ヒロ(ハワイ島)への航空券+ホテル 格安旅行

ヒロ(ハワイ島)の航空券とホテルがセットになったskyticket限定価格のセット旅行プランを調べることができます。 ヒロ(ハワイ島)までは飛行機でおよそ8~10時間で行くことができます。 ヒロ(ハワイ島)の特徴を知り、有意義なヒロ(ハワイ島)旅行を楽しみましょう。 ヒロ(ハワイ島)へお得なご旅行をお考えならスカイチケットでお得なプランで航空券とホテルをご予約いただけます。スカイチケットはヒロ(ハワイ島)の格安の航空券とホテルのプランを簡単に比較・購入することができます。携帯でも予約が簡単なので、充実したヒロ(ハワイ島)旅行・観光をお考えの方は、ヒロ(ハワイ島)行きの航空券とホテルのチケットを、プランニングしながらお求めいただくことができます。ビジネスでのご利用の場合やプライベートでお子様連れの場合でもお求めのプランをお選びいただけます。ヒロ(ハワイ島)の特徴を知り、有意義なヒロ(ハワイ島)旅行を楽しみましょう。

ハワイ - ヒロ(ハワイ島)について

ヒロ(ハワイ島)はアメリカ合衆国のハワイ州にあるハワイ島の東海岸に位置する都市で、その気候はビッグアイランドとも呼ばれているハワイ島の西側にある地域とは大きな違いがあります。西側にあるエリアがあまり雨が降らず乾燥したステップ気候に分類されるのに対して、東海岸に位置するヒロは、熱帯雨林気候に分類されているのが大きな特徴です。そのため年間を通して雨が多く、気温差がそれほど大きくない気候となっています。ハワイ諸島には北東から南西に向かって貿易風が吹いていて、島の中央にある山にぶつかり雨雲となり、多くの雨を降らせています。そのため山の反対側のコナ地域は乾燥した気候となっているのが特徴です。ヒロは午後になるとスコールと呼ばれる激しい雨に見舞われることが多くあります。年間を通して太陽の高度が高いため気温が高く、季節ごとの温度差もほかの地域と比べると少ないのが特徴です。日中の気温が高くなるため降った雨が蒸発をする量も多く、湿度も高くなっています。スコールが終わったあとになるとやや気温が下がるのもヒロの気候の特徴です。7月から12月ごろにかけての時期には、カリフォルニア半島沖で熱帯低気圧が発生しハワイ諸島に到達することもありますが、多くの場合移動しているうちにハリケーンの勢力は弱まり熱帯性低気圧となりヒロまで到達することはあまりありません。 ヒロ(ハワイ島)の有名なランドマークには、ヒロ国際空港がまず挙げられるでしょう。標高12メートルの場所にあり、旅客便はホノルルやカフルイ・ロサンゼルスなどとの間を行き来しています。軽食を提供している飲食店や土産物店などはありますが、規模の小さな空港です。ヒロ湾もヒロのよく知られたランドマークの1つです。津波の被害にたびたび遭っている場所で、1946年のアリューシャン列島東部のウニマク島付近で発生した地震では、4.9時間後にヒロ湾で津波が起こり多くの人が亡くなりました。津波被害の追悼碑がヒロより北西にある海岸沿いのラウパホエホエにあります。ヒロ湾に面したところにも津波に関する博物館が建っています。ワイルク川もヒロのランドマークの1つとなっている川で、町の西にありハワイ島だけでなくハワイ州でも最も長い45.1キロメートルの長さを誇ります。観光地となっている虹の滝があるのもこの川の流れの一部の場所です。源流はマウナケア山の東斜面にあり、ヒロの町の北にあるヒロ湾へと流れ込んでいます。ワイルクという名前は、ハワイ語で「淡水」を意味する言葉と「破壊」を意味する言葉の2つの単語が合わさってできているのが特徴です。昔から大雨が降ったときには洪水を起こすことがあったと考えられていて、いまでも氾濫水位の痕跡が公共図書館の後ろにある階段に日付として残されています。ポリネシア神話にも登場するいたずら好きなマウイ神と、トカゲの怪物であるクナとの戦いでできたというハワイの伝説もあります。 ヒロ(ハワイ島)の観光でおすすめな地域の1つは、ヒロ湾のワイアケア半島です。ここには日本庭園がある観光スポットとして知られるリリウオカラニ公園があります。ヒロのダウンタウンの南西の海沿いにある公園で、もともとは王族の養魚場でした。かつてはアジやボラなどを養殖するための、もっと深い池があったとされています。江戸風の日本庭園で中央にはニシキゴイが泳いでいるワイホヌ池があり赤い太鼓橋がかかっています。鳥居や仏塔があるほか南国の植物も植えられているのが特徴です。日本の皇族である常陸宮正仁親王から贈られた松や、裏千家の家元より贈られた茶室をはじめさまざな日本から寄贈されたものがあります。ヒロ(ハワイ島)のヒロ湾やワイアケア半島からも近い場所にはワイロア川州立公園もあり、観光におすすめです。ここにはハワイのシンボルともなっているカメハメハ大王の像があり人気を集めています。虹の滝とも呼ばれるレインボーフォールズがあるヒロのワイルク川沿いの、ワイルクリバー州立公園も観光におすすめの場所です。レインボーフォールズはワイルク川の中流にあり高さは15メートルほどですが、水量が多く滝の下にある滝つぼが深く、風が吹くと水しぶきに太陽光が当たって虹が出来ることから、レインボーフォールズと呼ばれるようになりました。水しぶきで虹を見られる可能性があるのは午前9時から午前11時頃までの時間帯です。

ハワイの空港

ハワイの主要都市

ハワイのその他の都市