ヒロ国際空港発着便の航空券+ホテル 格安旅行

ヒロ国際空港行きの格安「航空券+ホテル」セット旅行をご案内します。スカイチケットでは世界中の空港からヒロ国際空港までの飛行機+ホテルを比較・検討してお得に予約することができます。ヒロ国際空港の航空券+ホテルのセット予約がスカイチケットをご利用ください。

ヒロ国際空港について

スカイチケットはヒロ国際空港行きのダイナミックパケージをセットでヒロ国際空港周辺のホテルと航空券をリーズナブルな価格でご案内できます。格安な航空券とホテルが1つのプランになっているため、いままで面倒だった航空券とホテルをそれぞれ予約する手間を省いてご予約いただけます。お客様がヒロ国際空港周辺で、お子様ずれのご家族でのご旅行やカップル、ビジネス、単身でご旅行や観光をする場合、航空チケットとホテルをそれぞれ最適な情報を探すのが難しかったのが、1つのセット予約をすることができるため様々なニーズに合わせて手軽にお求めすることが可能です。航空会社からホテルの客室やサービス、またそれぞれの実際にあったクチコミも確認できるので、どれが自分のプランに最適かが一目瞭然です。ハワイ諸島にあるアメリカ合衆国のハワイ州・ヒロ近郊へのご旅行は、スカイチケットでお得な旅を楽しみましょう。ヒロ国際空港は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国のハワイ州・ヒロにある国際空港です。ハワイ州運輸省が運営している公共の空港で、ハワイ州を拠点とする航空会社の旅客便がホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港やマウイ島のカフルイ空港との間に運航しているほか、アメリカ合衆国のイリノイ州シカゴに拠点を持つ航空会社の旅客便がロサンゼルス国際空港との間に就航しています。東西に細長い形をしていて、南側の中央あたりに出入口があり、管制塔も南側に位置しています。ヒロ国際空港の西側の端には飛行機の格納庫があるのが特徴です。滑走路の1つは東西方向に長く、幅は46メートルで長さは2987メートルとなっています。もう1つの滑走路は南西から北東へ伸びていて幅は同じく46メートルですが、長さは1707メートルです。ヒロ国際空港があるのはハワイ島の東海岸の都市ヒロで、近隣には観光するのにおすすめな地域がたくさんあります。まずヒロ国際空港がある都市ヒロは、この島でも最大の規模の町でリゾート地でもあり、観光にも適している地域です。ヒロの市内には日本庭園があることで知られている「リリウオカラニ公園」があり、ここは多くの観光客が訪れている場所になっています。もともとは大属の養魚場だった場所でしたが、ハワイ王国最後の女王だったリリウオカラニ女王の時代に公園となりました。江戸風の日本庭園があり、大きな池に太鼓橋があります。鳥居があったり池にニシキゴイがいたりするのが特徴です。この公園の近くには「モク・オラ」と呼ばれる島があり、ピクニックに訪れる人が多い場所となっています。さらにヒロ国際空港がある都市・ヒロでは毎年「メリー・モナーク・フェスティヴァル」というフラダンスの祭典が行われていていますが、その拠点となっているスタジアムがあるのがヒロ湾のリリウオカラニ公園のすぐ南に位置している場所です。そのためフラダンスの祭典が行われる時期にはリリウオカラニ公園同様に観光に訪れる人が多くいます。ヒロ国際空港の西に位置しているワイルク川の中流も、観光におすすめの地域です。ここには「虹の滝またはレインボーフォールズ」と呼ばれている滝があります。高さはそれほど高いものではなく、わずか15メートルほどです。しかし水量が多いのが特徴で、風が吹くと水しぶきが舞い上がり、天気によっては太陽光が当たって虹が見られることで有名になりました。とはいえ虹が見られる時間帯は限られていていつでも見られるわけではありません。レインボーフォールズで虹が見られる確率が高いのは、午前9時から11時頃までの時間帯といわれています。ヒロ国際空港の周辺で有名なランドマークには、「ヒロ湾」が挙げられます。そもそもヒロはホノルルに次いで、ハワイ諸島でも第二の港湾都市として発展してきたエリアです。現在でもヒロ湾を中心にリゾート地が広がっています。 ヒロ国際空港の近くにある有名なランドマークの1つには、「マウナ・ケア山」というハワイ諸島でも代表的な火山の1つも挙げられます。ハワイ島を形成しているのは5つの火山ですがその1つでもある山です。ハワイ語でマウナ・ケアというのは白い山を意味する言葉で、冬になると山頂は雪で覆われます。空気が澄んでいて、気候も安定しているため世界の11か国の13基の天文台があるのもこの山の大きな特徴です。この山の最高点にあたる場所はプウ・ヴェキウというところで、ハワイ諸島でも最も標高が高いところにあたります。ハワイ火山国立公園もヒロの国際空港周辺の有名なランドマークの1つです。ハワイ島の南に広がっている国立公園で、ヒロからは南西の方向に位置しています。この国立公園の面積は133,200ヘクタールにものぼり、マウナ・ロア山とキラウエア山という2つの有名な火山が含まれています。これらの山は今でも活発に活動が行われている活火山で、特にキラウエア火山から流れ出ている溶岩の量が多いのが特徴です。最も最近では1994年に、かつて存在したカモアモア・ビーチと古代ハワイ人が建設した聖域であるワハウラ・ヘイアウが埋まってしまいました。そんなハワイ火山国立公園は1987年には、ユネスコの世界遺産の自然遺産にも登録されている場所でもあります。国際空港があるヒロからの距離は約45キロほどで、キラウエア火山側の入口が最寄の入り口です。

ヒロ国際空港到着の格安旅行を探す

ハワイの空港

ハワイの主要都市

ハワイのその他の都市