1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. ベジエ

ベジエの概要

ベジエ

画像の出典元: Mike Matthews

人口-
都市コードBZR
人気の航空会社-
飛行時間----時間
ベジエ発の航空券情報はこちら

ベジエまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。ベジエの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてベジエ旅行を有意義に楽しみましょう。

地中海に面した運河の都市「ベジエ」

ベジエはフランスの南部、地中海に面した都市です。歴史ある街並みと市内を流れる運河が見どころで、近年観光客が増えています。そんなベジエのランドマークがサン・ナゼール大聖堂。質素な造りに見えて、細部にはたくさんの装飾が施されています。内部も神々しい雰囲気が伝わり、この大聖堂の人気の理由が分かることでしょう。特に、ステンドグラスが神秘的な美しさを際立たせており、訪れた人の注目を集めています。他にも、ミディ運河に渡されているオーブ水道橋も有名な観光地です。ボートで橋をくぐることもでき、世界遺産の歴史ある橋をじっくり見学できます。

ベジエの歴史

ベジエは古代ローマの時代から、ワインの輸出で繁栄しました。しかし、13世紀初頭、異端とされたキリスト教アルビ派がいたため、アルビジョア十字軍の攻撃を受けます。そして、ベジエの人々はアルビ派かどうかに関係なく虐殺されてしまったのです。この虐殺により、都市は荒廃してしまい、復興には長い時間がかかりました。現在では、サン・ナゼール大聖堂を中心に歴史的な建造物が多く立ち並んでいます。

ベジエの経済

ワインの製造がフランス国内でも有名で、ベジエの経済を担っています。地中海の温暖な気候を生かしたブドウの栽培が盛んで、特にラングドッグ・ルシヨン地方には広大なブドウ畑が広がります。かつては、ベジエ市内を流れるミディ運河を利用して、ワインや小麦が輸送されました。このことから、この地は物流の拠点でもあります。また、近年では観光客の増加に伴い、観光業の需要が高まり発展を見せています。

ベジエ行きの格安航空券について

日本からベジエまでは乗り継ぎを3回する航空券が一般的です。経由地はそれぞれで、ばらばらです。モスクワ、イスタンブール、ロンドンまたは、モスクワ、マドリード、ブリストルなど、ヨーロッパの空港をいくつか乗り継ぐことになります。ベジエ空港はフランス国内よりも、イギリスのマンチェスターやエディンバラなどの都市の方が、就航路線の数が多いです。そのため、イギリスを経由することが多いでしょう。

ベジエの気候

ベジエの気候は地中海の影響を強く受けます。夏は平均気温が30度に達することも少なく、雨もあまり降りません。そのため、夏が観光におすすめの季節と言えるでしょう。地中海の温暖な気候を生かして、楽しい観光ができるのもベジエの魅力です。冬の平均気温は10度前後で、空気は湿っています。最低気温は5度くらいなので、冬の観光にはしっかり防寒が必要です。

ベジエの主な交通手段

ベジエの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

ベジエは高速鉄道網が発達しています。フランス国内では、パリやマルセイユへ。スイスはチューリッヒ、オーストリアはウィーンまで移動が可能です。また、バレンシア、マドリードのスペインの都市も近いので、簡単にアクセスできます。さらに、ベジエの空港からベジエ市内まで6キロメートルほど離れています。それほど遠くないので、鉄道よりもタクシーの方がスムーズに市内に入れます。

ベジエ行き航空券利用者の声

成田⇔ベジエ 26歳女性

女友達と2人で夏休みにフランスへ旅行へ行くことになりました。今回の目的は、ベジエやモンペリエ、アヴィニョンなど南フランスを巡る旅。南仏への直行便はないので、イスタンブール経由のトルコ航空の格安航空券を購入しました。機内ではラフな洋服にノーメイク。乗り継のアタチュルク空港でメイクすればいいやとタカをくくり、飛行機の中ではゆったり映画を見たり、ドリンクを注文したりしました。イスタンブールでは乗り継ぎで11時間あったので、トルコ航空が主催する無料の市内観光ツアーに参加しました。その後、3時間半のフライトを経て無事マルセイユに到着。マルセイユで一泊してから、TGVでベジエへ!ベジエは世界遺産のミディ運河や古い街並みが残る素敵な町。海までも車で10分程で行けるのだとか。カルカッソンヌへも電車で30程だったので、観光に行きました。その後は、モンペリエ、アヴィニョンと観光し、再びマルセイユへ戻りました。充実した日々を過ごし、後ろ髪をひかれる思いで日本へ帰国。ベジエで飲んだ美味しいワインの味が忘れられず、ぜひまた格安航空券で訪れたいと思っています。

