1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. イギリス
  4. ケンブリッジ

ケンブリッジの概要

ケンブリッジ

画像の出典元: 

人口-
都市コードCBG
人気の航空会社-
飛行時間16~18時間
ケンブリッジ発の航空券情報はこちら

ケンブリッジまでは飛行機でおよそ16~18時間で行くことができます。ケンブリッジの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてケンブリッジ旅行を有意義に楽しみましょう。

ケンブリッジ行きの最安値を比較

歴史あるイギリスの学園都市「ケンブリッジ」

イギリス・ロンドンの近郊の学園都市ケンブリッジ。イギリスを代表する名門・ケンブリッジ大学がある街としてその名を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。全人口のおよそ1割が学生で、街中には学生が学ぶ場であり生活する場である31ものカレッジが点在し、学生と共に歴史を重ね発展してきた都市だと言えます。ケンブリッジでの観光において、このカレッジを巡るのも人気のルートの一つ。1441年に建設された最も美しいと言われるキングスカレッジがその代表です。中世の様相がそのまま残された荘厳な外観は、見るものにそれが大学だということを忘れさせてしまうかもしれません。

ケンブリッジの歴史

中世より、ケンブリッジの名前の由来にもなっている、市内を流れるケム川を利用した運輸業によって栄えました。13世紀になると、オックスフォードから逃れた学者や学生たちによってケンブリッジ大学が創設されると、以後若者の集める学園都市として発展しました。現在でもケム川とケンブリッジ大学は街の象徴として市民に愛され、多くの観光客の行き先として人気を集めています。

ケンブリッジの経済

ケンブリッジ大学は理系の強い大学であることもあり、ケンブリッジには工業、医療、ソフトウェア開発など理系分野を中心に様々な産業があります。また、観光業も主要な産業の1つです。ロンドンからのアクセスも良く、大学にとどまらず様々な観光スポットがあることから、毎年多くの観光客が訪れます。

ケンブリッジ行きの格安航空券について

ケンブリッジ空港は存在しますが、現在旅客機の乗り入れは行われていません。日本からであればANAやJAL、ブリティッシュ・エアウェイズのロンドンまでの直行便を利用するのが一般的。他にもベトナム航空によるホーチミン経由の便、中国東方航空による北京経由の便などの格安航空券も存在します。ロンドンからケンブリッジまでは電車で1時間足らずでアクセスできます。

ケンブリッジの気候

ケンブリッジの観光のベストシーズンは5~9月です。この時期は一般的には夏季と呼ばれますが暑さは控えめで過ごしやすい気候になっています。ただ、昼と夜の気温差は日本に比べて大きく、夏季と言えども10度近くまで下がることもあるので、上着やコートを忘れずに持っていくようにしましょう。雨が多いことで知られるロンドンの近郊ですが降水量はそれほど多くないので、過度に雨の心配をする必要はありません。

ケンブリッジの主な交通手段

主要な交通手段はバス。路線が多数あるので、市内の主要な場所であればどこでもアクセスできます。また、ケンブリッジは大きな町ではなく見どころも一部に凝縮されているので、徒歩での観光も十分可能です。地図を片手に歴史あるイギリスの街並みをひたすら歩いてみるのもオススメですよ。

ケンブリッジ行き航空券利用者の声

東京⇔ケンブリッジ 45歳女性

息子がケンブリッジに留学しているので、息子に会いに夫と二人でケンブリッジに行きました。宿泊は息子の所でできるので、必要なのは航空券。格安航空券を探してブリティッシュエアウェイズを選びました。往路は羽田発、復路は成田着という航空券でしたが直行便がよかったのでこちらを選択しました。今回は息子に頼まれていた荷物が多かったので、預ける荷物の重量制限など調べておき、無事にチェックイン。機内では機内食のほか、ギャレーに飲み物やカップヌードルもありました。夫は機内食だけでは物足りなかったようで、カップヌードルも食べていたようです。ロンドンには息子が空港まで迎えに来てくれました。あとは息子におまかせ。ヒースロー空港から直接ケンブリッジまで長距離バスで向かいました。荷物が多い場合は、鉄道よりもバスの方がラクに移動できるそうです。3時間くらいバスに乗って、ケンブリッジに到着。数日間、息子に色々と観光に連れていってもらいました。息子が住んでいる町を一目見ることができたことと、息子の充実した顔を見られたので安心しました。最終日前日、ケンブリッジから鉄道を利用しロンドンのキングスクロス駅に向かいました。1時間程度で到着。ロンドンから成田へのフライトはやはり疲れていたのか、ぐっすり寝てしまいました。

