モロカイ・ホオレフア空港発着便の航空券+ホテル 格安旅行

モロカイ・ホオレフア空港行きの格安「航空券+ホテル」セット旅行をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からモロカイ・ホオレフア空港までの飛行機+ホテルを比較・検討してお得に予約することができます。モロカイ・ホオレフア空港の航空券+ホテルのセット予約がスカイチケットをご利用ください。

モロカイ・ホオレフア空港について

モロカイ空港へご旅行をするならスカイチケットのホテル+航空券の検索・予約がおすすめ。携帯からでも簡単な操作で、限定価格のホテルを比較・検索することができます。またホテルはお好みのお部屋を客室や内観・外観のお写真や口コミ情報からお選びいただけ、航空券はお好みの航空会社や金額などの条件毎に選択し後は予約するだけ。モロカイ空港へ旅行するならスカイチケットの宿泊施設が便利です。モロカイ空港はアメリカ合衆国のハワイのモロカイ島にある空港です。 日本からの直行便は無く、オアフ島のホノルルからの乗り継ぎが一般的となっています。 ホノルルからモロカイ空港までは飛行機で約35分と近いですが、乗り継ぎの便はあまり多くないため乗り継ぎには2時間以上はかかります。 モロカイ島には路線バスなどの公共交通機関はありません。 タクシーはありますが空港に常駐はしておらず、事前予約するか、その場で電話を呼ぶ必要があります。 モロカイ島は道路に信号機が一つも無く、車の通りもとても少ないため車の運転はしやすいので、観光にはレンタカーを利用するのがオススメです。 モロカイ空港からすぐ近くの歩いて行ける距離にアラモレンタカーの営業所があります。 レンタカーの台数が少ないため事前予約しておくと確実です。 空港には無料の駐車スペースがありますが、レストランなどはありません。 飲み物や菓子類、お土産等の売店はあります。 モロカイ空港から車で約15分行ったところにあるのがカウナカカイの町です。 カウナカカイはモロカイ島の中心街で、小さな店が立ち並び、港からはフィッシングやシュノーケリング、ホエールウォッチングなどをするための船が出ています。 12月から5月末にかけてがホエールウォッチングのできるシーズンとなっています。 カウナカカイの町から車で10分ほど行くと見えてくる、密集して生えている数百本ものココナッツの木々は、カプアイワ・ココナッツ・グローブと呼ばれ、1860年代(カメハメハ5世の時代)に植えられたものです。 モロカイ島は手つかずの自然が多く残り、観光地化されていないのが魅力の島です。 モロカイ島にしか生息していない固有の動植物が多数存在し、9割以上が固有種とも言われています。 島にはココナッツの木よりも高い建物は無く、どこも静かでのんびりとしたムードに包まれています。 島の半数以上がハワイの原住民でもあり、ハワイアンの伝統が残るゆったりとした時間の流れる島で、ニックネームはフレンドリーアイランドと呼ばれていました。 ハワイの原風景に出会える島です。 観光地化されたハワイではなく自然そのままのハワイを楽しみたいという人にとって最適なのがモロカイ島です。 モロカイ島は、ハワイを知り尽くしたハワイ通の人たちに特に好まれる傾向にあります。 モロカイ島北岸にある断崖絶壁のカラウパパ半島にあるカラウパパ国立歴史公園は、19世紀にハンセン病患者を隔離していたという歴史をもつスポットです。 1873年にベルギーから来たダミアン神父がハンセン病患者のために尽力し、今でもモロカイ島の歴史的英雄として崇敬されています。 カラウパパ国立歴史公園には展望台もあり、絶景を眺めることができます。 カラウパパ半島はミュール(ラバ)に乗って山道を行くカラウパパ・ミュール・ツアーや、ハイキングや飛行機などのツアーでのみ訪れることができ、車では行けません。 モロカイ島中央の北部にあるパラアウ州立公園は芝生やユーカリの木などが生えている自然公園で、「カウレオナナホア」(ファリックロック)という子宝に恵まれるという神聖な「多産の岩」があり名所となっています。 ハワイと言えばフラダンスが有名ですが、フラの女神ラカの生誕地であり、フラ発祥の地でもあるモロカイ島はフラの聖地と言ってよい場所です。 「カ・フラ・ピコ」というフラの祭典が毎年5月にパポハク・ビーチで開催されており、世界各国からフラダンサーたちの集う場となっています。 観光客の少ないモロカイ島のビーチはプライベートビーチのようで、のんびりゆったり時間を過ごすのに最適です。 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のロケ地にもなったパポハク・ビーチやデキシマルビーチ、ケプヒビーチなどがあり、サーフィンを楽しんだり野生のアザラシに遭遇したりもできます。 モロカイ島先住民が最初に住み着いた場所とされるハラワ渓谷にはいくつかの滝があり、展望台からは絶景を望めます。 モロカイ島のホオレウア郵便局は世界で唯一、ココナッツを丸ごとそのままの状態で郵送できる郵便局です。 ここでは置いてある無料のココナッツにカラーペンで自由に絵や文字などを描き、住所や宛先を書いてココナッツ自体を絵ハガキのように使って海外へ郵送することができます。 郵便料金はココナッツの大きさではなく重さで決まる仕組みです。 ココナッツの面積3分の1ほどにびっしりと、いろいろな絵柄のきれいな切手が貼られ、目にも鮮やかです。 ココナッツがそのまま届くというココナッツ・エアー・メールは意外性のある面白いお土産として知られています。

ハワイの空港

ハワイの主要都市

ハワイのその他の都市