1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ブリーヴ=ラ=ガイヤルド

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドの概要

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド

画像の出典元: ja.wikipedia.org

人口-
都市コードBVE
人気の航空会社-
飛行時間14~16時間
ブリーヴ=ラ=ガイヤルド発の航空券情報はこちら

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。ブリーヴ=ラ=ガイヤルドの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてブリーヴ=ラ=ガイヤルド旅行を有意義に楽しみましょう。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド行きの最安値を比較

フランス国内からのブリーヴ=ラ=ガイヤルド行き 最安値を比較

屈強と呼ばれる街「ブリーヴ=ラ=ガイヤルド」

今でも東西南北の鉄道や高速道路が交差するフランス中南部の要衝ブリーヴ=ラ=ガイヤルド。もともとの町の名は「ブリーヴ」で、「屈強な」という意味の「ラ=ガイヤルド」とは後世になって付け加えられたあだ名です。その名にしおう幾重にも築かれた城壁は現在では一部を残すのみですが、旧市街には重厚な鈍色の歴史的建造物が建ち並んでいます。なかでもサン・リベラル礼拝堂やサン・マルタン教会などは、フランスらしい華やかな大聖堂などとは異なり、落ち着いた敬虔なる雰囲気を絶えず醸し出しています。石造の中世的なホテルに部屋をとって、旧市街をじっくり散策するのがおすすめの楽しみ方です。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドの歴史

リモージュとトゥールーズ、クレルモンフェランとボルドーを結ぶ2つの陸路の交点にあたるコレーズ川の渡し場に、リモージュ司教によって10世紀頃までに町が建設されました。長らくブリーヴと呼ばれていましたが、14世紀以降増築を重ねた城壁の堅固さにあやかって、20世紀はじめごろに「ラ=ガイヤルド」の尊称を添えるようになり、今にいたります。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドの経済

リムーザン地域圏ではリモージュに次いで経済的に重要な都市といわれ、ブリーヴ=ラ=ガイヤルドにはブリーヴ商工会議所が置かれています。具体的な産業としては、食品加工業や電気機械製造業などがさかんです。もちろん観光業も充実しており、「屈強」の名を冠した旧市街の内外に多くのホテルやレストランが立ち並んでいます。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド行きの格安航空券について

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドにもっとも近いブリーヴ=ラ・ロッシュ空港には現在定期便は就航しておらず、市街から10kmほど離れたブリーヴ=ヴァレ・ド・ラ・ドルドーニュ空港を利用することになります。定期便はパリのオルリー空港やロンドンのスタンステッド空港との間で運航されています。スカイチケットの格安航空券にて日本からオルリー空港、もしくは同じくパリのシャルル・ド・ゴール空港を経由し、フランス国内線でブリーヴ=ラ=ガイヤルドへ向かうのがもっともリーズナブルなプランとなります。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドの気候

フランス中南部の盆地地形にあり、夏は暑く冬は寒さが厳しくなります。降水量もヨーロッパのなかでは比較的多めです。ただし、暑くて雨が多いといっても東京ほどではありません。湿度も控えめなので最高気温が30度前後に達する6月から8月でもそこまで不快に感じることはないでしょう。とくに1年のなかでもっとも降雨の少ない7月は、観光にベストな時期といえます。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルドの主な交通手段

空港から市中心部までは、バスがないのでタクシーを利用することになります。フランスの東西南北各地域からの高速列車TGVが停車するブリーヴ=ラ=ガイヤルド駅からは、旧市街のほとんどの観光名所を歩いて見て回ることができます。郊外にホテルをとっている場合は、市内にはバスも走っていますが、タクシーに住所を見せたほうが確実でしょう。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド行き航空券利用者の声

