1. トップ
  2. 南米
  3. ブラジル
  4. ブラジリア

ブラジリア行きの飛行機・航空券を検索

ブラジリアの概要

ブラジリア

画像の出典元: iStock

人口-
都市コードBSB
人気の航空会社
  • LATAM チリ
  • ルフトハンザドイツ航空
  • ゴル航空
飛行時間23~28時間

ブラジリアまでは飛行機でおよそ23~28時間で行くことができます。ブラジリアの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてブラジリア旅行を有意義に楽しみましょう。

ブラジリア行き航空券の最安値を比較

ブラジル国内からのブラジリア行き 最安値を比較

前人未到の未来都市、注目を集める「ブラジリア」

約280万人が暮らすブラジルの首都。今より50数年前に完成した近未来都市です。大規模の遷都は前代未聞の事業と評価され、ユネスコ世界遺産に登録されたほど。もともとは荒野だったため歴史遺産はありませんが、未来の姿を象徴する街並みは多くの観光客を呼び寄せます。ブラジリアは信号機がなく立体交差の近未来的な道が特徴。曲線美の美しいビルや橋、教会など、モダンで最先端のデザインです。また、サッカーをはじめとするスポーツが盛んな都市でもあります。ブラジリア市内のスタジアムは、サッカーの世界大会の会場として使用され、2019年には、学生を対象にした国際総合競技大会の開催が予定されています。

ブラジリアの歴史

ブラジル国内のみならず、世界で最も歴史の浅い世界遺産都市です。1956年に、ジュセリーノ・クビチェック大統領による遷都計画が実行されました。攻撃されやすい沿岸部よりも内陸部に首都があった方が安全であること。また、内陸部と沿岸部の大幅な格差を解消する目的があったためともされています。完成までたった3年10ヶ月。ブラジリアは東京を走る山手線内ほどの大きさで、飛行機のデザインを模したような都市です。国会議事堂をはじめとする観光エリアは胴体部分に集約されています。

ブラジリアの経済

ブラジルを代表する近代都市。ブラジル国内でも比較的富裕層が住居としております。ブラジリアは特に大きな産業はありませんが、バイオテクノロジーの研究や航空機産業の開発に可能性があるようです。今後、航空宇宙産業が盛んなアメリカのアナポリスという都市と共同で技術開発が検討されています。

ブラジリア行きの格安航空券について

現在、日本からの直行便は就航しておらず、2~3回の乗り換えが必要です。成田国際空港からは全日空、アメリカン航空、 ユナイテッド航空、TAM航空などが就航しています。格安航空券をお探しの方は、ニューヨークとマイアミを経由するアメリカン航空がもっともリーズナブルです。ブラジリア空港は、国内への就航便がとても充実しているため、アクセスも良好で他都市への移動も優れています。

ブラジリアの気候

赤道に近い熱帯気候ですが、ブラジリアは標高1000メートルを超える高原地帯に位置するため、沿岸部に比べると気温が低くなります。一年を通して、気温にほとんど変化がありません。5月から10月は降水量の少ない乾季。一方で、11月から4月は雨季となります。雨や乾燥の影響も少なく、新緑が美しい4月~6月の間がベストシーズンとされています。

ブラジリアの主な交通手段

ブラジリアの主な交通手段

画像の出典元: istockphoto.com

主な移動手段はバスかタクシーです。特に、ブラジリアの市内観光バスは充実しているためオススメ。主要観光地13ヵ所を網羅しており、屋根のない2階建てのバスは風を感じながら観光できる絶好のポイントです。通常のバスは停留場や路線図の案内がないため、慣れない観光客には不向きかもしれません。また、現在ブラジリア市内ではトラムの建設工事が行われています。

