1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ブレスト

ブレストの概要

ブレスト

画像の出典元: Ranulf 1214

人口-
都市コードBES
人気の航空会社
  • エールフランス
飛行時間14~15時間
ブレスト発の航空券情報はこちら

ブレストまでは飛行機でおよそ14~15時間で行くことができます。ブレストの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてブレスト旅行を有意義に楽しみましょう。

ブレスト行きの最安値を比較

フランス国内からのブレスト行き 最安値を比較

古くからあるフランス海軍の要衝「ブレスト」

ブルターニュ半島の端の都市、ブレスト。古代から現代まで、海軍の街として有名です。港街なので、海風に吹かれながら市内を観光できるのが魅力。ブレストで人気の観光スポットは、ブレスト城とオセアノポリス水族館です。ブレスト城は古代ローマ人に建設され、この都市の平和を守っていました。城の中は国立海軍博物館になっており、国内の歴史について知ることができ、第二次世界大戦で一度荒廃したこの都市の様子までわかるでしょう。また、城からの市内の景色がとてもよく、青く美しい海を一望できます。オセアノポリス水族館では、熱帯など、ブルターニュ地方以外に生息する海洋生物を展示。子供も楽しめるので、家族で訪れたい観光地です。

ブレストの歴史

ブレストはブルターニュ半島の西端にあり、古くから軍事的な拠点でした。3~4世紀にローマ人がこの地に城塞を築いたことから、軍事の街としてのブレストの歴史は始まります。中世になって、百年戦争でイングランド軍に1度だけ占領されました。そして、16世紀にフランス王国に編入されてからは、カナダへ植民を送る港の役割を担いました。その後も、現在に至るまでフランス最大の軍港として今も活躍しています。

ブレストの経済

ブレストのあるフェニステール県は農業が盛んです。県内には多くの農地や農場があり、農業従事者が約26,000人がいます。特にフェニステール県は、ジャガイモの生産で有名です。また、漁業も発達しておりフランス国内の供給量の約30パーセントを占めています。そして、ブレストは古くより海軍の拠点があることから、軍事関連の産業が活発に行われています。

ブレスト行きの格安航空券について

日本からフランスのブレスト空港までの直行便はありません。成田空港から、パリのシャルル・ド・ゴール空港を経由する航空券がおすすめです。他にもモスクワのシェレメ―チェボ空港とパリを経由するルートもあります。時間と価格においても乗り継ぎ1回のルートとあまり変わらないので、こちらの航空券でもいいでしょう。どちらも航空会社はアエロフロート・ロシアです。乗り継ぎが3回でリーズナブルなルートがあるのですが、乗り継ぎに時間がかかってしまうため、利用する際は注意しましょう。

ブレストの気候

ブレストを観光するなら夏がおすすめです。8月の最高気温は20度ほどで、雨量も比較的少なめ。そのため、快適に巡ることができるでしょう。また、夏の時期の最低気温は15度を下回るので少し暖かくできるようにした方がいいです。カーディガンやパーカーなどを持っておくと役立ちます。

ブレストの主な交通手段

ブレストの主な交通手段

画像の出典元: jyleroy

ブレスト市内はもちろん、他の都市との交通も発達しています。ブレスト駅からはパリのモンパルナス駅へ高速鉄道で行くことが可能です。また、駅前のバスターミナルからは、長距離バスが発着してます。高速道路では、レンヌやナントといった都市につながっています。また、市内にはトラムが運航しているので、とても便利です。空港からのシャトルバスもトラムの駅まで向かう便もあります。

ブレスト行き航空券利用者の声

羽田⇔ブレスト 20代女性

フランスはパリしか経験がなかったため、格安航空券を機に行ったことのないブレストへの旅を決行!エールフランス航空の深夜の航空券でしたので、最初の便ではぐっすりと眠ることができました。パリに着いたら少し休憩。飛行機では足元が広めだったのでそこまで疲れませんでしたが、乗り継ぎを活用するには空港内での軽い運動が1番ですね。パリから目的地のブレストまでは1時間程度だったので、空の景色を眺めながらワクワクとしていました。フランス最大の軍港が見えてくると、もうあっという間にブレストのブルターニュ空港です。自然の風景がなによりも美しくて、そこにブレストの街並みが加わることで奇跡のコラボレーションを感じられます。歴史ある港街のためパリよりも古い建物が多く、同じフランスでもずいぶんちがうなと思いました。帰りはきっと疲れていると思ったので、余計な心配がいらないように行きと同じルートの航空券を予約しました。フランス旅行はやっぱりエールフランス航空が安心できますね。思ったよりもブレストの印象が強くて、日本に帰ってきてからもブレストのことばっかり考えています。また格安航空券をゲットできたら、誰かフランス初心者をつれて旅行に行こうかなと考えています。

