1. トップ
  2. ヨーロッパ
  3. フランス
  4. アジャクシオ

アジャクシオの概要

アジャクシオ

画像の出典元: JeanbaptisteM

人口-
都市コードAJA
人気の航空会社
  • エールフランス
飛行時間14~16時間
アジャクシオ発の航空券情報はこちら

アジャクシオまでは飛行機でおよそ14~16時間で行くことができます。アジャクシオの歴史や経済、気候、主な交通手段を事前に調べてアジャクシオ旅行を有意義に楽しみましょう。

アジャクシオ行きの最安値を比較

フランス国内からのアジャクシオ行き 最安値を比較

フランス革命の英雄の故郷「アジャクシオ」

フランスの南に位置し、地中海に囲まれているコルシカ島。その西端にある、コルシカ島最大の都市がアジャクシオです。アジャクシオは歴史的に有名な政治家ナポレオンの生まれ故郷としても有名。市内の旧市街にあるナポレオンの生家は人気の観光スポットです。新市街のほうには巨大なナポレオン像も建てられています。さらには、アジャクシオの文化物を集めたアジャクシオ博物館も訪れたいところ。また、海岸線には自然保護区にもなっているパラタ岬とサンギネール諸島があり、壮大な地中海の景色を存分に楽しむことができます。

アジャクシオの歴史

アジャクシオは歴史の中で多くの国の支配下のものになっています。元々はイタリアのリーグリア州の人々のものとなっていましたが、15世紀後半からジェノバ共和国が支配権を主張して再建し、ジェノバ人がコルシカ島民を受け入れていきました。1553年の6年間がフランスが支配したものの、そこから再びジェノバのものになり、もう一度フランスが奪い返します。以後アジャクシオはそこから街出身のナポレオンの手によって人口を増やし、コルシカ島における重要な都市として成長します。戦時中は一度ドイツに奪われますが、1943年にはアジャクシオはナチス支配から脱して再びフランスが所有する島となり、今日までの発展を遂げています。

アジャクシオの経済

アジャクシオは地中海に浮かぶコルシカ島1のリゾート地。ニースやマルセイユなどフランス本土の地中海湾岸都市と同じように、多くの観光客がヨーロッパ中から訪れます。経済を支えているのはやはり観光業で、一般的な観光客だけでなく富裕層を対象としたリゾートホテルやサービスも積極的に行っています。またワインを筆頭とした製造業も重要な産業です。

アジャクシオ行きの格安航空券について

「アジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港」がアジャクシオ唯一の空港になります。日本からはエールフランス航空を使い、まずパリなどに飛びましょう。そこから格安航空券を使い、エールフランス航空やエア・コルシカ航空を乗ってアジャクシオに向かうのが一般的です。またマルセイユやニースにお立ち寄りの方は、フェリーでアジャクシオに来ることもできます。

アジャクシオの気候

アジャクシオは地中海の温暖な気候のおかげで、年間を通して過ごしやすいです。分かりやすく言えば夏は日本より涼しく、冬は日本より暖かいです。また降水量もそれほど多くなく、乾燥しているので嫌な汗をかくこともないです。リゾート地としてベストな気候条件が揃っているのがアジャクシオです。

アジャクシオの主な交通手段

アジャクシオは公共交通機関はほとんどなく、市内を回るには徒歩か自転車がスタンダードになるでしょう。アジャクシオ市民の足はもっぱら自家用車が多くなり、観光客としては少し苦労してしまう都市です。

アジャクシオ行き航空券利用者の声

成田⇔アジャクシオ 22歳女性

卒業旅行へ行くのなら、絶対にコルシカ!と友人と一緒に決めていました!人生初の海外旅行でしたが、アルバイトをしてコツコツ貯めたお金を使い格安航空券を買いました。まず成田からエールフランス航空でパリまで行き、そこからエア・コルシカ航空でアジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港に到着しました。日本からの直便がないので、時間がかかることは覚悟をしていましたが、初めての海外旅行ということもあり、緊張と興奮のあまり機内ではほとんど眠ることができず、早く到着しないかと時間ばかり気にしていました。そのためアジャクシオのホテルに到着した途端、疲れがどっと出て、しかも初めて体験する時差ぼけもあり、私も友人もその日はベッドに倒れ込みました。けれども翌日からは絶好調で、アジャクシオの空気に触れた途端、疲れも一気に吹き飛び、旧市街の散策を楽しみました。自然保護地区に指定されているパラタ岬やナポレオンの生家などを見学し、念願だったアジャクシオの旅を思う存分楽しむことができました。帰りのフライトもエア・コルシカ航空の航空券でパリに行き、エールフランス航空で無事成田へ戻ってきました。パリからのフライトでは、不思議と私も友人も機内でぐっすりと眠ることができ、格安航空券でしたが快適なフライトでした。