ブラジリア行き航空券利用者の声

成田⇔ブラジリア 28歳男性

上海で留学中に知り合った友達がいるブラジリアへ遊びに行きました。格安航空券のサイトを探していたら、どのフライトも1日以上かかるのでびっくりしました。デルタ航空で成田から13時間ほどかけてアトランタへ。アトランタでは乗り継ぎに3時間半ほど待ちました。アトランタの空港はどこに何があるか分かりづらく、しばらくうろうろしてしまいました。そしてアトランタからサンパウロのグアルーリョス空港へ向かいました。9時間半ほどで、サンパウロに到着し、のんびりする間もなくブラジルの国内線に乗りました。そして、ようやくブラジリア国際空港につきました。全部で29時間ほどかかったので疲れました。
デルタ航空は以前にも利用したことがあり、快適な空の旅でした。成田からブラジリアまでずっとデルタ航空だったので、その点では安心でしたね。
翌日、ホテルで友達を数年ぶりの再会を果たし、ブラジリアを観光して、帰国しました。ブラジリアには独創的な建築物が多くあり、驚きました。国立美術館やカテドラルなど、オスカー・ニー・マイヤーという建築家によって手掛けられたもので、近未来を思わせる造形に魅了されました。

羽田⇔ブラジリア 34歳男性

オリンピックが開かれたリオデジャネイロといっしょにブラジリアも観光したくて、航空券を買いました。もちろん格安航空券のサイトを利用しました。家からは羽田空港の方が便利なので、羽田からの出発です。まずはJALで羽田からニューヨークを経由して、リオデジャネイロへ。途中ニューヨークでの乗り継ぎにしばらく時間がありましたが、空港内で十分時間を潰すことができました。免税店や飲食店が多い空港っていいですね。リオデジャネイロでひと通り観光を楽しみ、ブラジリアに向かいます。ブラジルの国内線は非常に安くてビックリしました。ゴル航空というブラジルのLCCなのだそうですが、短い航路だったので、飲食物を買ったりする必要はありませんでした。ま2時間足らずでブラジリアに到着したのですが、思っていたよりも整然としていて、リオデジャネイロとは正反対の印象でした。
しかし、メトロポリタン大聖堂など美しい建築物が多くあり、ブラジルという国の違った一面を見れることができた気がします。

羽田⇒サンパウロ⇒ブラジリア 22歳女性

南米を旅したくて、ブラジルに絞って旅行をしました。まずはサンパウロに行こうと考えました。格安航空券を予約するサイトで、サンパウロまでの航空券を探しました。そこで見つかったのが、エミレーツ航空でドバイ国際空港を経由するルートです。他のルートでは北米を経由するものもありましたが、ブラジルは日本から正反対の場所にあるので、どちら周りでも一緒なんですね。羽田からドバイまでが12時間。ここまで長いフライトは初めてでしたが、エミレーツ航空のサービスの質は高く、快適な時間でした。ドバイからサンパウロもエミレーツ航空で15時間でしたが、機内食を食べたり、映画を観ていたら、15時間に感じませんでした。サンパウロでは、美術館や大聖堂などの観光地へ行きました。そして、ブラジルの首都、ブラジリアに行きました。ブラジリアはあまり観光地というイメージがありませんでしたが、ジュセリーノ クビシェッキ橋や国立会議場などの建築物に目を惹かれました。ブラジルという国の魅力を実感し、とても充実した旅になりました。今度は友人を誘って、カーニバルを見に行きたいです。

ブラジリア旅行 よくあるFAQ

Q:ブラジリアにはどんな空港がありますか?

A:南北へのアクセスに強い立地の良さから、複数の航空会社が乗り入れている「プレジデント・ジュセリノ・クビシェッキ国際空港」があります。

Q:ブラジリアへの直行便がありますか?

A:日本からブラジリアへの直行便はありません。

Q:ブラジリアへはどのような航空会社が運航していますか?

A:「LATAM ブラジル」「ゴル航空」など、ブラジル国内の航空会社などが運航しています。

Q:ブラジリアの治安は?気を付けた方がいいことは?

A:ブラジリアは衛星都市も含めて治安が悪化傾向にあり、路上強盗や誘拐などには十分な注意が必要です。

Q:ブラジリアでレンタカーを利用する場合、国際免許証が必要ですか?

A:レンタカー手続きの際に日本国内で有効な免許証の提示のほか、国際免許証の提示が求められる場合があります。