1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. アンジェ

アンジェの概要

アンジェ

画像の出典元: Roger W

人口-
都市コードANE
人気の航空会社-
飛行時間----時間
アンジェ発の航空券情報はこちら

アンジェまでは飛行機でおよそ----時間で行くことができます。アンジェの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてアンジェ旅行を有意義に楽しみましょう。

世界遺産ロワール渓谷の西端「アンジェ」

フランス中西部、ロワール川下流域の支流メーヌ川の河畔に位置するアンジェ。町の中心にそびえるアンジェ城は、世界遺産ロワール渓谷の構成資産のひとつ。フランスで現存する最古の城ともいわれるこの質実剛健な要塞からは、遠くハンガリーやポーランドの王となったアンジュー伯の権勢をうかがうことができます。また、城の東に建つ大聖堂やサン・トーバン修道院の塔も、アンジェのシンボル。さらに忘れてはならないのが、19世紀にこの町で開発されたリキュール、ホワイトキュラソーのコアントロー。日本でも当たり前に手に入るベーシックなお酒ですが、その起源を求めるには歴史あるアンジェの街を訪れてみなければなりません。

アンジェの歴史

古代から町として発展していましたが、ローマ時代の3世紀ごろに城壁が築かれ、都市化が進みます。そして10世紀にアンジュー伯爵領が成立すると、その都となりました。13世紀にカペー朝フランス王族から入ったアンジュー伯の家系は、後にナポリやハンガリー、ポーランドの国王を輩出しています。第二次世界大戦で激しく破壊されましたが、1950年までには復興を成し遂げました。

アンジェの経済

カクテルやお菓子作り用リキュールとして欠かせないホワイトキュラソー「コアントロー」の発祥の地として有名。今なおアンジェに本社多くコアントロー社が一手に製造を続けています。また、穏やかな気候を利用して麻や花卉栽培もさかん。郊外の国道沿いには工業地域もあり、フランス国内企業だけでなく、NECやボッシュといった世界的企業も進出しています。

アンジェ行きの格安航空券について

アンジェ最寄りのアンジェ=ロワール空港へは、ブリティッシュエアウェイズが運航するロンドン・シティ空港への国際便が就航しています。ロンドンへの格安航空券はヒースロー空港かガトウィック空港行きとなるので、それらから陸路でシティ空港へ移動する必要があります。一般的には、60kmほど離れたナントから鉄道を利用するのがアンジェへのルートが好まれます。日本からナントへの格安航空券がありますが、乗り継ぎが2回必要なので、注意しましょう。

アンジェの気候

大西洋からほどよく内陸に入ったところにあり、1年を通じて穏やかな気候です。降水量も一定して多くはありませんが、冬にはしばしば雪が舞ったり霜が降りたりします。夏は半袖でちょうどよいくらいの暑さで、晴天の日が続きます。したがって、フランスの他の地域と同じく6月から8月ごろにかけてが観光のベストシーズンといえるでしょう。

アンジェの主な交通手段

アンジェの主な交通手段

画像の出典元: commons.wikimedia.org

アンジェ=ロワール空港からアンジェ中心部へは、タクシーを利用するほかありません。鉄道であれば、ロワール地方の中心都市ナントからはあっという間。TGVを利用すればパリまででも1時間半の道のりです。市内の移動手段としては、路線バスだけでなく2011年に復活したトラムがあるので、観光にはたいへん便利ですよ。

アンジェ行き航空券利用者の声

名古屋⇔アンジェ 37歳女性

学生時代の同級生で、フランス人の旦那様をもつ友人に会いにアンジェへ行ってきました。ルフトハンザ航空の格安航空券を購入し、フランクフルト経由でパリのシャルル・ド・ゴール空港へ。これだけでも十分に長旅でしたが、さらにシャルル・ド・ゴール空港からTGVに乗り、2時間20分かけてようやく友人の待つアンジェに到着しました。学生時代、パリで語学留学をしていたため、一時帰国のときに何度かルフトハンザ航空の格安航空券を利用したことがあります。サービスも機内食も満足のいくレベルだったので、今回も迷わずルフトハンザ航空を選びました。せっかくフランスに来たので、懐かしいパリの街をもう一度ゆっくりと歩きたかったのですが、なにしろ今回の旅は5日間と限られていたため、パリには寄らず、空港から友人宅へ直行しました。アンジェを訪れるのは初めてで、友人とご主人が車でアンジェ城をはじめ、素敵な場所へいろいろと案内をしてくれました。アンジェは、パリとはまた違った魅力をもつ美しい街でした。フランスは、地方によってさまざまな雰囲気を味わうことができる国です。機会があれば、また格安航空券でフランスの地方巡りをしてみたいなと思っています。