パリ⇔アジャクシオ 19歳男性

ワーキングホリデーで現在パリに住んでいます。フランス本土は、今までいろいろと見てきましたが、コルシカにもいつか行ってみたいと思っていたため、今回エア・コルシカ航空の格安航空券を使って行ってきました。限られた予算内での旅だったので、フランス人が夏のヴァカンスを過ごす7月、8月のピーク時期を外して、9月中旬に行ってきました。アジャクシオへ訪れた一番の目的は、大都会の謙遜から逃れ、大自然を満喫しながらのんびりと休暇を過ごすこと。そういった意味では、アジャクシオはピッタリの場所です。事前に調べておいた観光スポットはもちろん訪れましたが、もっぱらビーチで過ごしました。日曜日の朝はマルシェへ行き、地元のサラミやチーズ、そしてバゲットを買い込んでビーチで朝食。シンプルだけど、これがまた最高!9月とはいえ、まだ日差しが強かったので、日が高く昇る頃には、旧市街などへフラフラと観光に出かけ、夕方になるとまたビーチに戻ってきて、スーパーで買ってきたビール、時にはワインを片手に海を眺めながらのんびりと毎日を過ごしました。フランスにワーキングホリデーで来てからというもの、こういったせかせかとしない旅がお気に入り。帰りの航空券もエア・コルシカ航空を利用しました。多少の遅れはあったものの、格安航空券で快適な空の旅でした。

関西⇔アジャクシオ 45歳男性

憧れのコルシカへ行ってきました。滞在先はアジャクシオ。格安航空券を手に入れて、中国国際航空で行きは北京で乗り継ぎ、帰りは上海で乗り継ぎパリへ。そしてパリからは、エア・コルシカ航空の航空券でアジャクシオへ。中国国際航空は、初めて乗りましたが、サービスはなかなか良かったです。もちろん日系航空のサービスの良さには劣りますが、料金をみれば格安航空券でしたが満足できる内容だと思います。ANAのマイレージを貯めているのですが、嬉しいことに中国国際航空でもANAにマイルの加算ができました。機内食は、あまり期待していなかったのですが、結構美味しかったです。過去に苦い経験があるので、乗り継ぎにはいつも気をつかいますが、今回は行きも帰りも時間的に余裕がありました。エア・コルシカ航空でナポレオン・ボナパルトの故郷アジャクシオへと到着すると、疲れも一気に吹っ飛びました。ナポレオンを英雄扱いするのには賛否両論あると思いますが、ここアジャクシオでは、間違いなく英雄として崇拝されていました。とにかく憧れだったこの地に足を踏み入れることができ、かけがえのない思い出となりました。

アジャクシオ旅行 よくあるFAQ

万が一乗り継ぎに遅れてしまったら?

通常であれば、航空会社で別の便を手配するなどのフォローをしてくれますが、格安航空券の場合、乗り継ぎ便を逃してしまうと大変です。保証されないケースがありますので、利用する際には事前に確認をしておきましょう。万が一、前便の延着により乗り継ぎに影響が出そうな場合には、ただちに乗り継ぎ便の航空会社、またはチケットを購入した旅行代理店に連絡を取りましょう。航空会社に問わず、フライトの遅延は良くあることです。悪天候など理由はさまざまですが、乗り継ぎのトラブルを防ぐためにも、あらかじめ乗り継ぎ時間には十分余裕をもって行くことをオススメします。

荷物がロストしたらどうすればいい?

まずは近くにいる係員か、または空港のカウンターへ行き、荷物が出てこなかったことを説明しましょう。もしすぐに見つからない場合、書類を作成してもらい名前や連絡先、パスポートナンバーやスーツケースの特徴と中身などを説明します。旅先でロストバゲージされると大変ですが、万が一そういったことが起きた場合、着替えなどの生活用品は、後で航空会社に請求できることがありますので、レシートはきちんと保管しておきましょう。

ベビーカーを持っていきたいのですが?

一般的にベビーカーは、チェックイン時にカウンターで預け荷物として手続きをします。ただ航空会社によっては、搭乗ゲートまでベビーカーの使用ができる場合やベビーカーの貸し出しサービスなどありますので、事前に確認をしておくといいでしょう。

預け入れ荷物が重量オーバーしてしまったら?

空港カウンターでチェックインの際、荷物が無料預け入れ許容量をオーバーしてしまった場合、その場で超過料金を支払います。超過料金は、空港会社や旅行先によって変わってきますので、もしオーバーしそうな場合、事前に料金を調べるか、機内持ち込みの手荷物に中身を移すなどの対策をとるといいでしょう。