コナ国際空港発着便の航空券+ホテル 格安旅行

コナ国際空港行きの格安「航空券+ホテル」セット旅行をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からコナ国際空港までの飛行機+ホテルを比較・検討してお得に予約することができます。コナ国際空港の航空券+ホテルのセット予約がスカイチケットをご利用ください。

コナ国際空港について

スカイチケットはコナ国際空港行きのダイナミックパケージをセットでコナ国際空港周辺のホテルと航空券をリーズナブルな価格でご案内できます。格安な航空券とホテルが1つのプランになっているため、いままで面倒だった航空券とホテルをそれぞれ予約する手間を省いてご予約いただけます。お客様がコナ国際空港周辺で、お子様ずれのご家族でのご旅行やカップル、ビジネス、単身でご旅行や観光をする場合、航空チケットとホテルをそれぞれ最適な情報を探すのが難しかったのが、1つのセット予約をすることができるため様々なニーズに合わせて手軽にお求めすることが可能です。航空会社からホテルの客室やサービス、またそれぞれの実際にあったクチコミも確認できるので、どれが自分のプランに最適かが一目瞭然です。アメリカ合衆国のハワイ州近郊へのご旅行は、スカイチケットでお得な旅を楽しみましょう。コナ国際空港は2017年1月より「エリソン・オニヅカ・コナ国際空港」に名称が変更された、アメリカ合衆国のハワイ州にある国際空港です。ハワイ諸島の島の一つであるハワイ島の西海岸に位置しています。日系三世のエリソン・オニヅカというハワイ島・コナ出身の宇宙飛行士の名前が、この空港に付けられました。空港ターミナルは平屋で搭乗橋はないので飛行機に乗り降りする際はタラップを使用しているのが特徴です。空港ターミナルの北側に国際線旅客の入国手続き用の設備があります。アメリカ本土との間に旅客機がいくつも就航しているほか、日本の成田空港へも直行便がでていて、さらにカナダのバンクーバー国際空港との間には季節運航の飛行機があります。エリソン・オニヅカ・コナ国際空港には南北に長いアスファルトで舗装された滑走路が1つあり、その長さは3,353メートルで幅は46メートルです。エリソン・オニヅカ・コナ国際空港の周辺はハワイ島の観光地として発展しているエリアで、観光に適した場所が多くあります。北側のノース・コナ地区のカウプレフはクキオ・ビーチがあり海水浴客が良く訪れています。また南コハラにはアナエホオマル湾に面したワイコロア・ビーチという、エリソン・オニヅカ・コナ国際空港から車で20分程度の距離にある浜があり、ここも観光に適したエリアです。ハワイ島の西海岸にはリゾート地が多くありますが、その中でもワイコロア・ビーチの周辺は最大級の規模を誇る場所で、有名なホテルチェーンが展開している宿もいくつもあります。アナエホオマル湾の海でシュノーケリングを楽しむ人も多いほか、美しい夕日が見られる場所としても知られているところです。その一方で、ハワイ王朝時代の交易用の小道であった「アラ・カハカイ国立歴史トレイル」の跡があり、ポリネシア人のハワイ先住民の文化に触れることができます。ここは国立歴史トレイルに指定されていて、観光地になっている場所です。さらにハワイの先住民が魚の養殖をしていたクウアリイ養魚池やカハパパ養魚池などがあるほか、溶岩に刻まれたペトログリフなどを見ることが出来る場所もあります。またプアコには溶岩とサンゴの塊でできた独特の景観が見られるパホイホイ海岸があります。さらにこのプアコにはハワイ島で最も多くの岩面彫刻が見られる、プアコ・ペトログリフ自然保護地域もあるのが特徴です。ノース・コナ地区にはケアウホウという地域もあり、ここは古代ハワイ人が建設した聖域やハワイ王朝時代の戦場跡で墓地でもある場所が今も残っていますが、観光産業も盛んです。一方サウス・コナ地区は、エリソン・オニヅカ・コナ国際空港よりも南に広がる地域で、キャプテン・クックという町には、かつてキャプテン・クックの船が寄港した場所があるとして知られるケアラケクア湾州立歴史公園もあります。ここは海中生物の保護がおこなわれている地域で、カヤックやスキューバダイビング、シュノーケリングなどをしに訪れる人も多いです。そしてホナウナウは、人口約2400人の小さな町ですが「プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園」がある地域で、観光に訪れるのにも良い場所です。エリソン・オニヅカ・コナ国際空港の周辺の有名なランドマークには、海抜2521メートルの休火山である「フアラライ山」があります。最後に噴火をしたのは1801年ですが、地震は今でも時々起こっています。この山のすそ野はコナ・コーヒーの産地としても有名です。キラウェア火山のガスと煙が風に乗ってやってきて、霧と煙が混ざったものに包まれていることが多くあります。ホノコハウ港もこのエリアの有名なランドマークの1つです。ヨットやモーターボートなどを係留しておくマリーナとして使われている場所となっています。コナ地区を訪れた観光客が海釣りに出かけるときや、イルカと一緒に泳ぐツアーやクジラ観察のツアーなどに参加する際に、この港を利用することが多いです。また、ケアラケクア湾はキャプテン・クックが寄港したとともに亡くなった場所としても知られています。ケ・アラ・ケ・クアという名前にはハワイ語で「神の通り道」の意味があり、古代から人が住んでいたと考えられていて歴史地区にも指定されている場所です。また湾の北側にはキャプテン・クック記念碑も建てられています。プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園も、南コナにあるランドマークの1つで、18世紀前半までは駆け込み寺の役割がありました。その後は荒れてしまっていましたが、1961年に国立公園に指定され、今では観光名所の1つとなっています。

コナ国際空港到着の格安旅行を探す

ハワイの空港

ハワイの主要都市

ハワイのその他の都市