羽田⇔アンジェ 52歳男性

娘がパリに留学をしており、妻と2人で娘の様子を見に行ってきました。久しぶりの家族水入らず。せっかくなので、ロワール川の古城を観光することにしました。今回利用した航空券はエミレーツ航空の格安航空券で、ドバイ経由でパリに向かいました。エミレーツ航空の航空券を利用するのは初めてでしたが、友人などから噂で聞いていた通り、サービスも良く、食事も美味しかったです。飛行機の遅れもほとんどなく、乗り換えもスムーズに行きました。シャルル・ド・ゴール空港には、娘が迎えにきてくれたので助かりました。多少の英語は話せるものの、フランス語は全くダメなので、パリに到着してからは娘に頼りっきりで、娘の様子を見に来たはずの旅でしたが、すっかり世話になってしまいました。アンジェへは、パリのモンパルナス駅からTGVで行きました。チケットの購入は現地でしましたが、娘がいてくれたので全く問題ありませんでした。アンジェ城やサン・モーリス大聖堂、そしてちょっと足を延ばしてブリザック城へも行きました。帰りは、行きと同様エミレーツ航空のドバイ経由で日本に帰りました。お土産をたくさん買い込んだため、預ける荷物が重量オーバーしてしまい、空港カウンターで慌てて手荷物へ移し替えるというパプニングもありましたが、無事帰国することができました。

成田⇔アンジェ 31歳男性

新婚旅行で、かねてから妻が行きたがっていたロワール川の古城巡りをしました。ネットで航空券を手配し、利用した航空会社はエミレーツ航空。乗り継ぎの心配がありましたが、希望していた価格の航空券だったので即決!成田からおよそ11時間のフライトでドバイに到着しました。たまたま同じ飛行機に乗り合わせていた日本人カップルと仲良くなり、乗り継ぎ経験のある彼らのおかげで乗り継ぎもスムーズにいきました。ドバイからパリまでは約7時間かかり、直行便であればもうとっくに到着している頃だろうなと思いながら、経由便の大変さを思い知らされました。エミレーツ航空のサービスは、まずまずといったところでしょうか。長距離のフライトは初めてなので、きちんとした比較ができませんが、短距離のフライトではいつも日系の航空会社を利用していたため、それに比べるとやや落ちる感じです。ただ映画の種類が豊富で、長時間フライトも苦にならないほど色々見ることができました。シャルル・ド・ゴール空港からは、TGVに乗ってアンジェに向かいました。現地ではレンタカーを借り、5つの城を回りました。フランスの歴史建造物の素晴らしさは、長旅を我慢した甲斐がありました!妻もすっかり満足し、また来たいといっています。飛行機が苦手な私としては、次フランスへ行く機会があるのなら、少々高めの航空券を買ってでも直行便がいいです。

アンジェ旅行 よくあるFAQ

2歳未満の赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合、バシネット席を前もって予約することはできますか?

はい、窓口に電話をして事前予約をする必要があります。

飛行機に乗り遅れそうなとき、どうすればいいですか?

まずは出発の時刻が来る前に、航空会社へ連絡を入れましょう。航空会社によっては、追加料金なしで他の便に搭乗させてくれる場合もあります。ただし格安航空券の場合は、保証されません。

妊娠中ですが、国際線の飛行機に乗ることはできますか?

はい、搭乗できます。ただし妊娠36週以降の方や早産経験のある方などは、診断書の提出が必要です。旅行の際には、必ず主治医に相談しましょう。

空港の免税店で購入したお酒などの液体物は、機内へ持ち込むことはできますか?

国際線直行便の場合、特に問題ありませんが、乗り継ぎ便をご利用の方は注意が必要です。国によっては没収されることもありますので、事前に調べておくか、または免税店で液体物を買うのを避けるようにしましょう。