大阪⇔ベジエ 22歳男性

就職の内定も決まり、大学時代最後にフランスを一人旅しようと計画。今回は南仏をモンペリエからペルピニャンまでスライドしていくことにしました。ベジエへは、マルセイユ・プロバンス空港からTGVで2時間程。しかし、今回一番安かった航空券は、関西国際空港から中国東方航空で2回乗継、しかも所要時間24時間とかなりハードスケジュール。でも今回は安さ重視で格安航空券を利用することに。上海とパリを経由する中国東方航空は、格安航空券のわりには期待していたよりも良かったです。乗り継ぎの空港では待ち時間が3時間と4時間と微妙な長さだったので、外には出ず空港内をいろいろ探索しました。マルセイユからベジエへ向かうTGVの中では爆睡。あやうく乗り過ごしそうになりました。ベジエはフランスの他の南仏の町と比べると大きく、ミディ運河沿いに自転車で走ったり、丘の上の教会などを観光して満喫しました。日本へ帰国の時は、帰りの行程の長さを考えると少し気が重くなりましたが、逆にこうした長旅ができるのも若いうちと割り切ることにしました。仕事をしてお金が溜まったら、今度は高いチケットでももっと短い時間で行きたいと思いますが、それまでは当分格安航空券のお世話になる予定です。

成田⇔ベジエ 32歳女性

友人が住む南仏ベジエの町を訪れることにしました。Webでいろいろ航空券を探しても、ベジエ近辺の空港はありません。マルセイユかリヨンからTGVで行くしかなさそうだったので、KLMオランダ航空のリヨン行きの航空券を予約して、リヨン観光もしてからベジエに行くことに。日本食が恋しい友人のために、沢山の日本食をスーツケースに詰め込み、成田空港へ。荷物が重量オーバーするのではと心配でしたが、規定ギリギリの23kgでした。KLMフランスはミッフィーがモチーフの可愛い、好きな航空会社の一つ。乗り継ぎのアムステルダム空港も広く、また美術好きな私には嬉しいフェルメールの作品をあしらった雑貨なども色々あり、ついつい購入してしまいました。その後フランスのリヨンに無事到着し、リヨンで2日間観光。その後TGVでベジエへと向かいました。ベジエはリヨンとはまた違った雰囲気を持つ町。町の中心には美しい歴史的な建物が建ち並んでいますが、ちょっと横道に入ると全く異なる雰囲気が。友人の家は郊外にあるので、街中の観光はそこそこといった感じでしたが、マルシェにで新鮮な野菜や果物を買って、毎日友人と料理を作ったのが良い思い出です。また、格安航空券を利用して友人に会いに行きたいと思います。

ベジエ旅行 よくあるFAQ

チェックインは通常どれくらい前からできますか?

各航空会社によって異なりますが、だいたい搭乗時間の2時間前からです。

機内でWi-Fiなどに接続することはできますか?

最近ではWi-Fiに接続できる航空会社も増えています。ただ、環境が整っている機体は限られているうえ、料金や使用限度などは航空会社ごとに異なるので、事前に問い合わせてみてください。

中東系の航空会社でビールやワインは飲めるますか?

エミレーツ航空やエティハド航空などでは、無料のアルコールのサービスがあります。しかし、航空会社によっては用意のない場合もあるので、ご確認ください。

機内販売はカードでも買えますか?

航空会社の機内販売は、日本発着なら円が使用できます。カードは各航空会社ごとに異なりますが、VISAやMasterなどは使用できる航空会社が多いようです。しかし、航空会社ごとに異なるので、確認が必要です。