1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. アルバニア

アルバニア旅行へ行く前に確認するポイント

Republic of Albania

http://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%99%E3%82%B0%E5%BA%83%E5%A0%B4-gm458967499-20827612

画像の出典元: istockphoto.com

正式名称アルバニア共和国
人口約280万人
首都ティラナ
国コードAL
言語アルバニア語
国番号(電話用)355
アルバニア発の航空券情報はこちら

アルバニアまでは飛行機でおよそ15~16時間で行くことができます。アルバニアの気候や通貨、宗教、マナーなどを確認して快適なアルバニア旅行を楽しみましょう。


アルバニアはヨーロッパの東、バルカン半島に位置し、西側はアドリア海に面しています。近隣国はギリシャやマケドニア、モンテネグロ、そしてコソボです。面積は日本の近畿地方と同じくらいの大きさで、青森とほぼ同じ緯度に位置しています。

アルバニア行きの最安値を比較

  • 東京 (羽田空港)発
  • 東京 (成田空港)発
  • 大阪 (関西国際空港)発
  • 札幌 (新千歳空港)発

※クリックすると検索結果が表示されます。

日本からアルバニアへの渡航について

直行便と飛行時間

日本からの直行便はないため、乗り継ぎが必要となります。ヨーロッパでの乗り継ぎが一般的で、ウィーンやイスタンブールを経由すると便利です。乗り継ぎの際に同都市で異なる空港に発着というケースもありますので、航空券をご購入の際には充分ご注意下さい。フライト時間は最短で15時間ほどです。

日本との時差

日本とアルバニアの時差は8時間です。日本の方が進んでいて、日本の朝8時がアルバニアの午前0時にあたります。サマータイムを実施している国なので、夏季の時差は7時間になります。

アルバニアにおけるビザ・入国手続きについて

日本国籍の方は、観光目的で90日以内の滞在であればビザは不要です。パスポートの残存期間は滞在日数以上あれば問題ありません。入国審査ではパスポートのみの提示でOKです。なお、ビザやパスポートに関する情報が予告なく変更される場合がありますので、大使館や領事館、旅行会社などで確認することをオススメします。

アルバニアの気候について

アルバニアの気候は年間を通して比較的温暖です。気温は冬でもそれほど低くはなりませんが、天候によってはかなり冷え込むこともありますので、防寒具をしっかり準備しましょう。夏は暖かく過ごしやすいですが、朝晩を中心に冷え込むこともあるので、羽織るものを持っていると安心です。夏以外は雨も多いので、折りたたみ傘など雨具も持参すると良いでしょう。

アルバニアの免税について

アルバニアにおいては、払い戻しの制度はありません。

必要最低払い戻し購入額
VAT税率 20%
払い戻し率
税関スタンプ受領期限
免税書類申請期限
免税条件
必要な税関スタンプ
特記事項

アルバニアの通貨とチップ

画像の出典元: ca.wikipedia.org

通貨について

使用されている通貨はレクです。補助通貨としてチンダルク(複数形はチンダルカ)があります。100キンダルカ=1レクですが、チンダルク単位の貨幣や紙幣は発行されていません。紙幣は200、500、1000、2000、5000レク、硬貨は1、5、10、20、50、100レクです。1レク硬貨はほとんど使用されていません。

チップについて

チップは基本的には渡す必要は無いとされていますが、レストランでサービス料が含まれていない場合は10~15%程度渡したり、ホテルで枕チップとして置いておいたりしても良いでしょう。タクシーやトイレでは基本的には不要です。

旅のお役立ち情報

アルバニアのコンセント形状はtype-e

アルバニアの電圧とコンセント

アルバニアの電圧は230Vです。日本の電化製品ではものによっては変圧器が必要になります。コンセントは、Cタイプ又はSEタイプのものが一般的です。

77

アルバニアのネット環境

アルバニアのティラナ・リナ空港ではWiFiを無料で利用することが出来ます。ホテルでもWiFiの設備が整いつつあります。ただし、客室で利用できない等の可能性もありますので、予約時に確認したほうが良いでしょう。

