ブラジル

ブラジル発の航空券情報はこちら

Federative Republic of Brazil

  • 正式名称 : ブラジル連邦共和国
  • 人口 : 約2億人
  • 首都 : ブラジリア
  • 国コード : BR
  • 言語 : ポルトガル語
  • 国番号(電話用) : 55
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:1_cristor_redentor_2014.jpg

画像の出典元: commons.wikimedia.org

ブラジルは、正式名称をブラジル連邦共和国といいます。南米大陸の中で最大となる面積を誇り、エクアドルとチリを除く南米諸国と国境を接しています。

日本からブラジルへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からブラジルに向かう直行便はなく、アメリカ、ヨーロッパ、中東など、第3国を経由して入国することが一般的です。ただし、アメリカ経由の場合、アメリカへの入国手続きが必要となります。アメリカ経由の場合にかかる時間は、25時間から27時間以上、ヨーロッパを経由した場合は26時間前後、中東を経由した場合は29時間前後となります。

日本との時差

ブラジルは3つの時間帯に分かれています。日本との時差は、サンパウロ、リオデジャネイロ、ブラジリアなどではマイナス12時間、マナウスなどアマゾン地域周辺ではマイナス13時間、ボリビアとペルーの国境に近いリオブランコではマイナス14時間となっています。

ブラジル におけるビザ・入国手続きについて

ブラジルに入国する際には、いかなる場合においてもビザの取得は必須となります。ブラジル総領事館で申請しましょう。観光ビザであれば90日の滞在が許可されます。この期間内であれば、再入国も可能です。気を付けなければならないのは、ビザを発給した日から起算して、90日以内のうちにブラジルへ入国しなければなりません。パスポートは、申請時に残存期間に6ヶ月以上の余裕と、査証欄が未使用で2ページ以上、必要です。ビザやパスポートの情報は予告なしに変更している場合があるので、渡航の際には大使館や領事館、旅行代理店への確認をおすすめします。入国審査では、パスポートと出入国カードを入国審査官に提示しましょう。この際、出国時に必要となる出入国カードのコピーを返却されるので、紛失しないよう帰国まで気を付けてください。

ブラジルの気候について

南半球にあるために、季節は日本と逆となります。面積が広いため、北部のベレン、マナウスなど赤道に近い地域では、年間の気温が25度から35度と高く、1年中蒸し暑い日が続きます。一方で、南部に位置するリオデジャネイロなどは、亜熱帯地域とされ、1月、2月が最も暑くなり、雨量も多くなります。冬はいくらか肌寒くなるため、上着が必要です。

ブラジルの免税について

情報なし

必要最低払い戻し購入額
VAT税率
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

ブラジルの通貨とチップ

画像の出典元: pixabay.com

通貨について

単位はレアル(R$)で、ポルトガル語の読みでは「ヘアウ」となります。複数形では、「ヘアイス」。補助通貨にはセンターボ(¢)があります。紙幣はR$2、R$5、R$10、R$20、R$50、R$100の6種類、硬貨は1¢、5¢、10¢、25¢、50¢、R$1の6種類があります。

チップについて

ブラジルの場合、請求のほとんどにサービス料を含むため、チップを払う必要はありません。ただし、高級店においてはその限りではなく、サービス料が含まれていない場合があります。料金の10%を上乗せするか、お釣りを残したまま帰るという慣習があります。これは、ホテルにおいても同様です。タクシーにおいては、何かを手伝ってもらった際に、多少のチップを渡します。

旅のお役立ち情報

ブラジルのコンセント形状はtype-a

ブラジルの電圧とコンセント

電圧は、地域によってまちまちです。リオデジャネイロとサンパウロは110V、サルバドールやマナウスは127Vで、レシフェ、ブラジリアは220Vとなります。A、C、SEタイプの電源プラグが必要です。

77

ブラジルのネット環境

都市部では日本と同等、もしくはそれ以上のインターネット利用者が増え、Wi-Fiの環境も整えられつつあります。ただし、ファベーラなどのスラムでは繋がらないと考えてよいでしょう。

103

ブラジルの飲料水

水道水はうがい程度ならば問題はありませんが、飲用として適しているとはいえません。ミネラルウォーターの購入をおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

ブラジルの文化

ブラジルは先住民の文化に加え、様々な地域からの移民がもたらした文化など様々な文化が存在します。毎年2月頃に行われるカーニバルは人気で、特にリオデジャネイロのカーニバルは世界的に有名です。

ブラジルの宗教

ブラジルは世界一多いカトリック教徒を擁する国です。他にはプロテスタント、ユダヤ教などが信仰されています。

ブラジルのマナー

ブラジルでは写真撮影が禁じられている場所が多いので、むやみにシャッターを向けることはやめましょう。また公共の場では喫煙が禁止されており、違反した場合観光客でも罰金が科せられてしまいます。

ブラジルの食文化

画像の出典元: en.wikipedia.org

肉の塊に塩をまぶして豪快に焼き上げる「シュラスコ」、肉と豆を煮込んだ郷土料理「フェイジョアーダ」がブラジルの代表的な料理です。またリオデジャネイロなどの沿岸地域では「バカリャウ」、「ペイシャーダ」などの魚介類を使った料理も有名です。

ブラジルの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: en.wikipedia.org

ブラジルの主要観光地

ブラジルの観光地はたくさんあります。主にイグアスの滝、コルコバードの丘、ポン・ジ・アスーカル、コパカバーナ & レーメ ビーチ、東洋人街などがあります。世界三大瀑布のひとつに数えられているイグアスの滝は迫力満点。コルコバードの丘はリオ・デ・ジャネイロの町を見下ろす絶景の観光スポットで、ブラジルの象徴でもあります。

