マーシャル諸島

マーシャル諸島旅行の航空券+ホテル
格安旅行

マーシャル諸島の航空券とホテルがセットになったskyticket限定価格のセット旅行プランを調べることができます。 マーシャル諸島までは飛行機でおよそ10~13時間で行くことができます。 マーシャル諸島の特徴を知り、有意義なマーシャル諸島旅行を楽しみましょう。

マーシャル諸島について

マーシャル諸島行きのご旅行をお考えの方はスカイチケットで!マジュロなどのホテルを簡単に比較・検索してご予約いただけます。マーシャル諸島は多くのお客様が訪れる人気の観光地なので、さまざまなホテルが多種多様にあります。なのでお客様がマーシャル諸島での旅行でお求めのプランに合わせたホテル選びをするのも大変です。しかし、スカイチケットのホテル検索なら、携帯アプリでお手軽・簡単に検索をすることができるので、お子様づれの場合やご家族、カップル、ビジネス、おひとりさまでのご旅行でも安心してご予約いただけます。マーシャル諸島内のホテル情報をお探しならスカイチケットでお得な旅を楽しんでいただけます。マーシャル諸島共和国は太平洋に浮かぶ島国です。一般的にはマーシャル諸島と呼ばれています。ミニ国家の1つで面積は約181平方kmです。国内にはおよそ6万2千人ほどの人々が暮らしています。公用語はマーシャル語と英語です。マーシャル諸島はスペイン人によって1528年に発見されました。16世紀から17世紀にかけてスペインが領有を主張していましたが、実質的には放置状態が続きます。1885年にドイツが保護領とすると、ドイツ領ミクロネシアとなりました。この時期にココヤシ栽培やコプラの生産が行われるようになります。1914年に勃発した第一次世界大戦の結果、日本が占領し統治することになりました。1919年には国際連盟から委任を受け、日本の委任統治領とされます。日本による委任統治時代はマーシャル群島と呼ばれていました。マーシャル諸島共和国は日本とも縁が深い国です。現在は外国資本を積極的に導入し、漁業と観光業の振興に力を入れています。同国は便宜置籍船を誘致しているタックス・ヘイブンの1つです。そのため世界でも有数の船籍国となっています。マーシャルという国名は、18世紀に同国周辺の海域を調査したイギリスの航海士の名前が由来です。同国は第二次世界大戦中の1944年にアメリカ軍が占領し、1947年には国際連合がアメリカの信託統治領として承認しました。1979年には憲法が制定され自治政府が発足します。さらに1982年にはアメリカと自由連合盟約を締結し、信託統治領から脱却しました。1986年には自由連合盟約国として独立を果たしています。マーシャル諸島共和国の首都はマジュロです。マジュロ環礁は64の小島で構成されますが、主要な12の島は第二次世界大戦後に埋め立てられて地続きになりました。環礁全体が同国の首都で2万8千人ほどの人々が暮らしています。首都にあるマーシャル諸島共和国議事堂は同国を代表するランドマークです。マーシャル諸島共和国には美しい海とサンゴ礁を求めて多くの観光客が訪れます。観光目的で同国を訪れるのであれば、国際空港もある首都のマジュロに宿泊するのがおすすめです。

skyticketとは?

航空券とホテルがセットになった「マーシャル諸島」発着のセット旅行を取り扱う「スカイチケット」は国内外の航空会社を横断し、 「マーシャル諸島」の飛行機チケット料金の各航空会社の最安値を探して航空券を予約出来る非常に便利な格安航空券販売サイトです。

片道・往復・周遊の航空券検索にも対応!スカイチケットは「マーシャル諸島国際線」だけではなく、「マーシャル諸島国内線」やホテルの予約も承っております。 「マーシャル諸島発着の格安航空券とホテルのセット」はスカイチケットでご予約ください!