1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イギリス
  4. カーディフ

カーディフの概要

カーディフ

画像の出典元: 

人口-
都市コードCWL
人気の航空会社
  • KLMオランダ航空
  • エールフランス
飛行時間13~16時間
カーディフ発の航空券情報はこちら

カーディフまでは飛行機でおよそ13~16時間で行くことができます。カーディフの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてカーディフ旅行を有意義に楽しみましょう。

カーディフ行きの最安値を比較

ウェールズを支えるのどかな首都「カーディフ」

イギリス南西部に位置するウェールズの首都として栄えるカーディフ。ヨーロッパの最も新しい首都としても知られています。ウェールズの最大都市でもありますが人口はおよそ30万人と少なく、のどかで小ぢんまりとした雰囲気。街中にはゴミはほぼ落ちておらず清潔で、さらに物価も他のイギリスの都市と比べて安いので快適に旅をすることができます。市内を観光する上で外せないのがカーディフベイと呼ばれるベイエリア。ユニークな建物が軒を連ね、オペラやミュージカルを鑑賞できたりおしゃれなカフェや博物館があったりなど、訪れた者を飽きさせることのない観光スポットです。さらに時間のある方には湾内から出航しているクルーズに乗ってみるのもオススメ。約2時間の船旅によって、美しいカーディフ周辺の海と自然を存分に満喫できることでしょう。

カーディフの歴史

カーディフの歴史は現在からおよそ2000年前、ローマ人がカーディフの地に砦を建設したことから始まります。それ以降、約400年にわたりローマ帝国はこの地の支配を続けました。それから長らくカーディフはのどかで小さな町でしたが、産業革命期には鉄道の建設、それによる石炭の運搬によって一躍ウェールズの重要都市となりました。現在、カーディフの中心部にはローマ帝国の支配期に築かれたカーディフ城がそびえ立ち、市内有数の観光スポットとして人気を集めています。

カーディフの経済

かつては石炭業や重工業が主要産業であったカーディフ。現在は数々の外国企業も進出する金融業を中心とした第三次産業の町となり、ウェールズの首都及び最大都市として同国経済の中核を担っています。また、ロンドンから比較的近く、周辺には豊かな自然が広がっていることから観光業も発達しており、国内外から多くの観光客を集めています。

カーディフ行きの格安航空券について

現在、日本からカーディフまでの直行便は就航しておりません。成田あるいは関西国際空港からであればKLMオランダによる便でアムステルダムを経由するのが一般的です。一方、格安航空券をお求めの際はエディハド航空の便がオススメ。乗り継ぎは2回で所要時間も多くかかってしまいますが、格安でカーディフまで辿り着くことができます。

カーディフの気候

観光するのにオススメの時期は5~9月。最高気温は20度前後と過ごしやすく、観光にはベストな環境だと言えます。降水量も日本の夏の半分ほどなので、天気を心配せずに観光できるでしょう。また、11~2月にかけても日本と同じくらいの気温であるため、十分観光することができるでしょう。

カーディフの主な交通手段

市内の主要な交通手段は路線バス。カーディフセントラル駅から市内を走るバスが発着しています。しかし、町は小さく徒歩で各見どころを周ることも十分可能なので、時間と体力に余裕があれば歩いてみるのも良いかもしれません。

カーディフ行き航空券利用者の声

成田⇔カーディフ 32歳男性

イギリスのカーディフに3ヶ月間留学をしました。航空券は格安航空券のサイトで買いました。留学斡旋会社からアドバイスをもらい、いよいよ出発当日。2月の出発でしたが、日本と同じくらいの気温だったので、問題なかったです。成田からブリティッシュエアウェイズの直行便でロンドンのヒースロー空港に向かいました。カウンターで航空券を受け取り、いざ離陸です!隣には大学生くらいの人が座っていました。初めてのヨーロッパでしたが、12時間のフライトはかなり疲れました。機内食2回に軽食が1回と、食べて、寝ての繰り返しだった気がします。ロンドンのヒースロー空港からカーディフまでは、留学先の学校が手配してくれたドライバーが送ってくれました。ちょうど夕焼けから夜になるところで、牧草地帯が実に神秘的でした。カーディフはコンパクトな町で、デパートやカーディフ城にカーディフベイなど観光地へもすぐに行けます。日本のガイドブックにはちょっとしか情報がありませんが、見どころはかなりあります。

羽田⇔カーディフ 21歳女性

大学の春休みを利用してカーディフ(英国)を訪れました。格安航空券のサイトで買った航空券は、KLMオランダ航空でした。羽田からのフライトで本場のイギリス英語を学ぶ機会だったので、とっても緊張しました。また、イギリス特有のなまりも聞き取れるか不安でした。航空券をKLMオランダ航空のところでもらい、両親と分かれて搭乗ゲートの方へ向かいました。途中まで水のペットボトルをもっていたので、持ち込めないことに気づき慌てて飲み干したような記憶があります…。以前に行ったアメリカと同じくらい遠く、10時間は乗っていた気がします。LINEも使えないし、イギリスの映画ばかり見ていました。食事はまあまあでした。ヒマなので、絵を描いていたら、隣のイギリス人っぽいおじさんが「グッド」とほめてくれて、うれしかったです。乗り継ぎは2回で、シャルル・ド・ゴール国際空港とアムステルダム・スキポール国際空港でした。
ロンドンに近いヒースロー空港に着陸しました。乗ってきた日本航空の荷物受け取りでひたすら荷物を待っていました。ようやく出てきたスーツケースを力いっぱい持ち上げて、なんとか引き上げることができました。荷物が多いと空港での移動が大変です。ヒースロー空港からはバスでカーディフへ向かいました。途中、ブリストルという町で一回停車し、あとはずっと草原でした。カーディフに近づくころには日が暮れていて、あたりは真っ暗でした。

大阪⇔カーディフ 19歳女性

大学の友達と高校のときに留学していたカーディフへ行きました。ネットの格安航空券のサイトで航空券を買ったのですが、大阪からは直行便がなく、ソウル経由の大韓航空にしました!なんでイギリス行くのにソウルを経由するのか、意味不明ですが、便がないので仕方ないですね。私はけっこう飛行機に乗るのですが、友達が初体験だったらしく、いろいろとアドバイスしてあげました。2回の乗り継ぎで仁川国際空港とアムステルダム・スキポール国際空港を経由しました。飛行機に乗ると機内食を食べつつ、映画を見て、寝たりしながら過ごしました。留学中は普通の民家っぽいところだったので、不思議な感じです。翌日からの観光では定番のカーディフ城やカーディフベイなんかを回って、帰りました。友達も楽しかったみたいでよかったです。機会があったら、また格安航空券で行ってみたいですね。

カーディフ旅行 よくあるFAQ

パスポートは何年間有効ですか?

10年または5年の2種類です。小学生などは成長するので、5年にしておくといいでしょう。

パスポートはどこで申請するのですか?

各都道府県のパスポートセンターで申請します。また、外国の日本大使館や領事館でも更新ができます。

トランジットとは何ですか?

乗り継ぎ便のことです。小さな都市や日本から遠い国へ行くときなどに利用します。経由の空港からは出ることはできませんが、ヨーロッパなどは入国審査をすることもあります。

荷物は必ず預けなければいけないのですか?

鞄一つ程度であれば、必ずしも預ける必要はありません。そのまま飛行機に乗っても問題はありません。