コナ(ハワイ島)への航空券+ホテル 格安旅行

コナ(ハワイ島)の航空券とホテルがセットになったskyticket限定価格のセット旅行プランを調べることができます。 コナ(ハワイ島)までは飛行機でおよそ8~10時間で行くことができます。 コナ(ハワイ島)の特徴を知り、有意義なコナ(ハワイ島)旅行を楽しみましょう。 コナ(ハワイ島)へお得なご旅行をお考えならスカイチケットでお得なプランで航空券とホテルをご予約いただけます。スカイチケットはコナ(ハワイ島)の格安の航空券とホテルのプランを簡単に比較・購入することができます。携帯でも予約が簡単なので、充実したコナ(ハワイ島)旅行・観光をお考えの方は、コナ(ハワイ島)行きの航空券とホテルのチケットを、プランニングしながらお求めいただくことができます。ビジネスでのご利用の場合やプライベートでお子様連れの場合でもお求めのプランをお選びいただけます。コナ(ハワイ島)の特徴を知り、有意義なコナ(ハワイ島)旅行を楽しみましょう。

ハワイ - コナ(ハワイ島)について

コナ(ハワイ島)は、北大西洋の北西部に位置するハワイ諸島の中でも、東の端に位置するハワイ島内にある地域です。英語ではBigIslaandという愛称で呼ばれている、ハワイ島の西海岸に位置しています。コナのエリアは、雨が少ない乾燥帯に属するステップ気候が特徴です。昼と夜の気温差が大きいですが一年中温暖な気候が続いていて、晴天の日が多い地域となっています。コナは年間をとおしてハワイ諸島に北東から南西に向かって吹いている、貿易風の風下にあたる場所です。同じハワイ島の中でも、風上にあたる東海岸にあるヒロは雨の多い湿潤な地域ですが、ヒロに比べるとコナは雨が少なく乾燥している気候となっています。これはハワイ島の中央に高い山があるためで、北東の貿易風が山にぶつかって雨雲を発生させ、島の北東側の斜面には雨が降るためで、山があるためヒロ側に届かないことになります。コナでは、4月から9月までが乾季で10月から3月までが雨季といわれています。しかし実際はそれぞれの島によって違いがあり、雨季であっても雨がずっと降り続くというわけではなく、夕方のみにスコールとなり前後は晴れているということも多いのが最大の特徴です。メキシコに近いカリフォルニア半島の沖あいで発生した、強風や大雨をともなう熱帯低気圧がハワイ諸島のほうに近づいてくるということもあります。しかし東太平洋を移動するうちに弱まっていくため、ハリケーンに襲われることはそれほど多くはありません。 コナの有名なランドマークにはエリソン・オニヅカ・コナ国際空港があります。かつてはコナ国際空港という名称でしたが、2017年にコナ出身の宇宙飛行士のエリソン・オニヅカの名前が付けられました。島西部の商業や観光の中心地であるカイルア・コナに位置していて、アメリカ国内からはもちろんのこと、カナダや日本などからも航空機が離発着しています。フアラライ山もコナの有名なランドマークというべき山です。かつてはキラウェア山や、マウナロア山に次いで、活発な火山活動がおこなわれていたという記録があります。最後の噴火は1801年になっており、その後は時々地震が起こったりもしていました。現在は噴気なども出ていない休火山で、最も高い地点は海抜2521メートルとなっています。コナの市街地からも見ることができる山です。またクキオ・ビーチもコナのランドマークとして有名です。海水浴場としてたいへん人気がありますが、サメがでてくることもあるため訪れる際には注意が必要でしょう。 コナの観光でおすすめの地域は、コナコーヒー・ベルトと呼ばれている、世界的に知られているコナコーヒーの産地であり、コーヒーを扱っている一帯が挙げられます。コナコーヒー・ベルトはカイルア・コナの中心地やエリソン・オニヅカ・コナ国際空港から、フアラライ山の中腹あたりまで上がった海抜約500メートルの地域にあるエリアです。州道190号線や州道180号線、それから州道11号線に沿ったあたりにいくつもの農園や農園が直営している販売店があるほか、コナコーヒーの歴史を伝えるための博物館などがいくつもあります。ほかにはコナエリソン・オニヅカ・コナ国際空港から近い場所にある、ケカハ・カイ州立公園もコナ観光に向くスポットです。入り口からビーチまでは四駆での移動が向いていますが、手つかずの自然が残るビーチが広がっていて人気がある場所です。コナにあるカロコホノコハウ国立歴史公園はエリソン・オニヅカ・コナ国際空港よりも南にある海岸沿いに位置した国立の歴史公園で、すぐ近くにはサーフィンをする人も多く訪れている場所となっています。園内にはキングズ・トレイルとも呼ばれているアラ・カハカイ国立歴史トレイルがあります。これはハワイ王朝時代の交易用の小道の跡です。アラ・カハカイはハワイ語で海浜に沿った小道という意味があり、ここも観光名所となっている場所です。北側にあるトレイルからは養魚池がある湿地帯やパインツリービーチなどにつながっているほか、南側のトレイルは壁面に彫刻されたペトログリフやホノコハウ国立歴史遺跡が見られる場所につながっているほか、小型船が停泊するマリーナとして使用されているホノコハウ港にも繋がっています。ホノコハウ港からはイルカスイムツアーやクジラウォッチングクルーズなどの船が出ていて、観光客に利用されています。

ハワイの空港

ハワイの主要都市

ハワイのその他の都市