成田空港⇔ブリーヴ=ラ=ガイヤルド 30歳女性

観光でブリーヴへ行ってきました!格安航空券をネットで探して、エールフランスの航空券で、成田空港からアムステルダル経由のパリのシャルルドゴール空港着、そこからは高速鉄道に乗り換えてブリーヴ=ラ=ガイヤルドへ向かいました。航空券はネットで購入しましたが、電車は、フライトが時間通りに着くか分からなかったので現地購入です。成田からは朝に出発、チェックインをして荷物を預けて身軽で機内に乗り込みます。スタッフさんが笑顔で迎えてくれました。離陸してしばらくして機内食、その後しばらく映画を見て過ごしました。途中寝たりしながら12時間弱でアムステルダムに到着しました。アムステルダム空港で入国審査、セキュリティチェックでした。ターミナルが巨大ですが、バス移動がありませんでした。帰りは乗継ぎが1時間でしたが、ぴったりな時間で乗り継げました。アムステルダムからはエールフランスで2時間ほど乗るとパリに到着。そのまま電車の駅へ向かいました。シャルルドゴール空港からブリーヴまでは5時間くらいでした。電車の旅になると景色が見れて楽しかったです。ブリーヴでは、教会や博物館、街の建物を見て回りました。フランスらしい風景もあり良かったです。帰りはまた電車で途中で他の街にも寄りつつ、パリからは同じフライトで帰りました。

関西国際空港⇔ブリーヴ=ラ=ガイヤルド空港 53歳女性

パリに留学している娘と合流してフランス観光をしました。その中でブリーヴにも行きました。航空券で格安であったので早くに購入しました。往路は、関空からANAでプドン空港まで行きました。プドン空港でエールフランスに乗り換えて、そこからはパリのシャルルドゴール空港まで直行でした。プドンからパリまでは12時間ちょっとかかりました。機内では食事をしたり寝たり、映画を見て過ごしました。往復とも映画の内容は同じで、帰りの時にちょっと退屈だったのが残念でした。パリに着いたら入国審査をして荷物を受け取って税関を通って、空港に迎えにきてた娘と無事に合流ができました。パリで一泊して、電車でブリーヴまで宿泊をしながらゆっくり回りました。ブリーヴに到着したら音楽祭を満喫しました。帰りはブリーヴの空港からオップという飛行機に乗ってパリのオルリー空港に到着、シャルルドゴール空港までバスで向かいました。シャルルドゴール空港は往復ともに利用しましたが、いつでも人が混雑していました。レストランやお店が充実しているので、最後に買い忘れたお土産を買うことができるのは魅力的です。シャルルドゴール空港からはエールフランスで関空まで直行でした。格安の航空券でも快適に行けて良かったです。ぜひまた格安航空券で行きたいと思います。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド空港⇔福岡空港 42歳女性

フランスに滞在していて、一時帰国で格安航空券を利用しました。ブリーヴ=ラ=ガイヤルド空港からは、オップでまずはパリのオルリーまで向かいます。ブリーヴは静かですが、街中は活気もそれなりにあって居心地の良い街です。ブリーヴの空港はとても小さく、その分スタッフさんもフレンドリーな印象です。パリのオルリー空港に着いたらバスでシャルルドゴール空港まで移動します。出国審査をしてエールフランスでソウルの仁川空港へ。エールフランスで出てくるパンは機内食のわりに美味しいと思います。機体はちょっと古めですが、航空券の値段を考えれば普通でしょうか。仁川空港に着いたら大韓航空で福岡へ向かいました。久しぶりの日本語はやっぱり安心します。フランスへ帰る時は、同じように大韓航空で仁川空港へ、仁川空港でエールフランスに乗り継いでシャルルドゴール空港へ帰りました。帰りはパリで一泊の予定だったのでゆっくりとしました。次の日に、別の航空券でパリのボーヴェ空港からブリーヴまで、格安航空会社で有名なライアンエアで帰りました。ライアンエアはヨーロッパでは利用する人が多く、どの路線も大体混んでいる印象です。短距離のフライトで格安航空券を探している人にはお勧めです。

ブリーヴ=ラ=ガイヤルド旅行 よくあるFAQ

フランスでお土産にチーズを買いたいです。日本に持って帰れますか?

肉加工品が含まれていなければ持ち帰れます。ただし、カマンベールチーズなどのウォッシュチーズやバターは溶けるものとして液体扱いになります。スーツケース等に入れて預け入れの荷物として預けることをお勧めします。

ワインの免税範囲はどれくらいですか?

フランスで購入するワインやシャンパンなどのアルコールのフルボトル容量は大抵750mlです。
成人一人当たり3本までは免税範囲です。4本以上は課税対象になります。

フランスへ行くのにオランダを経由します。入国審査はフランスだけですか?

フランスもオランダもシェンゲン協定加盟国なので、入国審査はオランダで行います。また、出国審査もこの場合はオランダになります。

フランスはビザなしでどのくらい滞在できますか?

日本国籍を有している人は、6ヶ月間で90日以内の滞在ができます。