1. トップ
  2. 中米/カリブ海
  3. バハマ

バハマ旅行へ行く前に確認するポイント

Commonwealth of The Bahamas

http://tabizine.jp/2015/03/27/33904/

画像の出典元: tabizine.jp

正式名称バハマ国
人口約34万人
首都ナッソー
国コードBS
言語英語
国番号(電話用)1-242
バハマ発の航空券情報はこちら

バハマまでは飛行機でおよそ16~17時間で行くことができます。バハマの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なバハマ旅行を楽しみましょう。


フロリダ半島の東の沖から南東にかけて723の島と約2,500ほどの岩礁からなるバハマ諸島を領地に持つ独立国です。海を隔てて南西にキューバ、南東にハイチといった位置関係になっています。

バハマ行きの最安値を比較

  • 東京 (成田空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からバハマへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からバハマへの直行便はありません。アメリカやカナダ経由が一般的です。アトランタ経由やニューヨーク~マイアミ経由、サンフランシスコ~マイアミ経由なら乗り継ぎ時間を含めて所要時間20~30時間程になります。トロント経由の場合はトロントで1泊しなければいけません。

日本との時差

日本とのバハマの時差は14時間あり、日本より遅れています。日本が正午の時、バハマは前日の夜10時です。3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まではサマータイムを実施しており、日本との時差はマイナス13時間になります。

バハマにおけるビザ・入国手続きについて

日本人が観光目的でバハマに入国する場合、滞在期間が3か月以内であればビザは不要です。また、パスポートの残存有効期間は6か月以上あることが条件です。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、もしくは旅行代理店等に確認することをおすすめします。入国に際して、機内で事前に配布され必要事項を記入済みの入国カードとパスポート、それと同時に帰路の航空券、充分な滞在費用を係官に提示して審査を受けます。入国カードは複写版になっており、審査が終わるとパスポートともに返却されます。出国時に必要となるので、紛失しないようにしてください。なお、アメリカを経由して入国する場合、ESTAが必要となります。日本を発つ前に申請しておきましょう。

バハマの気候について

バハマは熱帯性の気候ですが北東からの南風が吹くため暑さが緩和され、年間平均気温21~30℃と1年を通して気温はあまり変わらず過ごしやすいです。ほぼ1年中海に入って泳ぐことができますが、肌寒い日もあるので薄い長袖をもって行くことをおすすめします。また1年に降る雨の量の大半が夏に降るため、夏場は湿度が高く蒸し暑いです。日差しがとても強いのでサングラスや日焼け止めは必ず持って行きましょう。

バハマの免税について

免税店にて対象額を越える商品を購入した場合は、免税書類を発行してもらうことができます。係員の方に免税の旨を申し出てください。免税条件である「バハマ非居住者であること」を証明するため、パスポートなどを見せましょう。なお、・食品、たばこ、酒、薬品は免税対象になりませんので注意しましょう。

必要最低払い戻し購入額 25.00 米ドル
VAT税率 7.5%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限 購入日から45日以内
免税書類申請期限 購入日から6ヶ月以内
免税条件
  • ・バハマ非居住者(バハマ国籍以外のパスポートを所持する方)
  • ・バハマ滞在期間が45日以内の方
  • ・過去6ヶ月間にバハマで就労していない方
必要な税関スタンプ バハマ税関
特記事項 食品、酒類、タバコ類、医薬品は免税対象外

バハマの通貨とチップ

画像の出典元: upload.wikimedia.org

通貨について

通貨はバハマ・ドルが使用されています。紙幣は1、5、10、20、50、100バハマ・ドル、硬貨は1、5、10、25セント。日本のお金を現地で両替する事が出来ませんので、入国する前に用意しておきましょう。

チップについて

バハマでのチップはマナー程度ですが習慣があります。レストランでは料金に15%のサービス料が加算されているので、特別なサービスを受けた時以外にはチップを渡す必要はありません。会計時にレシートを確認してサービス料が入っていなかった時は15%程度を上乗せして支払うか、テーブルにおつりを残します。ホテルではポーターに3ドル程度、ルームサービスに2ドル程度が目安です。タクシーでは料金の15%程度を上乗せして支払うのが良いでしょう。