成田⇔ケンブリッジ 28歳女性

以前、一度旅行で訪れたことがあったイギリスで語学留学をしたくて勉強に専念。ケンブリッジに1か月ほどの短期語学留学ができることになりました。格安航空券を検索して、フィンランド航空を見つけました。フィンランドという響きに何となく惹かれたのもありますが、乗り継ぎもまあまあよさそうだったので。短期留学でしたが荷物が多くなってしまって、重量オーバーしないようにするのに必死でした。機内で出される紙コップやナプキンなどは、北欧を感じるマリメッコのデザイン。おしゃれで女性ウケすると思いました。ヘルシンキは国際空港とはいえ、乗り継ぎがとてもラクだったので初めてでしたがよかったです。ヘルシンキからロンドンのヒースローまでは3時間程度で到着。ヒースロー空港のバスターミナルからケンブリッジのバスターミナルまでコーチと呼ばれる長距離バスに乗りました。道が混んでいたからか3時間以上かかりましたが、バス1本で行けたのは荷物が多かったこともあり便利でした。約1か月の短期留学滞在中は町を観光したり、学校でできた友達と食事に行ったりと充実した日々。振り返ればあっという間でした。帰りもフィンランド航空を利用。トータル的にフィンランド航空はセンスがよくてすっかり気に入りました。また利用したいと思っています。

大阪⇔ケンブリッジ 30歳男性

旅が趣味で、よく格安航空券をチェックしています。イギリスのケンブリッジという地名に惹かれ、格安航空券を調べていたらシンガポール航空の安い航空券を見つけました。シンガポール航空は何度か利用したことがある好きな航空会社のひとつ。シンガポール経由、ロンドン行きです。機内は搭乗率90パーセントくらいかな、ほぼ詰まっていましたが、ラッキーなことに隣が空席だったのでのびのびできました。出発が夜の便だったこともありウトウト寝ていたら朝食。なかなかおいしい機内食で、サービスもいいし、やっぱりシンガポール航空は評価が高いだけあります。シンガポールで乗り換えしてロンドンに着きましたが、目的地はケンブリッジです。ヒースロー空港にあるバスターミナルから長距離バスに乗ってケンブリッジのバスターミナルまで移動。鉄道よりバスの方が時間がかかるが少し安く行けるんです。ケンブリッジにはカレッジや教会観光などで3日ほど滞在してから、ロンドンへ。帰りはバスではなく鉄道を利用し、キングスクロス駅へ向かいました。バスを利用した時は2時間半くらいかかりましたが、鉄道では1時間ほどでロンドンに到着。帰りもシンガポール経由です。シンガポールでの乗り換え時間が6時間以上あったのが、ちょっとマイナスポイントでしたが、低予算で旅ができたので満足です。

ケンブリッジ旅行 よくあるFAQ

ケンブリッジに行きたいのですが、航空券はいつが安い?

2月頃は比較的安めですが、冬なので日没が早いのがネックです。ダブルデッカーの乗り放題バスを利用して観光したり、パブでゆっくり過ごすなど計画をねってみてくださいね。

飛行機の乗り継ぎ時間が1時間しかないのですが大丈夫でしょうか?

各空港には「Minimum Connecting Time」と呼ばれる最小乗り継ぎ時間が決まっています。航空会社が設定したプランのスケジュールの場合は無理な乗り継ぎ設定は行っていません。

荷物が多く超過しそうです。超過料金はいくらですか?

航空会社、機材、目的地、登場クラスなどによって料金は異なります。利用する航空会社の公式サイトで確認するか、問い合わせるようにしましょう。

ノートパソコンを持っていきたいのですが。

ノートパソコンは手荷物として機内に持ち込むことが可能です。