103

アルバニアの飲料水

水道水は飲用には適さないので、ミネラルウォーターの購入をおすすめします。

文化・宗教・マナーについて

アルバニアの文化

アルバニアには、短期的な思考で行動してしまう国民性があるといわれています。これまでの歴史をみると、オスマン・トルコに取り入るためにイスラム教に改宗したり、ソ連と手を組むために隣国と手を切ったり、中国に気に入られるために無神国家となったりということをしてきました。1997年には、国民全体がねずみ講に参加してしまったために経済が破たんしたことも。現在は観光業を基盤に経済も持ち直してきており、EUの加盟候補国にもなっています。

アルバニアの宗教

アルバニアの宗教はイスラム教が半数以上を占めるとされています。他にもキリスト教(カトリック)、東方正教、アルバニア正教などがあります。イスラム教徒が多いとはいえ世俗的なのが特徴です。冷戦期に宗教が禁止されていた期間があったため、特定の宗教を持たないとする人も多いようです。

アルバニアのマナー

アルバニアは様々な宗教や民族が混在する国なので、宗教の話をしたり、民族を決めつけたりするような話し方をするのは避けたほうが良いでしょう。

アルバニアの食文化

画像の出典元: istockphoto.com

アルバニアの料理は他のバルカン半島の国の例に漏れずトルコとギリシャの影響を受けています。肉料理が多く、ヨーグルトや胡桃、オリーブやレモンがよく使われます。日本人にもよく知られている焼き鳥のようなシシケバブ、具材をパイ生地で包んだビュレック、パプリカの肉詰め、ひき肉を丸めたものという意味のキョフテ、またフルタデーテという魚介の料理もあります。飲み物はやはりトルココーヒーが飲まれており、トルコの影響が色濃く残っていることが見受けられます。またラクというブランデーも好まれます。

アルバニアの主要観光地と世界遺産

画像の出典元: istockphoto.com

アルバニアの主要観光地

アルバニアの主要観光地といえば古い町並みを残すブトリントとベラト、そしてジロカストラの街です。これらは世界遺産でもあります。首都ティラナには、アルバニア最古のモザイクを収める国立歴史博物館や、西洋の画家によるフレスコ画に彩られたイスラムのモスク「ジャミーア・エトヘム・ベウト」などがあります。また、バルカンの秘境とも呼ばれるアルバニアの古代遺跡を巡るのもオススメのコースです。

アルバニアの世界遺産

アルバニアには「ブトリント」と「ベラトとギロカストラの歴史地区」の2件の世界文化遺産があります。「ブトリント」はアルバニアの南端近くにある古代ギリシャ時代からの都市遺跡で、ローマ劇場や教会の跡などを見ることが出来ます。「ベラトとジロカストラの歴史地区」はティラナから南にある2つの都市で、「千の窓の街」とも呼ばれるオスマン帝国時代の街並みが残されています。

アルバニアのお土産について

アルバニアは民主化されて日が浅く、観光インフラの整備もまだまだこれからの国なのでショッピングモール等は少ないです。お勧めのお土産はラキアという果物の蒸留酒です。空港や街中のスーパーで購入可能で、小さな瓶でも売られているのでちょうど良いサイズです。他にはハンドメイドの工芸品などは、とくに女性に喜ばれるでしょう。