旅のお役立ち情報

バハマのコンセント形状はtype-a

バハマの電圧とコンセント

バハマの電圧は120V/60Hzで、プラグは日本と同じAタイプです。日本の電圧より20V高いため変圧器を使用したほうがいいですが、最近の日本製の電化製品は異なる電圧にも対応している場合があるので確認しておくといいでしょう。

77

バハマのネット環境

空港やホテルではWi-Fiが使える場所が多く、快適にインターネットを利用できます。

103

バハマの飲料水

水道水は飲料向けではないので、ミネラルウォーターの購入をおすすめします。価格は2ドル前後です。

文化・宗教・マナーについて

バハマの文化

バハマは元イギリスの植民地であったため、今でもイギリス文化の影響が建物や生活習慣に強く残っています。現地では英国紳士になった気分で礼儀正しく丁寧に行動しましょう。

バハマの宗教

キリスト教が大半を占めています。プロテスタントが32%、英国国教会が20%、カトリックが10%程になります。

バハマのマナー

バハマは高級リゾート地なのでレストランやバーでは場所によってはドレスコードが求められます。水着や短パンはビーチだけで着用しましょう。また、無愛想な訪問者は歓迎されないので現地で出会う全ての人々に対して適切に礼儀正しい態度で接しましょう。

バハマの食文化

画像の出典元: upload.wikimedia.org

バハマの料理の特徴は、地元で獲れた新鮮なシーフードをスパイシーに仕上げたものを多く見ます。中でも「コンク」という貝が名産で、サラダやフライ、スープなど様々な調理方法で親しまれています。その他にはフライドフィッシュやフィッシュ・アンド・グリッツ(茹でた魚と穀物)、ロブスターやカニ料理が人気があります。また、デザートや飲み物にココナッツが使用されることが多いのも特徴です。

バハマの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: waval.net

バハマの主要観光地

バハマの主要観光地はパラダイス・アイランド、パイレーツ・オブ・ナッソー、インターナショナル・バザール、シャーロット砦、アトランティスなどです。白い砂浜とコバルトブルーの美しいビーチで楽しめるマリンスポーツも人気があります。夜はディナークルーズが楽しめ、昼間とは違ったバハマが楽しめます。

バハマの世界遺産

現在、バハマには世界遺産に登録された場所はありませんが、サン・サルバドル島はコロンブスが発見した新大陸として多くの人に知られています。また、小さな島々からなる国なので離島では普段見る事のできない動植物と出会えるかもしれません。

バハマのお土産について

バハマでは香水、ラム酒を使用したラムケーキ、貝で作られたアクセサリーなどが定番のおみやげのようです。バハマはTシャツから高級ブランド品まで多種多様な品物が手に入るショッピング天国です。買い物の際に米ドルも使用可能ですが、日本円を両替する場所がないので注意しましょう。反対にバハマ・ドルは国外での両替が難しいので現地で使い切りましょう。

バハマ行き航空券利用者の声

東京⇔バハマ 28歳女性

今回初めての利用です。旅行の目的地はバハマ。友達とカリブ海を満喫してきました。日本からはアメリカン航空でダラス経由のナッソーの往復チケットを購入。カリブ海のツアーってすごく高いのでこんな日が来るとは夢のよう!さて、機内でのことを。ダラスまでは約12時間。行きの機内では3回も機内食が出たんです。機内食ってなぜあんなに楽しみなんでしょうか!まず1回目のメインの機内食、美味しかったです。なんのお魚か忘れましたがベシャメルソースと上手く絡んでいて美味しかったです。ただ、デザート、ムースのケーキ…私の口には合いませんでした。もともとムース系が苦手なんです。機内食のデザートのケーキってムースケーキの比率が多くないですか?たまたまでしょうか。続いては軽食?お夜食?にサンドイッチが配られました。これ初でした。ちょうどお腹が空いていたので完食!そして到着まえに朝食!どれも美味しかったです!さて、ダラスでは乗継です。入国審査と手荷物検査を済ませてナッソー行きのゲートにダッシュしました。ダラス空港の入国審査の列がすごいのなんのって。ギリギリだなぁって思っていたら、ナッソー行きが遅れていたのでセーフでした。結局1時間遅れでダラスを出発。ナッソーまでは約3時間。ナッソー到着は16時30分過ぎてました。入国審査を終え、ホテルへタクシーで向かいました。今回は飛行機代で予算が抑えれたので、ホテルは大奮発!アトランティスの一番安いビーチタワー!テーマパークのようなホテルステイを存分に楽しめました。4日間の滞在でしたが大満足でした。帰りは、マイアミで一度経由してからダラスに向かい、そこから成田へ帰国でした。久しぶりの日本語に癒されました。

