い気分で各国の観光客に交じりこの通りを歩くと「あぁ、ニューオリンズにいるんだなぁ!」と強く感じられる場所なのです。

2.ジャクソン広場

出典: ablokhin

ジャクソン広場はフレンチクォーター内にある公園で、ニューオリンズ戦争(米英戦争)の英雄でありその後第7代合衆国大統領になったアンドリュー・ジャクソンを記念した広場。中央には1856年に造られたジャクソンの騎馬像があり、背後にある大聖堂をバックにしたこの像の姿は、ニューオリンズを代表する撮影スポットでもあります。

この広場は、地元住民ばかりではなく観光客にとっても憩いの場。大道芸人やストリートミュージシャン、自分の作品を売るアーティストなどが常におり、観光に疲れた足を休めながら、彼らのパフォーマンスを楽しむことができます。

広場の向かいには、名物のベニエ(粉砂糖をかけた四角いドーナッツ)とチコリ入りのコーヒーで有名なカフェ・デュモンドがあるので、ぜひここで休憩してください。ニューオリンズを訪れた観光客が必ず食べるとも言われるこの名物、食べてみてくださいね。

国内のエリア一覧

海外のエリア一覧

カテゴリー一覧

アメリカでおすすめの記事

アメリカのアクセスランキング