ブラジルの世界遺産

文化遺産や自然遺産が豊富にあり、イグアス国立公園、パンタナル自然保護地域、グアナバラ湾、オウロ・プレット歴史地区、セラ・ダ・カピバラ国立公園、中央アマゾン保全地域群などが世界遺産に登録されています。

ブラジルのお土産について

お土産として一番人気なのはビーズのアクセサリーです。国旗をモチーフにしたストラップもありストラップ以外の雑貨だとミサンガなどがあります。他にもマテ茶やチョコレート、プロポリスなどブラジルならではの食品が人気です。

ブラジル 行き航空券利用者の声

関西国際空港⇔アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 31歳男性

仕事仲間と休暇を取り、海外旅行を計画しました。そして、行き先はブラジルに決定。リオデジャネイロまで関西国際空港を利用して空の旅を楽しむことに。関西国際空港はなかなかの広さがありお店も多くあります。そんな関空からKLMオランダ航空を利用してブラジルに向かいます。そちらの格安航空券並みに安くなっていた航空券でチェックインを無事済ませ、機内へ。思っていたよりシートが広めかなと感じました。そして、機内食もまずまずといった感じです。その後、関空から乗り継ぎの空港、アムステルダムのスキポール空港に到着。ヨーロッパ有数のハブ空港と呼ばれるだけあって割と分かりやすい空港となっていました。そして、そちらの空港から目的地であるブラジルへと飛び立ちます。爆睡をしている間に、ブラジルのリオデジャネイロの空港に到着しました。ブラジルの空の玄関口と言われているアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港は清潔感があるきれいな空港といった感じです。そんな空港からリムジンバスで市内へ移動し、観光を楽しみました。その後帰りの日となり、空港へ移動し最後のお土産探しをして、行きと同じくKLMオランダ航空を利用して乗り継ぎで帰国しました。飛行機や空港などで大きな問題などなく、全体的に楽しい旅行でした。

成田国際空港⇔グアルーリョス国際空港 27歳男性

学生時代の友人と海外旅行に行くことに!行き先は、情熱の国ブラジルにしました。そうと決まれば、休みの日を合わせて旅行を手配。そして、旅行当日、成田国際空港で集合しました。広い空港内に少し迷いながら無事集合を果たし、今回利用するデルタ航空の航空券でチェックインを済ませました。その後、セキュリティチェックでベルトが金属探知機に引っかかりながらも無事通過することに成功。そして、機内に移動し意外と清潔そうで一安心しました。さらに、CAさんの接客に不安を感じていたのですが、こちらは割と普通でしたので、これまた一安心。そして、今回はブラジルへの乗り継ぎ便でしたので、まずはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港へ到着。乗り継ぎでも入国審査が必要なので、そちらで少々時間を取られました。そんなこんなで、次は目的地であるブラジルのサンパウロへと飛び立ち、サンパウロの空港へ到着。新しくて広い印象を受ける空港でした。そちらの空港を後にして、エアポートバスで市内へ移動することに。その後、観光とグルメを満喫!そして、帰りの日も同じくサンパウロの空港とデルタ航空を利用して乗り継ぎで帰国することに。成田で荷物が来るのを待っているとなかなか来ないことに焦りながらもロストバゲージは免れ、おおむね楽しい旅行となりました。

成田国際空港⇔アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 37歳女性

友人と海外旅行に行きたいという話になり、ブラジルへの旅行を決めました。そして、楽しい旅行当日は、成田国際空港で待ち合わせをして、少し成田の空港を散策。お店が多いので見て回るだけでも楽しいです。そして、今回利用するエールフランスの航空券でチェックインを済ませました。セキュリティチェックや出国手続きなども無事通過し、機内へ移動。シートは少々狭いかなという印象を受けましたが、機内食はおいしいと感じました。そして、今回ブラジルへは乗り継ぎで向かいますので、まずは乗り継ぎの空港、パリのシャルルドゴール国際空港へ到着。こちらの空港は、ショッピングが楽しめそうな空港といった印象を受けました。そして、乗り継ぎにも無事成功し、いよいよブラジルへと向かいます。その後、ようやくブラジルのリオデジャネイロのアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港に到着。広くて多くのお店が入っていますので、ここでショッピングやお土産探しを楽しめそうです。しかし、今回は空港が目的地ではないので、市内へタクシーを利用してアクセスしました。その後、観光を満喫し、いよいよ帰りの日。帰りたくない気持ちを抑えながら空港へ移動し、行きと同じくエールフランスの航空券でチェックインを済ませ、成田へ帰国しました。大きな問題もなく割とスムーズな旅行でした。

ブラジル 旅行 よくあるFAQ

空港で荷物が多くなったので、自宅まで荷物を送るサービスをありますか?

空港専属の運送会社がいくつもありますので、そちらを利用してみてください。空港のサイトなどで詳しく内容を確認することをおすすめします。

ブラジルでは英語は通じますか?

公用語がポルトガル語のため、高級ホテルなど以外は英語はあまり通じません。

ブラジル観光のベストシーズンは

10、11、3、4月あたりが気候も観光にもおすすめです。

機内のトイレはいつでも使用可能なの?

機内のお手洗いは、シートベルト着用サインなどがある場合の使用は基本的にお控えいただきます。