羽田⇔ブレスト 50代男性

パリやロンドンといった都会にばかり旅行をしていたので、今回の格安航空券を使った旅行では、その国の中心地から少し離れた場所に行きたいと思っていました。ブレストはパリ・ブレスト・パリという自転車レースで知っていたので、今回の旅行の最終目的地としました。ブレストへの直行便はないので、とりあえずは一旦パリへ。朝について乗り継ぎまでの時間はお土産を見たりして過ごしました。エールフランス航空は前から利用しているので、パリからブレストへの道中は完全にリラックスできて良かったです。ホテルへのチェックイン後は街中を散策したり、ぶらりとトラムに乗ったりして、当てもないような旅をしました。日本もそうですが都会とはちがった感じられ、歩くだけでも十分に楽しめる街でした。ブルターニュ地方の文化を知る博物館も見学できたので、トータルで非常に有意義な旅でした。出国のために再びパリへ。シャルルドゴール空港で体を休めたらいよいよ日本です。乗り換えた便の航空券は両方とも丁寧な接客で気持ち良かったです。たった数日でしたが、やっぱり海外旅行は最高ですね。格安航空券ということもあってお財布に優しい旅でした。同僚へのお土産も買えたので、もう大満足でしたよ。

羽田⇔ブレスト 30代女性

数年前パリを訪れて以来、夫婦ですっかりフランス文化の虜になっています。でもパリばっかりじゃつまらないので、今回はブルターニュ半島最西端の街ブレストに行ってきました。格安航空券だったので、お金の不安も最小限。ワクワクの状態でエールフランス航空の飛行機に搭乗しました。機内で過ごす12時間は睡眠と読書で過ごし、パリについてからも乗り継ぎまで数時間の待ち時間。せっかくなんでちょっとだけパリの街を堪能して、シャルルドゴール空港から1時間のフライトの先には、ようやくブレストの姿が見えてきました。じらされた分ブレストの街は美しく感じられ、静かでとても過ごしやすい場所でした。基本的には自然や建物の外観を楽しみ、SNSへのお土産がたくさん撮れました。主人がわたしの写真撮影に嫌な顔1つせずにつきあってくれたおかげで、旅行のすべてが楽しかったです。帰り道も1度パリにもどり、行きよりも短い待ち時間の航空券で日本便に乗ります。機内ではちょっとだけ具合が悪くなったのですが、CAさんが事細かに対応してくれて本当に助かりました。そんなハプニングもふくめて、今回の格安航空券の旅は文句のないものでした。今度は子供もいっしょにつれていけたらなって思います。

ブレスト旅行 よくあるFAQ

長旅になりますが、化粧品は機内に持ち込めますか?

液体やジェル状の化粧品は持ち込みに制限があるので、そのままの状態ではいけません。100ml以下の容器と、ジッパーつきの透明なビニール袋を準備する必要があります。ワックスやマスカラなども液体扱いとなるので、持ち込む際には注意しましょう。

入国時には何を注意したらいい?

短い滞在期間であれば、フランスへの入国に特別必要なものはありません。ビザや入国カードの提出もいらないため、パスポートと質問への簡単な答えだけ準備しておきましょう。

機内で飲むのにオススメのドリンクは?

ブレストへの旅行はそこそこの長旅となるので、水分を補給しやすいスポーツドリンクなどがオススメです。飛行機のなかでは陸にいるよりも酔いが回りやすいといわれているので、お酒が弱い人は機内での飲酒をひかえた方がいいかもしれません。

エールフランス航空ではフランス語しかダメ?

ブレスト行きの飛行機では、フランス語もしくは英語が通じます。フランス語が苦手な人は、英語で話しても十分通じるので安心してくださいね。