大阪⇔バハマ 40歳女性

夫婦で休暇を利用してバハマへ行ってきました。今回こちらの利用は3度目です。大阪からの航空券はあまり値段が魅力的ではなかったので、成田発にしました。伊丹空港からは8時発の成田行きの日本航空へ。私の住む所からだと、関空へ行くのと、伊丹から成田へ向かうのでは、時間も金額もさほどかわりませんので。成田での乗継は1時間ちょいだけでした。伊丹で預けた荷物を受け取る必要もなく、搭乗手続きも終わっていたので、手荷物検査と出国審査だけを行い、そのまま次のダラス行きの搭乗口に向かうだけでした。ダラスまでは朝も早かったせいもあり、1度目の機内食を食べてからすぐに寝落ちしましたが、すぐに目が覚め、映画と軽食もありつけました。そんな大きな揺れもなく、快適な空の旅でした。ただ、座席ですが、私には充分でも、夫には少し狭かったようです。ダラス到着後、アメリカの入国審査はここで受けました。入国審査と荷物検査に2時間はかかったように思います。安全の為には仕方ないです。ダラスからマイアミへ行き、マイアミからナッソーへ。マイアミ行きはそうでもなかったんですが、ナッソー行きは満席でした。バハマの人気を伺えました。バハマは日本ではどちらかというと大人のリゾート地のイメージがありましたが、子供連れのファミリーも多かったです。ナッソー到着後はそのままタクシーでホテルへ。お腹も空いて無かったのでそのまま就寝でした。今回色々と観光して回りましたが、一番楽しかったのがストローマーケット。安い雑貨が沢山売っていてお土産選びにももってこいでした。帰りは行きの真逆。マイアミ経由、ダラス経由、成田経由の大阪です。遠かったですけど大満足の旅でした!

福岡⇔バハマ 32歳男性

長期休暇を利用してバハマへ行ってきました。福岡からは、一度成田まで行き、成田からアメリカン航空でダラス経由のナッソーです。まず成田へは日本航空を利用。福岡でのチェックインで最終地までの搭乗手続きを済ますことが出来ました。成田では、飛行機を降り、保安検査場に向かいます。そこで手荷物検査を通過し出国審査をするだけでした。なんと簡単な!続いてダラス行きです。アメリカン航空は3回目ですが、今回初めて非常口の前が広い席にあたりました!思いっきり足は伸ばせるし組めるしでラッキーでしたよ。あと、機内食も毎回楽しみなんですが、今回パスタをチョイスしましたが美味しかったです。ビールにあうトマト味のペンネでした。ダラスでの乗継は成田での乗継の何十倍も時間がかかりました。通過するだけなのにアメリカの入国審査。これがものすごい混雑ぶりでした。ただ、入国審査のみだったので、乗継も問題なかったですね。ダラスからナッソーへの機内は、なぜかものすごく寒かったのを覚えています。で、バハマ。タクシーに乗ることが多いと思うのですが、1度ぼられたので注意して下さい。それ以外はさすがバハマ!ビーチの景色は絵ハガキのようでした。

バハマ旅行 よくあるFAQ

搭乗手続きは出発の何分前に済ます必要がありますか?

ご利用の航空会社によっても異なりますが、多くの航空会社でご出発時刻の60分前に搭乗手続きをお済ませ頂くようご案内されています。

バハマ観光のベストシーズンは?

12月から3月頃が比較的過ごしやすい気候です。

バハマの一大イベントはありますか?

7月10日の独立記念日は毎年パレードや花火などが催されます。

バハマではチップはいつ払うべきですか?

レストランではレシートを見てチップが含まれていない場合は、15%ほど渡しましょう。ベットメイクには必要ありませんが、ポーターにほ気持ち分お渡ししましょう。