アルバニア行き航空券利用者の声

成田⇔ティラナ 35歳女性

会社で有給消化の為の連休を取ることが出来たので、以前から気になっていたアルバニアへ行ってきました。さっそくネットで格安航空券を検索すると、ローマ乗り換えの飛行機がちょうど時間的にもコスト的にも良く直ぐに予約しました。使用したのは行き帰り、また乗り継ぎ後も全てイタリア航空です。お昼の便であったため、朝は少しゆっくりして空港へ向かい搭乗手続きへ。日曜日で混んでるかと思いきや、案外そこまで並ばずに手続きを済ませることが出来ました。最初のフライトは12時間と長時間でしたが、動きやすい服装でかつ本とアイマスクと準備万端でいったので、程よく昼寝をしつつも有効的に時間を使えました。機内でのCAさんも優しく、快適にすごしているとあっという間の乗り換えローマに。待機時間も数時間であっというまで、いざ目的の地アルバニア。念願だった世界遺産を中心に、町並みも楽しみつつカメラ片手に心ゆくまで歩き楽しめました。ステイしたホテルでも快適に過ごすことができて、少し仕事の忙しさを忘れることが出来ました。あっという間に帰国日、その日も確かお昼発。ギリギリまでホテルでのんびりして、空港へ向かいました。行きと同じ航空会社であった為、迷うこと無く搭乗手続きをさっとすませフライトへ。同じ航空会社利用だと、本当に楽に旅ができるんだと今回学びました。

大阪⇔ティラナ 45歳男性

世界遺産好きの私は、前回訪問したヨーロッパ滞在時に勧められたアルバニアのブトリントが気になり今回旅行で妻と訪れてみることにしました。いつも使用しているアプリで航空券を探し、韓国とローマ経由の航空券を予約しました。行きは朝の大韓航空でのフライトだったため、スマホで取っておいたアプリでWEBチェックインを済ませてから空港へ向かいました。荷物があったので結局受託手荷物へ並ばなければいけませんでしたが、気持ちの上で随分違いました。その後は、無事に時間どおりに保安検査や出国審査を済ませフライトへ。途中ソウルでの乗り換えと、ローマでのイタリア航空の乗り換えを済ませいざアルバニアへ。まずは予約してあったホテルへチェックインし、その後町を散策。翌日念願だった世界遺産を見に行きました。古代ローマを感じさせるその様子はとっても素晴らしく満足でした、その後もトルコやギリシャに似た料理を楽しみ私達の旅行は終盤へ。あっという間の帰国日は、お土産をたくさんもって迎えました。時間より早く空港へついた為、トルココーヒーを楽しみ搭乗まで待ちました。のんびりと楽しめた良い旅行となりました。また、気になる世界遺産を求め海外旅行へ行くのが楽しみで仕方ありません。

成田⇔ティラナ 29歳男性

僕は古代ギリシャの歴史や建造物が大好きで、日頃から雑誌や本を読んでいました。その中でも気になっていた世界遺産でもあるブトリントをこの目で是非見てみたいと思い、今回思い切って会社に休みをたのみ旅行へ出掛けてきました。成田からはありがたいことにローマ経由の便があったためそれに即決。直行便ではないものの、最短時間でいけるものだったので迷わず購入しました。当日は動きやすいように最小の荷物を心がけ、バックパックで。もちろん事前にWEBチェックインを済ませ当日はそのまま保安検査場へ。やはり身軽なのはいい事だらけです。全てイタリア航空だったのですが、毎回の飛行機の楽しみでもある機内食も美味しかったです。乗り継ぎのローマはたったの2時間少しだったので、すこしボーッとしている間に時間がきました。ついに到着したアルバニア、はやる気持ちをおさえつつ目的の世界遺産ブトリントへ。実際に自分の目で見た時は本当に感動しました。その後もベラトやジロカストラも楽しみ、十分に充実した観光をすることができました。またトルココーヒーもとても僕との相性がよく、お土産に買っていきました。あっという間の休暇も終わり、帰国の日。同じ航空会社と乗り継ぎだったので余計にリラックスしていくことができました。やはり海外旅行は本当に刺激的で楽しいですね。また、仕事を頑張って、長期で海外旅行にいけるようにしたいです。

アルバニア旅行 よくあるFAQ

乗り継ぎ時間が長い場合、一度空港から出ることはできますか?

いいえ、出来ません。乗り継ぎ時は、空港内の待機スペースでお待ち下さい。

アルバニア旅行のベストシーズンはいつ?

5月から10月頃です。日差しが強いので日焼け対策をしていくとよいでしょう。

アルバニアでは英語は通じますか?

英語はあまり通じませんが、イタリア語なら通じます。